« 第2章 外国為替市場の構成メンバーを知っておこう 3 | メイン | 第2章 外国為替市場の構成メンバーを知っておこう 5 »

第2章 外国為替市場の構成メンバーを知っておこう 4

4 ブローカーとは何だろう
~為銀主義の撤廃により、取引の仲介役からポジションをとれる立場になったが……


 ブローカーとは、ブローキングする者、つまり、金融機関同士の取引の仲介をする会社、もしくはその会社の従業員のことです。
 1996年ごろから日本では急速に電子ブローキングが増え、人を介したブローキングは少なくなりました。この電子ブローキングの会社も含めて、ブローカーは数社あります。

 1998年4月の法改正以前は、ブローカーはポジション(持ち高。保有高。売っている、買っている量のことです)を持つことができずに、仲介だけを行うことになっていました。
 たとえば、Aという銀行がドルを売り、Bという銀行がドルを買う場合に、その間に立って仲介業務を行うのがブローカーの仕事でした。Aという銀行が売ってきたものを、ブローカーが自分たちのポジションで買うことはできませんでした。
 つまり、ブローカーは取引の相手になることを禁じられていたわけです。これが1998年の法改正によって、為銀主義が撤廃されたため、ブローカーであってもポジションを取るということが可能になりましたが、実際にはほとんど実現していません。
 というのも、ブローカーがポジションを持つということが、健全な市場形成の妨げになる可能性が考えられるからです。「つなぐことだけ」というための仕事をしていると割り切らないで、「自分たちのために」という動きをしはじめると、ダーティーな取引が行われ、市場が混乱する可能性もあります。銀行の立場からしても、取引相手とブローカーが同じというのでは安心して取引できないということもあるでしょう。たとえていえば、ブローカーは、いわば取引所取引における取引所の役割を一部担っていると考えられるのです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2007年02月15日 14:04に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「第2章 外国為替市場の構成メンバーを知っておこう 3」です。

次の投稿は「第2章 外国為替市場の構成メンバーを知っておこう 5」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。