« 2008年07月 | メイン | 2008年09月 »

2008年08月 アーカイブ

2008年08月01日

2008年08月01日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
 31日のロンドン市場は、クロス円の買いに連れてドル円は堅調に推移した。欧州
通貨は、ユーロ圏7月消費者物価指数速報値が過去最高水準になり上昇するも
のの、上値は限定的であった。NY市場は、米新規失業保険申請件数が高水準
に増加、4-6月期GDP速報値が予想を下回り、さらに07年10-12月期GDP
がマイナスへ下方修正された事でドル売りが加速したが、予想外に景況感改善
へ転じた米7月シカゴ購買部協会景気指数を受け買い戻される展開となった。
ただし、ユーロドルは、原油価格の下落を受けて、1.5701の高値から再度1.5
574でで下落し、ポンドドルは、1.9784から1.9929まで上昇した。またドル円
は、108.26から107.57まで下落した。 一方クロス円は、米株式市場がマイナ
ス圏で推移したことで、ロンドンでの買戻しから値を下げた。ユーロ円は、169.1
8から168.08まで下落し、ポンド円は、214.61から213.71まで、オージー円
は、102.40から101.39まで下落した。 

注目ポイント
 クロス円が軟調気味で、少し注意が必要。 特に豪ドル円が厳しい局面を迎える
可能性がありそうだ。 

続きを読む "2008年08月01日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2008年08月01日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
1日の東京市場は、米雇用統計を控えて、慎重な展開も東京株式市場の下落を
受けて、リスク回避のクロス円の売りが強まった。 欧州通貨でも、クロス円の売り
に連れて軟調推移となった。 ユーロドルは、1.5604から1.5550まで軟調推
移し、ポンドドルは、1.9836から1.9756までの推移となった。またドル円は、10
7.93からじりじりと107.32まで下落した。 一方クロス円は、全般的に直近の堅
調からの利食い売りが優先となり、ユーロ円は、168.34から167.70、ポンド円
は、214.10から212.05まで下落し、オージー円は、豪9月利下げ観測報道を
受けて、モデル系ファンドらの売りに101.65から100.38まで大きく下落した。

注目ポイント
米雇用統計を前に、動きづらい展開と見たが、クロス円中心に売りが出てストレー
トを圧迫している。 恐らく今後はストレート中心の動きに変化すると見られるが、
難しいのは、ADPが良く、イニシャル・クレイムが悪く、米雇用統計の両サイドを相
場が織り込んでいk ルことで、 もし予想通りの数字が出ると逆に動けない可能性
もあるかもしれない。 ただし、基本的に、テクニカル面では、ドルが下げるなら買
い向かいに利があると見ている。 

続きを読む "2008年08月01日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年08月04日

2008年08月04日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
1日のロンドン市場では、クロス円の買い戻しが目立つ展開を見せた。NY市場は、
米7月非農業部門雇用者数の減少幅が予想を下回った事を好感しドルが買われ、
株式市場が下落に弱気になるものの、予想を上回る米7月ISM製造業景気指数
の発表後に再び買われる展開となった。欧州通貨は、良い米経済指標を受けた
売りや中東情勢の緊迫を受けた原油価格の上昇に連れた買いに上下した。ユー
ロドルは、1.5514から1.5589で上下し、ポンドドルは、1.9791から1.9737
まで下落した。ドル円は、107.28から107.70まで上昇した。一方クロス円は、
米株式市場やドル円の動向に左右されもみ合う展開となった。ユーロ円は、166.
99から167.60まで推移し、ポンド円は、212.03から213.07まで、オージー
円は、100.83から100.00まで下落した。

注目ポイント
比較的早朝は静かな動きで、東京時間に静かななら、それほどクロス円の売りが
出るとの懸念は持たずに済みそうだが、総じて揉み合い相場が継続する中、短期
でしっかりと利食いの方針が安全。 特にクロス円は脆弱な感じがあり、一時のよう
な大きな上昇期待は禁物のような気がする。 

続きを読む "2008年08月04日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2008年08月04日 London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
4日の東京市場は、材料難の中、東京株式市場の下落、イランを巡る地政学的リ
スクにドルが売られるものの、中国の新疆自治区での国境警備隊への攻撃を受
けた中国の治安上の懸念が高まったことで、特に対円でドルが買い戻される展開
となった。ユーロドルは、1.5564から1.5596まで堅調推移し、ポンドドルは、今
週の英銀決算を控えて不安要因から、1.9762から1.9685まで下落した。 ま
たドル円は、107.46まで下落後107.86まで上昇した。一方クロス円は、ドル円
の動向に連れ全般的に下落後の反発となった。ユーロ円は、167.32から168.
14まで上昇し、ポンド円は、212.13から212.85まで、オージー円は、99.79
から100.60まで上昇した。

注意ポイント
ドル円、クロス円が堅調に反発しているが、やはりそれほど大きな動きとなるとの見
方は薄く、しっかりと利食いが良く、上値追いは禁物となる。

続きを読む "2008年08月04日 London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年08月05日

2008年08月05日 Asian Time  FX  Strategic Co-op

前日海外市況
 4日のロンドン市場は、クロス円の買い戻しに次ぎドルの買い戻しが目立つ展開と
なった。NY市場は、予想を上回る米コアPCE価格指数の上昇を受け、ドルが買
われる展開となった。欧州通は、ユーロドルは、米経済指標を受けたドル買いや
原油価格の下落に連れたユーロ売りに下落するものの、地政学リスクの高まりに
反発し、ポンドドルは、最終的なドル買いユーロ買いに下落した。ユーロドルは、1.
5554から1.5632まで上昇し、ポンドドルは、1.9717から1.9601まで下落し
た。ドル円は、107.79から108.29まで上昇した。一方クロス円は、米株式市場
やドル円の動向に連れ全般的に堅調に推移した。ユーロ円は、167.97から168.
79まで上昇し、ポンド円は、212.09から212.89まで、オージー円は、100.59
から100.93まで推移した。

注目ポイント
 引き続き不透明な保合が継続してる。 ただし、欧州通貨の下落がクロス円を圧
迫する可能性があるので注意。  

続きを読む "2008年08月05日 Asian Time  FX  Strategic Co-op" »

2008年08月05日 London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
5日の東京市場は、材料難の中、軟調な株式や欧州通貨を受けて、円が全面高
となっている。 ユーロドルは、資源株の下落や原油価格の下落を受けて、1.55
78から1.5501まで値を下げ、ポンドドルも1.9628から1.9559まで下落した。
またドル円も108.32から107.68まで値を下げた。 一方クロス円は、利食いに
押される展開。日本のお盆休みを前に、個人投資家の利食い売りが先導している。
ユーロ円は168.65から167.08まで下落、ポンド円も212.45から210.55ま
で大きく下落し、オージー円は、ハト派的な内容となったRBA声明文を受けて、1
00.62から99.14まで下落となった。 その他カナダ円が103.28、スイス円が1
02.43、NZD円は77.95まで値を下げた。

注意ポイント
クロス円主導で、円が堅調推移となっている。 日本のお盆休みを控えて、利食い
も入っているだろうが、更にはビッドが入り難い時期でもあるので、比較的下げに
弾みがついているので注意。 現状ここから更にとは思わないが、 安値の下方ブ
レイクがあると、落ちのスピードが出る姿が見えるので注意。

続きを読む "2008年08月05日 London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年08月06日

2008年08月06日 Asian Time  FX  Strategic Co-op

前日海外市況
 5日のロンドン市場では、東京市場からの流れを引継ぎドル円、クロス円での売り
が継続した。NY市場では、予想を上回る米7月ISM非製造業景況指数や堅調
なダウを受けて、ドルが全面高となった。ただし、FOMCで金利が据え置かれた
が、利上げ票が前回同様に1票に止まったことから、更に大きなドル買いには群
がらなかった。 ユーロドルは、原油価格が118ドル台まで下落したことで、1.54
45まで下落。 ポンドドルも1.9521の安値をつけた。 またドル円は、クロス円の
売りが被っており、揉み合い気味な展開が続いてたが、一時108.42の高値をつ
けた。一方クロス円は、NYダウが330ドルを超える上昇で引けたことから、ロンド
ンでつけた安値圏からは反発気味となったが、上値は重い状況は継続した。ユー
ロ円は、166.85の安値から167.64-69に上ヒゲを出す上昇となり、ポンド円
は、乱高下気味だが、210.50-55を2度ホールドして、211.79-89へ一時
値を上げ、オージー円は98.72の安値から99.24-29まで反発した。

注目ポイント
 ドル円は、未だ上値を拡大できないが、ここは辛抱か? 振り落とされないように
するか、108円ミドルを超えるまでは、しっかりと利食いながら買い回転を利かる
イメージ。 

続きを読む "2008年08月06日 Asian Time  FX  Strategic Co-op" »

2008年08月06日 London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
6日の東京市場は、東京株式市場が堅調に推移したことや米国債入札に絡んだ
ドル買いが目立つ展開となった。欧州通貨は、英国7月の消費者信頼感指数、
正規雇用指数の落ち込みを受けて下落後、値を戻す展開となった。ユーロドルは、
1.5450から1.5517まで推移し、ポンドドルは、1.9528から1.9596までの動
きとなった。ドル円は、108.22から108.55まで上昇した。一方クロス円は、東京
株式市場やドル円の動向に連れ全般的に上昇した。ユーロ円は、167.31から1
68.23まで上昇し、ポンド円は、211.41から212.44まで、オージー円は、99.
05から99.68まで上昇した。

注意ポイント
ドル円は、上がれそうで中々上がれない状況だが、下値も堅くここは辛抱が大事
そう。 振り落とされずに、じっくりと上値を待ちたい。

続きを読む "2008年08月06日 London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年08月07日

2008年08月07日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
6日のロンドン市場では、日本の景気悪化懸念や独6月製造業受注の悪化を受け
て、ドルの買戻しが継続した。またNY市場では、フレディマックの減配を受けて、
NYダウが寄り付から下げを強めたが、これを無視する形で、ドルが全面高なった。
ユーロドルは、1.5398まで下落、ポンドドルも1.9467まで値を下げ、ドル円は、
108.55-60のテクニカルな大口のストップを誘発し、更に109円の防戦を上抜
けて、一時109.89まで大きく値を上げた。一方クロス円もダウの下落を無視して、
底堅い動きから、NYダウがプラス圏に反発して引けると高値を目指す動きとなっ
た。 ユーロ円は、169.32まで値を上げ、ポンド円が213.94、オージー円は、
断続的に証券系からの売りで値を落としたが、99.05の安値圏を守って、99.83
まで上昇。NZD円が78.31まで値を下げた後は、。78.83の高値まで上昇し、
カナダ円が104.83.スイス円が103.64まで上昇した。

注目ポイント
ドル円は少し遣り過ぎの感じが強く、少なくともここから買える状況ではない。 そ
の面ではクロス円も同様。 またユーロドルは、ECB理事会を前にショート・カバー
もありそうだが、理事会前は上値が重い感じ。 トリシェ発言をしっかりと見て対応
したい。 

続きを読む "2008年08月07日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2008年08月07日 London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
7日の東京市場は、本邦輸出企業からのドル売りや短期筋の利益確定のドル売り
が目立つ展開となった。欧州通貨は、ドル売りに対しての買いに上昇した。ユーロ
ドルは、1.5401から1.5484まで堅調に推移し、ポンドドルは、1.9472から1.
9514までの動きとなった。ドル円は、109.81から109.32まで下落した。一方ク
ロス円は、東京株式市場やドル円の動向に連れ全般的にもみ合う展開となった。
オセアニア通貨は、オーストラリア7月の就業者数が予想を上回ったことや、ニュー
ジーランドの第2四半期就業者数が予想を上回ったことで一時上昇するものの、
ドル売りに押され上値の重い展開となった。ユーロ円は、168.64から169.44ま
で、ポンド円は、212.94から213.80まで推移し、オージー円は、99.32から9
9.95まNZD円は、78.45から78.98までの推移となった。

注意ポイント
本日はECB理事会後のトリシェ発言が鬼門となる可能性があるので注意。 それ
によって方向感が大きく変化する可能性があるので、これを見てからの対応が安
全。

続きを読む "2008年08月07日 London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年08月08日

2008年08月08日  Asian Time  FX  Strategic Co-op

前日海外市況
  NY市場では、英MPCやECB理事会では、金利が据え置かれたが、トリシェE
CB総裁が、理事会後の記者会で、ユーロ圏経済の成長下方リスクに言及したこ
とで、ユーロ中心にドルの買い戻しが進んだ。 また、米6月中古住宅販売保留
指数が、市場予想を上回ったこともドル買いをフォローしているが、昨日同様寄り
付から大きく値を下げたNYダウを市場は若干無視した動きから、ドル円は揉み
合いをつづけた。ユーロドルは、原油が118ドルの安値圏で推移していることもあっ
て、1.5350のオプションのバリアーをヒットして、一時1.5310まで下落。ポンドド
ルも1.9421の安値、ドルスイスは、1.0638の高値まで上昇した。 ただし、ドル
円は、109.13を安値に、109.64-69へ一時値を戻した。 一方クロス円は、
ダウが224ドル安で引けたことから値を下げる展開となり、ユーロ円は一時167.6
0の安値、スイス円は102.96、ポンド円は、212.46、オージー円は99.55-6
0から99.09まで下落、NZD円は78.05、カナダ円は103.85まで値を下げて
引けた。 

注目ポイント
 朝からユーロ売りが続いているが、既にユーロドルは流れが変わる可能性が高い
ので、安易な値ごろ感からの買いは推奨しない。  

連絡事項
 夏季休暇における休配信について=来る8月11-13日の三日間は、夏季休暇
として、毎日の情報配信をお休みさせて頂ければと存じます。何卒ご迷惑をお掛
けしますが、ご容赦の程をよろしくお願いいたします。

続きを読む "2008年08月08日  Asian Time  FX  Strategic Co-op" »

2008年08月08日 London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
8日の東京市場は、昨晩のトリシェECB総裁発言を受けて、ユーロ売り活発化した。
 ユーロドルは、1.5280の大口のストップ・ロスをつけて、1.5140まで急落した。
 ドル円は、サイド・ライン的も109.30を下支えに、109.94まで欧州参入後に値
を上げた。 またクロス円は、お盆休みを控えた投売りや欧州通貨の下落に総じて
値を下げ、ユーロ円が166.47、ポンド円が211.31、オージー円は97.83、NZ
D円が76.49まで急落気味となった。

注目ポイント
少し行き過ぎの感じもあるが、週末ということもあり、リスクは引き続きドル買いとなる
ので、しっかりとドルの下落を待って、買うスタンスを守りたい。

連絡事項
夏季休暇における休配信について=来る8月11-13日の三日間は、夏季休暇と
して、毎日の情報配信をお休みさせて頂ければと存じます。何卒ご迷惑をお掛け
しますが、ご容赦の程をよろしくお願いいたします。

続きを読む "2008年08月08日 London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年08月14日

2008年08月14日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
 ロンドン市場では、英四半期インフレ報告で、英成長に下振れリスクがあるとの
見解が示されたことやインフレに大幅な上振れリスクがあることから、スタグフレー
ション懸念が高まったことで、ポンドドル売りが特に強まった。 NY市場では、米7
月輸入物価指数の上昇や原油先物の反発で、ドルが売られる局面があったが、
独4-6月期GDPがマイナス成長との観測もあり、対欧州通貨では、保合気味の
展開となり、ドル円、クロス円は水曜日のバリュー替わりを受けて、NYダウの下落
にも大きく買い戻された。 ユーロドルは、1.4935から1.4840まで下落後、1.
4946へ反発となり、ポンドドルは、2006年10月以来の安値となる1.8640まで
下落後も、反発が1.8730-35に限定された。 またユドル円は、東京での安値
108.35から反発したが、109.09-14レベルで上値をCapされて、108.51-
56まで下落後、ロンドンフィキシングから、大きな上昇となり、109.75の高値をつ
けた。 一方クロス円は、ロンドン市場の安値から大きな反発となり、特にポンド円
は、202.54まで値を下げた後、205.37-45へ反発、ユーロ円も161.40から
163.87へ上昇し、スイス円は101.53から101.02、オージー円は96.24、N
ZD円は77.37まで値を上げた。 

注目ポイント
本日からまたよろしくお願いします。 一旦昨日で、ドル円、クロス円は上下を見た
感じからは、次のこういった位置を超えるまでは揉み合い感じのイメージとなる。 

続きを読む "2008年08月14日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2008年08月14日 London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
14日の東京市場は、昨日の急速なショート・カバーの円売りからは、利食いが優
勢となったが、欧米の消費者物価指数やユーロ圏のGDPの発表を控えて、円は
軟調な動きを継続した。 またドイツの第2・四半期GDPの結果を受けて、欧州時
間からユーロが買い戻された。 ユーロドルは、グルジア情勢懸念、ユーロ圏のG
DPががマイナス成長に落ち込むとの見通しから1.4931から1.4950まで下落
したが、その後は1.49台に反発した。 またポンドドルは、1.8716から1.8619
まで値を下げたが、やはりその後はとな1.87台へ反発し、ドル円は109.03から
109.61まで上昇した。 一方クロス円は総じて利食いから反転している。 ユー
ロ円は、162.50から163.50へ上昇、ポンド円は203.40から204.95、オー
ジー円は94.55から96.18、NZD円は76.00から77.19、カナダ円は102.5
3から103.34、スイス円は100.39から100.97へ上昇した。

注意ポイント
クロス円の買い戻しはまだ進みそう。 その鍵は欧州通貨の反発で、ユーロ圏GD
Pが悪いのを織り込んでいることから、この結果が起爆剤となるか注目となる。

続きを読む "2008年08月14日 London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年08月15日

2008年08月15日 Asian Time  FX Strategic Co-op

14日のロンドン市場は、無難な数字となったドイツ、ユーロ圏の第2・四半期GDP
を受けて、ユーロの買い戻しから、クロス円も買い戻しが中心となった。 NY市場
では、米7月消費者物価指数が、予想より強かったが、米週間新規失業保険申
請件数が、45万件と悪化してことや米銀ワコービア傘下の再保険会社が、破産
保護を申請したとの報道で、一時ドル売りで反応したが、すぐに買い戻された。N
Yダウが寄り付からマイナス82ドルでスタートしたことも嫌気されたが、その後はダ
ウがプラス132ドルへの回復を受けて、ドルの買い戻しが強まった。ユーロドルは、
指標後1.4952まで上ヒゲを出す動きとなったが、ロンドン・フィキシングからユー
ロ売りが強まり、原油が高値を維持できなかったことで、1.4777まで下落した。
ポンドドルも1.8787を高値に、1.8660-65まで値を下げたが、直近安値は守
られた。またドル円は109.32から109.99まで値を上げた。 一方クロス円は、
NYダウの反発にも反応が薄く、ロンドン市場で本日の高値をつけた後は揉み合
いを継続している。ユーロ円は163.72の高値から162.23まで値を下げ、ポン
ド円は205.87から204.50-55、オージー円は96.28から95.28-33へ下
落した。 また南ア中銀が金利を据え置いたランド円は、14.09の高値から13.9
6まで値を下げたが、更に大きく失望売りとはなっていない。

注目ポイント
ユーロ売りが止まらない。 週末のユーロの安値引けはトレンド的に注意となる。
またドル円が110円台が重くなるなら、クロス円も調整的となるので注意。

続きを読む "2008年08月15日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2008年08月15日 London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
15日の東京市場は、材料難の中原油価格の下落や5-10日要因からドルが堅
調な推移となった。ユーロドルは、引き続きユーロ圏の景気減速懸念が足を引っ
張り、1.4826から1.4719まで下落、ポンドドルも1.8701から1.8541まで値
を下げた。またドル円は、109.63から110.48までじりじりと値を上げた。 一方
クロス円は、欧州通貨の下落とドル円の反発に右往左往する形。 ユーロ円は16
2.00から163.13まで上昇後、値を下げ、ポンド円は、205.72から204.36ま
で下落後揉み合い気味で、オージー円は94.58から95.72、NZD円は76.35
から77.04、カナダ円は、102.77から103.40、スイス円は100.04から100.
64での推移となった。

注意ポイント
今日は難しい相場となりそう。 ユーロドルの1.47、ポンドドルの1.85のサイコロ
ジカルを控え、 神経質な展開となりそう。 ただし、基本は週末のドル高引けがイ
メージとなる。

続きを読む "2008年08月15日 London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年08月18日

2008年08月18日 Asian Time  FX Strategic Co-op

15日のロンドン市場は、週末に向けたドル・ショートの買戻しから、ドルが堅調に推
移した。 NY市場では、米8月NY連銀製造業景況指数や米7月鉱工業生産が予
想より強く、米8月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値が、ほぼ予想通りに終わっ
たが、ドルは高値圏で保合気味の推移となった。ロンドン市場で、ドルの買戻しが強
まった面が強く、対ユーロを除くと更なる強いドル買いには、材料不足となった。 ユー
ロドルは、1.4698の安値からの反発が1.4753-58に限定され、原油価格の11
1ドル台への下落を受けて、1.4700を再度割り込み1.4659の安値まで売り込ま
れて1.46台後半で週末の取引を終了した。 ポンドドルは、1.8515の安値から1.
8683まで上昇後、1.8569-74へ値を下げたが、ユーロポンドの売りに支えられて
1.86台ミドルを回復して比較的堅調を維持して引けている。 またドル円はロンドン
で、110.67の高値をつけた後は、狭い値幅で上下しながら、110.22-27まで一
時値を下げ、110円ミドルで引けた。 一方クロス円はマチマチの展開だが、米指標
後に高値を目指した後は、揉み合い気味のNYダウを受けて、調整的と動きが強まっ
た。 ユーロ円は163.00-05レベルを高値に、 161.88まで下落、 ポンド円は、
東京時間夕方の204円ミドルでの底固めから、206.51まで強い上昇となったが、
その後一時204.80-85に下ヒゲを出した後は、206円台へ回復して引け、オージー
円は96.03まで上昇後、95.25-31から95円後半での引けと成り、その他ではN
ZD円が77.72から77.07-12、カナダ円は、強いカナダ6月製造業出荷を受け
て、104.35まで上昇後、103.56-61へ値を落とし、スイス円も100.90から100.
39-44へ一時下落した。

注目ポイント
早朝からユーロドルが仕掛け的なトライとなったが、一過性の動きで終わっている。
週初で、方向感が出るか不透明だが、ともかくユーロドルの動きに注意して対応した
い。 

続きを読む "2008年08月18日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2008年08月18日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
18日の東京市場は、早朝からユーロドルの売り仕掛けが入ったが、これに失敗。N
YMEX原油先物価格が、メキシコ湾の熱帯性低気圧による供給懸念で、時間外取
引で堅調に推移したことから、ドルが売り戻された。ユーロドルは、1.4645から1.4
768まで上昇、ポンドドルは、1.8626から1.8722での推移となり、ドル円は、米国
債償還・利払いに伴う機関投資家の大口売りで、110.55からて109.97まで下落
したものの、東京株式市場が堅調に推移したことで110.30-35まで反発した。
一方クロス円も早朝の動きを除くと堅調で、ユーロ円は161.82から162.65まで上
昇し、ポンド円は、205.30から206.21で揉み合い気味、オージー円は95.44か
ら96.44まで上昇し、NZD円も77.55から78.43へ値を上げた。 

注意ポイント
ちょっと思ったよりドル円は上値が重いかもしれない。 ただし、これもユーロドル次
第で、今夜もユーロドルの動きにチェック。  

続きを読む "2008年08月18日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年08月19日

2008年08月19日 Asian Time  FX Strategic Co-op

NY市場は、材料難の中ドル売りが一服となったが、週初の揉み合い的な相場展
開となった。 ユーロドルは、1.4687の安値かrな反発が1.4745-50で限定され
て、原油相場の伸び悩みを受けて再度この安値圏に下落。 ポンドドルも1.8722
から1.8631-36まで値を下げたが、東京の安値圏は維持した。 またドル円は、
一時110.37まで反発後、109.96まで下落したが、110円割れからは直ぐに値を
戻す展開となった。一方クロス円は、ロンドン市場から反発的となるも、NYダウが一
時200ドルを超える下落となったことで、値を落とした。 ユーロ円は、162.38から1
61.68まで下落、ポンド円も205.05の安値、オージー円は、96.45から95.39、
NZD円は78.99まで上昇したが、78.00へ値を下げ、カナダ円が103.33まで下
値を拡大、スイス円も100.17まで下落した。

注目ポイント
ドル円は、109.95-00が妙に堅いが、上値が重いのも事実。 上抜けに失敗した
感じもあり、 リスクは下方か?

続きを読む "2008年08月19日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2008年08月19日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
19日の東京市場は、東京株式市場の下落を受けてドル売りが先行するものの、ア
ジア系ファンドからの買いに反発した。欧州通貨は、ユーロドルは下落し、ポンドドル
は、ユーロ売りポンド買いに堅調に推移した。ユーロドルは、1.4703から1.4630
まで下落し、ポンドドルは、18612から1.8652まで堅調に推移した。ドル円は、11
0.23から109.67まで下落後110.33まで反発した。一方クロス円は、東京株式
市場やドル円の動向に連れ全般的に上下した。ユーロ円は、161.85から161.01
まで、ポンド円は、203.82から205.38までの動きとなった。オージー円は、豪準
備銀行による早期利下げ示唆を受けて95.73から94.74まで軟調に推移した。 

注意ポイント
若干ドル円は110円を挟んだ揉み合い気味が想定される。後は欧州通貨の動向次
第だが、クロス円で吸収されるとやはりドル円は駄目かもしれない。思い切って逆張
りスタンスか? 

続きを読む "2008年08月19日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年08月20日

2008年08月20日  Asian Time  FX  Strategic Co-op

前日海外市況
 19日のロンドン市場では、東京午後からタカ派で知られるベスリー英中銀委員の利
上げに慎重な論調を受けポンド売りが優勢となったが、米国政府系住宅金融会社
への公的資金投入の可能性を示唆する報道や元IMF幹部が米国大手金融機関破
綻の可能性に言及したことで、ドル売りが強まった。 NY市場では、米生産者物価
指数が事前予想を大きく上回ったことで、インフレリスクが高まり、金融株を中心にN
Yダウが下落を強めたことで、ドル売りが継続した。 ユーロドルは、カナダの石油精
製施設に対する供給懸念を受けて、原油が上昇を強めこともあり、1.4639を安値
に、1.47台での短期ストップ・ロスを誘発して;、1.4794まで上昇した。ポンドドル
は、1.8679まで値を上げ、ドル円は109.55まで下落した。 一方クロス円はNY
ダウの下落傾向にも、欧州通貨の買い戻しから堅調な推移となり、ユーロ円は160.
86から162.40まで上昇し、ポンド円も204円処から、205.72に上ヒゲを描いた。
またオージー円は、95.89、NZD円は78.51上昇した。 

注目ポイント
 ドル売り相場の中、ドル円が109円ミドルを止めており、クロス円は水曜日ということも
あり、小じっかり。 ドル円は揉み合い気味の推移が継続しそうだ。   

続きを読む "2008年08月20日  Asian Time  FX  Strategic Co-op" »

2008年08月20日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
20日の東京市場は、5、10日の仲値不足でドル買い展開となった。欧州通貨は、ユー
ロドルは、ドル売り先行に軟調推移し、ポンドドルは、ユーロ売りに堅調推移した。ユー
ロドルは、1.4807から1.4737まで軟調推移し、ポンドドルは、1.8604から1.86
84まで堅調推移した。ドル円は、109.62から110.14まで堅調に推移した。一方
クロス円は、東京株式市場やドル円の動向に連れ全般的に堅調推移となった。ユー
ロ円は、162.09から162.57まで堅調推移し、ポンド円は、204.60から205.11
まで、オージー円は、95.46から95.99まで堅調推移となった。 

注意ポイント
水曜日とういこともあり、ドル円、クロス円は堅調が維持されそうだが、ドルの買い戻し
もあり、クロス円はあまり深追いは禁物。 ドル円は引続き堅調もやはり110円ミドル
の上抜けは厳しいか?

続きを読む "2008年08月20日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年08月21日

2008年08月21日 Asian Time  FX Strategic Co-op

昨日海外市場では、ウォールストリート・ジャーナルが米財務省当局者が米住宅金
融公社フレディマック幹部と会合すると報じたため、国営化観測が高まりドル売りが
先行した。ただし、原油価格が、週間原油在庫が大幅積み増しとなったことを受けて
112ドル台へ下落したことやダウがプラス圏に反発したことから、更にドル売りは進ん
でいないが、クロス円の売り圧力を含めて、円が堅調な推移となった。ユーロドルは、
1.4690から1.4766へ反発後、1.4672へ下落、ポンドドルは、ロンドン開始後、
英8月CBI製造業受注指数が、前月より弱い結果となったことを受けて、1.8536-
41まで下落後は、高値の1.8631-36との間で上下する展開となり、ドル円は110.
28のロンドンの高値から109.72まで一時値を下げ、109円台後半で引けた。一方
クロス円は、ダウの反発にも欧州通貨の下落を受けて軟調推移となった。 ユーロ円
が161.48まで値を下げ、ポンド円はロンドン市場の安値204.14から204.90へ
上昇後、204.26へ再度値を下げ、オージー円も96.04の高値後、95.50-55レ
ベル、NZD円は、78.40-45から77.96-01、カナダ円は104.03に大きく上ヒ
ゲを出した後、本日の安値圏となる103.14まで下落、スイス円は直近安値となる9
9.70に面合わせる下落となった。 

注目ポイント
今日は円が堅調な可能性が示唆されるので注意。またユーロドルも直近高値を超え
る上昇が期待される。 

続きを読む "2008年08月21日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2008年08月21日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
 21日の東京市場は、東京株式市場が弱含みに推移し、原油先物価格の強含みに
ドル売りが加速した。 ユーロドルは、1.4732から1.4834まで上昇し、ポンドドル
は、1.8606から1.8693まで値を上げた。ドル円は、109.86の高値から109円を
割れると邦銀筋からの大口のストップ・ロスを巻き込み108.64まで下落した。 一方
クロス円は、東京株式市場やドル円の動向に連れ全般的に大きく値を下げた。 ユー
ロ円は、162.20から160.90まで下落し、ポンド円は、204.57から202.97まで、
オージー円は、95.94から94.90まで下落した。

注目ポイント
ドルが急落気味の展開だが、一旦良い位置の感じもあり、更についていけるかは疑
問。ただし、ドルの反発ではしっかりと戻り売りが良いだろう。 

続きを読む "2008年08月21日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年08月22日

2008年08月22日  Asian Time  FX  Strategic Co-op

前日海外市況
 21日のロンドン市場では、ドル売りが続く中、円が堅調な推移となった。 またNY市
場では、米新規失業保険申請件数は、予想より強かったが、8月フィラデルフィア連
銀製造業指数、7月景気先行指数の両指標が悪く、ドルが全面安となった。原油価
格の122ドル台への反発やダウのマイナス圏での推移も悪影響を与えた。ユーロド
ルは、ロンドンの安値1.4747-52から引けにかけて1.4902の高値をつけた。ポ
ンドドルも1.8607から1.8790まで値を上げ、ドルスイスは1.0837まで値を下げ、
ドル円は、108.15-20レベルで邦銀のビッドのぶつかり、108.66-71までショー
ト・カバーを誘ったが、再度米指標後に、108.13の安値まで下落後、108.70-7
5へ反発して、108円40台で引けた。 一方クロス円は、ロンドンの安値トライ後は、
ダウのマイナス推移にも関わらず、買戻しが進んだ。ユーロ円は160.19の安値か
ら161.64-69へ上昇、ポンド円は201.79から203.78-86、スイス円は99.02
から99.93-98、オージー円は94.14から95.45-50、NZD円は77.18から7
8.15-20へ反発した。 またカナダ円は原油価格の上昇にドルカナダが、1.042
3まで下落したことで、一時東京の高値を超える104.02まで値を上げた。 

注目ポイント
 流石にドルが売り込まれすぎで、今日は一定のドルの買い戻しも出そう。 またクロス
円は、欧州通貨の売りが上値を押さえ、揉み合い気味での見通し。  

続きを読む "2008年08月22日  Asian Time  FX  Strategic Co-op" »

2008年08月22日  London&NY  FX Strategic Co-op

22日の東京市場は、材料難の中、週末のポジション調整や昨晩のドル売り相場か
らはドルの買戻しが進んだ。 ユーロドルは、1.4909に高値後は、一定の達成感
から1.4850まで下落。ポンドドルは、1.8796から1.8671まで値を下げ、ドル円
は、本邦輸入企業、本邦資本筋やアジア中銀の買いで、108.33から109.20まで
一過性の上昇となった。 一方クロス円も総じて堅調となったが、欧州通貨の売りに
上値は抑えられた。 ユーロ円は、161.45から162.38、ポンド円は203.30から
204.58、オージー円は95.19から95.89、NZD円は77.88から78.38、カナ
ダ円は103.74から104.58、スイス円は、99.70から100.28まで一時値を上げ
た。

注目ポイント
ドル円は不思議に109円まで上昇も底堅い。昨日の下げは一旦何だったのでしょう?
 でも流石に109円ミドルはと思うが、兎も角少し注意して売り向かいたい。 

続きを読む "2008年08月22日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年08月25日

2008年08月25日 (Asian Time)  FX Strategic Co-op

前日海外市況
21日のロンドン市場では、「韓国産業銀行が米リーマン買収の可能性を表明」と伝
えたことから、時間外で米リーマンの株価が上昇。ダウ先もも大幅高となり、ドル買い
が強まった。NY市場でも、主だった経済指標の発表のない中、NYTダウの堅調な
上昇やバーナンキ米FRB議長の「商品価格とドルのトレンドはインフレ緩和に寄与
するだろう」と発言、原油相場の週末のポジション調整の売りからドルが一段高となっ
た。 ユーロドルは、1.4861-66レベルを高値に、1.4759まで下落、ポンドドル
も、英第2・四半期GDP・改定値が、予想を下回り、1.8611-16を上値に、1.85
05と15日の安値を若干下回った。 またドル円は、109.00-05を安値に、109.
30-35を上抜けると大口のストップ・ロスを誘発して、110.15まで上昇して、110
円台で引けた。一方クロス円は、マチマチの展開だが、総じてドル円やダウの上昇
を受けて、値を上げたが高値は維持できずに、堅調なレベルでの推移となった。 ユー
ロ円は、161.84-89を下値に、163.11まで上昇、ポンド円も202.75-85から
204.43-53へ上昇したが、オージー円は95.73-78を上値に95.17まで値を
下げ、NZD円は77.80-85から78.42、スイス円は、99.84-89から100.45
で堅調推移となった。またカナダ円が、材料の内中、ドルカナダが1.0421まで値を
下げたことで104.26-31を下値に105.30まで強い上昇となった。 

注目ポイント
早朝から投機的なドルの買い戻しが強まっているが、月曜日のアジアの動きは主体
となることは少なく注意。

続きを読む "2008年08月25日 (Asian Time)  FX Strategic Co-op" »

2008年08月25日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
 25日の東京市場は、早朝から投機的なポンド売りが入り、ドルの買い戻しが進んだ。
 グルジアでの爆発が影響したとも言われているが、この辺は不透明。 ただし、更
なるドル買いには材料難で、東京株式市場が堅調に推移したことを受けてドル買い
が優勢となった。ユーロドルは、英系の売りを受けて1.4792から1.4696まで一時
下落したが、その後は1.4750-55まで反発した。ポンドドルは、1.8525から1.8
406まで値を下げたが、一旦下げで止まりとなっており、英国市場がサマー・バンク
ホリデーにより休場ということもあり、更に動意が出るかは不透明となる。 またドル円
は、109.81まで下落したが、5-10日の仲値不足もあり、110.29まで上昇した。
一方クロス円は、欧州通貨の下落に連れ全般的に値を下げた。 ユーロ円は、162.
75から161.85まで下落し、ポンド円は、203.79から202.49、オージー円は、9
5.52から94.88まで下落した。

注目ポイント
ロンドン休場のため、NYまでは動意が薄くなる可能性がありそう。 ドル円はどうも1
10円前後の動きとなりそう。 また欧州通貨では、アジア時間の投機的な売りの反動
に注意したい。

続きを読む "2008年08月25日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年08月26日

2008年08月26日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
 25日のロンドン市場では、ロンドン市場がサマー・バンクホリデーで休場のため、閑
散とした取引となった。 NY市場では、米7月中古住宅販売件数は予想より強かっ
たが、ドル買いは限定的で、NYダウが寄り付から下げを加速したことで、ドル売り、
円買いが強まった。 NYダウは一時260ドル安まで下落した。 ユーロドルは、1.4
809まで上昇後、ユーロ円の売りに押されて、1.4740-45まで下落、ポンドドルも
1.8581まで上昇後、1.8510-15まで下落した。またドル円は109.02まで
値を下げたが、一旦本邦からの買いに支えられて反発となったが、その後は109.3
5-40を上値に揉み合いとなった。一方クロス円も総じて値を下げており、ユーロ円
が161.23、オージー円が94.73、NZD円が77.39、カナダ円が103.88、ポン
ド円が202.36、とスイス円は、99.64まで下落した。

注目ポイント
引き続き揉み合いと諦めての対応が良いが、ドル円では、下げるとバーゲン・ハンター
の買いが入るようで、底堅い感じがある。 ただし、チャート的に不透明なオーバー
シュートが多く注意が必要だが、恐らく突っ込み売りだけはワークしない感じ。売るな
らしっかり反発待ち。 大きく下げたら買いのパターンか? 

続きを読む "2008年08月26日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2008年08月26日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
26日の東京市場は、本邦輸入企業、アジア中銀による外貨準備調整に円は軟調
推移となった。 欧州通貨では、ifo景況指数の発表を受けて、ドルの買い戻しが優
勢となった。 ユーロドルは、米系ファンド筋からの売りで軟調に推移し1.4760から
1.4669まで値をs下、ポンドドルは、ユーロ売りポンド買いに、1.8412から1.85
33まで堅調推移した。またドル円は、109.14から109.83まで値を上げた。 一方
クロス円は、ユーロ円の下落に連れ全般的に値を下げた。 ユーロ円は、161.36
から160.80まで下落し、ポンド円は、202.60から201.69、オージー円は、94.
51から93.56まで下落した。 

注意ポイント
今晩は今の所ドル買いが強いが、ドル円は110円台に乗せらずに、クロス円が軟調
推移となっている。 一応ダウは昨日の下落から更に大きく下げるとの見方は薄く、
あまり突っ込み売りは推奨されない。 ドル円ではせいぜい揉み合いの域となるかも
しれない。

続きを読む "2008年08月26日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年08月27日

2008年08月27日 (Asian Time)  FX Strategic Co-op

前日海外市況
26日のロンドン市場では、独ifo景況感指数が、大幅悪化となったことで、ドル買い
が進んだ。 NY市場では、米6月S&P/ケースシラー住宅指数が予想より強く、8
月リッチモンド連銀製造業指数と7月新築住宅販売件数が予想を下回ったが、8月
消費者信頼感指数が改善したことを好感する形。 ただし、全般的には米経済指標
は、ミックス感が強く、ロンドン市場でのドル買いに反動的な売り戻しが主体となった。
またFOMCでは、前回とあまり内容に変化がなく、大きな材料となっていない。 ユー
ロドル相場は、ロンドンでつけた1.4570の安値から、原油の反発もあり1.4673-
78まで上昇、ポンドドルも1.8331の安値から1.8414-19まで値を上げた。 ま
たドル円は、米経済指標発表前に、投機的な売りから一時大きく109.20に下ヒゲ
を出したが、その後109.93まで反発。 ただし、ロンドンの高値109.94には届い
ていない。 一方クロス円は、ダウのマイナスの寄り付から一時急落的に値を下げた
が、その後はダウの反転もあって反発的。ユーロ円が一時159.93レベルまで下落
したが、161.19-23レベルへ反発。 ポンド円も200.68へ下落後、202.17-2
5へ反発し、オージー円は、ロンドンの安値93.31の面合わせの後、94.16-21
へ上昇、NZD円は、75.72-77から76.65-70、スイス円は、99.93、カナダ円
は、105.41まで一時値を上げた。 

注目ポイント
ユーロドルが投機的な買い戻しを誘ってドル円が思わぬ投げを誘っている。 若干
注意が必要だが、アジア市場の仕掛けにはついて行くのは危険。

続きを読む "2008年08月27日 (Asian Time)  FX Strategic Co-op" »

2008年08月27日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
 27日の東京市場は、上値ストップ・ロスを狙った投機的なユーロドル買いをきっかけ
に、ドル売りが優勢となった。欧州通貨は、時間外での原油先物価格の上昇に連れ
堅調に推移したが、基本的に材料があるわけではなく、上値も更に拡大できていな
い。 ユーロドルは、1.4634から1.4744まで上昇し、ポンドドルは、1.8368から
1.8473まで値を上げた。またドル円は、109.73から108.90まで下落したが、オ
プションのガンマ・プレイに一旦下げ止まりを見せた。 一方クロス円は、東京株式市
場やドル円の動向に連れ全般的に値を下げた。 ユーロ円は、160.79から160.2
5まで下落し、ポンド円は、201.72から200.96まで、オージー円は、93.91から9
3.56まで値を下げる展開となった。 

注目ポイント
ドルの売り戻しが優勢となっているが、今夜は、弱めが予想されているLDN タイムの
独8月消費者物価指数が波乱材料。 残念ながら時間が未定のため、いつ動きが
出るか不透明なの注意。 

続きを読む "2008年08月27日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年08月28日

2008年08月28日 (ALL DAY)  FX Strategic Co-op

前日海外市況
NY市場では、米耐久財受注の改善やダウの上昇を受けて、一転東京市場、ロンド
ン市場でのドル売りから、ドルの買い戻しとなった。 ユーロドルは、ウェーバー独連
銀総裁の利下げに否定的な見解を受けて、1.4774の高値まで上昇後、8月の独
消費者物価指数(CPI)速報値の低下を受けて、1.4666まで下落した。ポンドドル
も1.8489から1.8285まで下落。 ドル円は、109円割れのストップ・ロスをつけて
108.70まで下落後は、逆に109.10-30ゾーンのモメンタム系ファンドのストップ・
ロスをこなし、一時109.90の高値まで上昇した。 ただし、ダウが高値圏を維持で
きずに、現在はドルの売り戻しが進んでいる。 一方クロス円もダウの140ドル高を受
けて、ロンドン時間の安値圏から一時大きく値を上げたが、高値圏からは利食いに
押されている。 ユーロ円は、ロンドン時間の160.06の安値から161.52の高値を
つけた後は、161.03-08へ調整、ポンド円は、200.51から202.26へ上昇し、
オージー円は、93.53から94.51、NZD円は、76.13から77.12、カナダ円は1
04.07から104.98、スイス円は、99.34から99.96へ一時値を上げた。 

注目ポイント
都合により、本日はAll Dayとして、朝一回の配信とさせて頂きます。 

続きを読む "2008年08月28日 (ALL DAY)  FX Strategic Co-op" »

2008年08月29日

2008年08月29日 (Asian Time)  FX Strategic Co-op

前日海外市況
NY市場では、米第2・四半期GDP・確報値が、前期比年率+3.3%と予想外に
強い数字なりドルが全面高となった。 ユーロドルは、原油の下落もあり、1.4671ま
で下落、ポンドドルは、1.8242と直近安値を割り込み、ドル円は109.72まで上昇
した。一方クロス円は揉み合い気味で、ユーロ円は161.63-68へ上昇後、160.
75-80へ値を下げ、ポンド円は、200円割れから、200.85-90まで上昇したが、
再度安値圏の199.80-85へ下落、オージー円も94.83-88から94.15-20
へ値を下げた。 NYダウは、モノラインMBIAが、再保険を引き受けたとの発表も市
場に安心感を与え、一時200ドル近い上昇。 原油は120ドル台から、114ドルと一
時5ドル以上の大幅な下落となった。  

注目ポイント
ドル円では引き続きレンジ相場が続いているが、 いずれ大きな方向感となる可能が
あるので注意して対応したい。 一応月末を過ぎてからは特に注意となるかもしれな
い。

続きを読む "2008年08月29日 (Asian Time)  FX Strategic Co-op" »

2008年08月29日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
 29日の東京市場、日本の7月のインフレ率上昇、失業率低下、日本の総合経済対
策への期待にドルが売られる展開となった。欧州通貨でも、動意が薄い中ドル売り
が優勢となった。 ユーロドルは、1.4687から1.4759まで上昇し、ポンドドルは、1.
8260から1.8343まで値を上げた。ドル円は、109.57から108.68まで下落した。
一方クロス円は、東京株式市場が堅調に推移するものの、ドル円の動向に連れ全般
的に下落した。ユーロ円は、161.08から160.35まで下落し、ポンド円は、200.3
3から198.80まで、オージー円は、94.54から93.86まで下落した。

注目ポイント
どうにかドル円は108.70を割れる下落となった。ただし、それでもスピード感はそ
れほど早いとは言えず、未だ108円を割れるまでは買いが入り易いか? また経済
指標的には、欧州が悪く、米国が強い可能性もあり、NY時間のドル買いは注意とな
る。 

続きを読む "2008年08月29日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

About 2008年08月

2008年08月にブログ「だいまん Daily FX」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年07月です。

次のアーカイブは2008年09月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。