よくある質問

1.外国為替取引とは?
異なる通貨を交換することです。
2.為替レートとは?
外国為替レートとは、一国の通貨と他国の通貨との交換比率で外国為替市場で決定されます。
例えば、 1 米ドル= 110.45円
為替レートは110.0-110.05のように、2つの数値で示されます。左側の数値はBid、右側の数値はAskまたはOfferと呼ばれます。顧客が買う時はAskの値が、売る時にはBidの値が適用されます。
3.預託金の保管は安全でしょうか?
お客様からお預かりした預託金は、三井住友銀行、神田駅前支店のお客様専用口座に当社の財産と完全に分離され保管されています。また、預託金の一部は、カバー取引先への取引証拠金としてカバー取引先銀行口座に保管されております。
4.くにやす・FXでお取引できる貨幣は何種類ありますか?
くにやす・FXでは18ペアの通貨が取引可能です。
ユーロ/米ドル 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 NZドル/円
豪ドル/円 スイスフラン/円 ポンド/米ドル 米ドル/カナダドル 
豪ドル/米ドル 米ドル/スイスフラン ユーロ/ポンド ユーロ/カナダドル
ユーロ/豪ドル ユーロ/スイスフラン ポンド/スイスフラン 豪ドル/カナダドル
NZドル/米ドル
>>取引貨幣、詳しくはこちら
5.手数料はいくらでしょうか?
インターネット取引手数料は片道、100円/1ロット(10,000通貨単位)
6.取引時間は
東京時間は毎週月曜日の午前7:00~土曜日の午前6:30まで。
米国夏時間でしたら、東京時間は毎週月曜日の午前7:00~土曜日の午前
5:30まで24時間取引できます。
7.口座開設する際に提出する書類は
外国為替証拠金「取引口座開設申込書」「確認書」に記入捺印のうえ、本人確認書類と一緒にくにやす・FX 株式会社にお送りください。
〒101-0047 東京都千代田区内神田3-13-4 東陽ビル3F
8.口座開設の最低預託金額は?
原則は10万円以上です。
9.国籍の制限はありますか?
国籍の制限はありません。
10.一つの口座のなかに同時に買いと売りのポジッションを持つことは可能ですか?
できます。手数料等を考慮に入れた場合、経済的に不合理ですので会社としてお勧めすることは致しませんが、金融先物取引法において禁止されておりませんので、現時点において「できます」と回答いたします。
11.入金及び出金の仕方?
日本国内の入金及び出金
* 取引証拠金の預託金はお客様より当社指定の銀行口座にご入金して頂きます。
三井住友銀行、神田駅前支店
普通口座番号: 1544534
口座名:くにやす・FX 株式会社   (保証金口)
クニヤス・エフエックス(カ)ホショウキングチ
* お取引終了後、お客様から預託証拠金、差益金などの出金のご依頼があった場合、
 出金依頼書(pdf 32kb)を記入し、原本を弊社に提出(郵送及びスキャンでメール送信)して下さい。お客様のご依頼日から起算して2営業日以内に契約時に指定された銀行口座にお振込み致します。また、電話での出金依頼も承りますのでご連絡ください。
〒101-0047 東京都千代田区内神田3-13-4 東陽ビル3F
E-mail: info@fx-kyc.com
お問い合わせ電話番号:0120-173-365
12.スワップ金利について?
高金利の通貨を買い、低金利の通貨を売ると、この二つの通貨の金利差を受取れます。
一方、高金利の通貨を売り、低金利の通貨を買うと、この二つの通貨の金利差を支払うことになります。
注:*当日取引ですとスワップ金利は発生しません。
* 毎週の水曜日のスワップ金利は3日間のものとして加算されます。
>>スワップ金利について、詳しくはこちら
13.外国為替証拠金取引約款書に収入印紙は必要ですか?
個人のお客様は不要です。
法人の口座開設には4,000円の収入印紙を貼り付けて下さいます事をお願いいたします。その場合は割り印も押してください。
14.外国為替証拠金取引の売買益等が大変膨らみましたが税金はかかりますか?
1月1日から12月31日まで(法人の場合は、定められた事業年度毎に計算)の 売買益及びスワップポイントの合計額が必要経費控除後20万円を越えた場合 は、雑所得の対象となります。雑所得は、ほかの所得、例えば給与所得など合算 して総所得金額を確定し、2月16日から3月15日の間に確定申告し納税しま す。この場合、含み損益は税額の対象となりません。また、税額は当該年単年で 確定しますので、外国為替証拠金取引に係る損失額を翌年の利益とオフセットす るために持ち越すことは出来ません。  詳しくは国税局のページへ
15.外国為替証拠金取引のリスクとは?
外国為替証拠金取引を行う際には、為替変動リスク、金利変動リスク、オンライン取引に関するリスク、流動性リスクなどが存在しています。投資家は外国為替取引の特徴やリスクを十分理解したうえで、自己の責任と判断において外国為替取引を行うものとします。
16.外国為替証拠金取引はハイリスク商品ですか?
外国為替証拠金取引は正にハイリスク、ハイリターンの商品です。大きなリターンを追及するためには先ず本取引に係るリスクを十分理解し、日々の取引においてリスクコントロールを念頭においてご自身の投資スタイルを確立することが大切かと思われます。
17.くにやす・FXのカバー取引先は?
●IFX Markets Inc.
住所:419 Boylston Street, Suite 700, Boston, MA02116 USA
Tel: 1-617-357-0682
●Dukascopy (Suisse) SA,ICC
住所:Route de Pre-Bois 20, 1215 Geneva 15,Switzerland
Tel:41-22-791-7050
●MIG Investments SA Route des Gouttes d'Or 14, 2008 Neuchatel, Swizerland
Tel: 41-32-722-1780
●Saxo Bank A/S
Smakkedalen2, DK-2820 Gentofte Denmark
Tel:45-39-77-40-00
18.くにやす・FXの自動決済制度とは?
当社では、急激な相場変動によるお客様の損失を限定するため、お客様の有効証拠金の額(証拠金残高マイナス未決済ポジションの評価損の額)が維持証拠金の額を下回った場合、当社がお客様に事前通知することなく、未決済ポジションを自動的に決済する「自動ロスカット」制度を採用しております。
19. バッド・ティック とは?
外国為替取引システムの一部の提示価格に、正しい相場とはかけ離れた価格を示す誤信号が流れ、取引システムが当該誤信号を拾ってしまい正しい取引相場として約定処理してしまうエラーが発生することをいいます。この様に実際にない価格で約定処理された売買は、無効なものとしてお客様の同意を得ずに取消又は訂正の処理が行われます。この場合、当該お客様口座の建玉及び証拠金につきましては、元の状態にお戻し致しますのでご安心ください。
20. ストップ・ロス・オーダー等は、必ず設定された指値に約定されますか?
通常のマーケット環境下においては、原則的に指値どおりの約定となりますが、ビッグ・サプライズとなる重要経済指標の発表時や当局による市場介入時等において、激しい相場変動に見舞われた時、ストップ・ロス・オーダー及び逆指値注文等は、設定価格での約定とならない場合があります。
21. 週末の終値と週明けの始値に大きな価格差ができた場合、その窓空け価格帯にあった指値等の注文の約定価格はどうなりますか?

指値注文やストップ・ロス・オーダー等は、設定した値段で約定されるとは限らず、週明けの始値付近(※)で約定されることになります。

※ 外国為替市場は、インター・バンク又はオーバー・ザ・カウンター・マーケットと呼ばれる相対取引で市場が形成されておりますので、東京株式市場のような取引所取引と異なり始値又は寄値という概念はありませんので、あくまで始値付近の価格ということになります。

ポジションを保有している場合、急激な価格変動によるマージン・カットの可能性等も含め様々な状況を想定して、週末に向けてはポジションを減らすか資金の余裕等をご確認することをお勧めいたします。

22.主要国が休暇に入った時、注意することは?
主要国の市場がクローズの時、市場参加者が極端に減少しますので需給関係に支障を来します。つまり、ビットもオファーも品薄になりますので、急激な価格変動・乱高下が起きやすくなります。この様な場合のお取引は、ロット数を出来るだけ小さくして、余裕のある証拠金残高状態を維持したいものです。
23. スワップ欄に表示されている金額は、いつ付与されますか?
取引システム上に表示されているスワップ金利は、ニューヨーク市場のクローズ・タイムの米国東部標準時刻17:00、日本時間7:00(米国冬時間採用)、又は6:00(米国夏時間)にお客様が保有しているポジションに対して付与され、即刻証拠金残高に加算されます。その様な訳でポジション決済時には、為替取引差損益のみが証拠金残高に反映されることとなります。
24. 成行注文は、注文価格で必ず執行されますか?

お客様が注文を送信した時に、市場価格と注文価格が乖離していない場合は、注文価格で執行されます。しかしながら、市場が大きく変動して市場価格と注文価格が乖離しているばあいは、新たな価格(ビット/オファー)が提示されますので、この新たな提示価格に対して「了承」又は「拒絶」を選択して頂くことになります。

  「了承」・・・・「新たな提示価格の取引に合意する」の意味で、その再提示価格で自動的に執行されます。

  「拒絶」・・・・「新たな提示価格は魅力が無いので、取引しません」の意味です。

25.注文を出したが、注文一覧の取引画面で確認できませんが?
注文一覧の取引画面が「すべて表示」に設定されているかご確認ください。又は、「初期設定」に戻して頂ければ表示されます。
26. 「取引レート」や「現在ポジション」等の画面が消えてしまったのですが?
画面左上のメニュー欄にある「ウインドウ」をクリックしてください。各画面の名前が表示されますので、確認したい画面の名前にチェックが入っているかご確認ください。名前を左クリックすると、取引システム画面に表示されます。
27. 取引したい通貨ペアが、「取引レート」の中に表示されていないですが?
「取引レート」の画面には、通常18通貨ペア全てが表示されていますが、過去に於いてお客様が非表示設定にセットした可能性があります。非表示設定の解除は、「取引レート」画面の上にマウスを置き右クリック、サブ画面の中にある「個別設定」の下にある「設定」画面で通貨ペアの表示か非表示かを選択できます。「非表示の通貨ペア」、「表示される通貨ペア」欄から通貨ペアを選択し、「 > 」又は「 < 」をクリックすることにより表示・非表示とすることが出来ます。
28. 取引システムにログイン出来ないのですが?

ログインできない主な原因として次のようなものが考えられます。

1) ユーザーネイム及びパスワードが正しく入力されていない事が考えられます。必ず半角小文字で、もう一度入力してみて下さい。また、「 Account Type 」の選択も、「 demo 」ではなく「 deal 」を選択されていることをご確認ください。

2)セキュリティー・ソフトのファイアーウオールによって取引システム(ICTS)への通信が遮断されている可能性があります。一時的にセキュリティー・ソフトを無効にしてから、取引システムにログインしてください。ログイン出来ましたら、セキュリティー・ソフトの設定を取引システムへの通信を許可に変更して下さい。

3) 取引システムがアップデートされていない可能性があります。当社の取引システムは、定期的にアップデートの実行を自動的に行いますが、実行中に通信が途絶えたりしてアップデートが完了していない事があります。この場合は、ICTS取引システムを一度アンインストールしてから、改めて同システムをインストールすればログインできるようになります。

4)インターネットに接続されていない可能性があります。 Internet Explorer をクリックして、表示が正常かどうかご確認ください。正常でない場合は、契約プロバイダーにお問い合せください。
29. システム障害等が発生し発注の機会を失ってしまった場合、損失は補填してもらえますか?
損失額の算出確定が出来ないだけでなく、契約(第27条の8、9、10)に基づいて損失補填は致し兼ねます。
30.取引注文を送信した後、画面でそれを確認できなかったときは?
「現在ポジション」画面を右クリックして「リフレッシュ」をクリックしてください。注文が執行されていたにもかかわらず、パソコンの通信状況又はデータ処理スピードにより、直ちに画面に表示されない事が希にあります。