« 4/11(金) 今晩はまずは米GE決算悪化でのドル売りに | メイン | 4/15(火) NY原油113.66が一時最高値再度の更新! »

4/14(月)NY市場 小売売上高予想より強い内容でも方向感つかみにくい。

本日の日経平均は企業収益悪化への不安が強まり売りが先行し、2日ぶりに大幅反落となりました。12917.51円(-406.22円)。為替市場ドル円は週明けの月曜日はG7後、上伸して始まり東京序盤も堅調に推移しましたが、欧州市場からは軟調な展開となっております。本日高値101.50からは1円下の100.44を先程つけてからは戻しております。ユーロドルは窓開けての下値スタートした後は朝方の安値1.5670近辺から息を吹き返して1.5770レベルでの攻防戦となっている。材料のない中G7絡みのポジションが一巡してのドル売り再開という動きが台頭しているようで、クロス円を含めて下値を意識しての様相となっている。今晩はNY市場で米小売売上高があり景気動向探る指標でもあるので、ドル円の節目100.50を意識して引き続き注視してまいりましょう。

先程21:30の米国小売売上高3月は0.2%と予想の0.0%より強い内容となりドル売り一服にはなったようですが、動きを見る限りドル売り圧力がつねにある感じに見えます。
本日も米大手銀ワコビアの決算が悪かったりと今週はJPモルガン、メリルリンチ、シティの決算があるのでその都度振り回されないようにしていきたいところであります。

口座開設

新規口座の開設はこちら

About

2008年04月14日 21:59に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「4/11(金) 今晩はまずは米GE決算悪化でのドル売りに」です。

次の投稿は「4/15(火) NY原油113.66が一時最高値再度の更新!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。