« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月 アーカイブ

2008年11月03日

2008年11月03日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
31日のロンドン市場では、クロス円に週末の買戻しが優勢となった。 NY市場で
は、米9月個人所得が予想より強く、シカゴPMIが市場予想を下回り、ミシガン大1
0月消費者態度指数が市場予想を若干上回ったが、全般的に経済指標に対する
反応は限定的。 週末を月末を控えたロンドン・フィキシングでの大量のドルの買
いの噂に、ドルが堅調推移。 またNYダウがマイナスの寄り付きからじりじりと値を
上げ、上下にふれる展開はあるも、結局一時300ドルに迫る上昇から、9200ドル
を維持して引けたことで、円は軟調な推移が継続した。ユーロドルは、ロンドンの高
値1.2800レベルから1.2665と東京時間の安値に迫る下落となったが、総じて
揉みあい気味の展開。 ポンドドルは1.6280-85から一時1.6012まで大きく値
を下げ、ドル円は99.13と東京時間の高値を一時上回ったが、クロス円の利食い
に97.87まで下落し、その後は堅調なダウに支えられて、98円ミドルでの揉みあ
いとなった。一方クロス円は、東京、ロンドンの安値から、NY午前に向けて巻き返
し気味に上昇ながら、利食いに押されて高値圏を維持できなかった。 ユーロ円が
126.44の高値後、124.36へ下落、ポンド円が160.74へ上昇後、ポンドの下
落に157.24-34へ一時下ヒゲを描く動きから、再度160.46-56へ上昇と荒れ
た動きとなったが、その他オージー円が65.97、NZD円が58.12、カナダ円が8
1.95、スイス円が85.70レベルの高値を一時つけ、比較的堅調なレベルで引け
た。    

注目ポイント
アジア時間は静かな動きとなりそう。また不安定な日本株がないこともプラスで、ド
ル円、クロス円では押し目買いが優勢か? 

続きを読む "2008年11月03日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2008年11月03日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
   3日のアジア市場は、文化の日で東京休場が不在の中、アジア、オセアニアの株式
市場の堅調推移やダウ先物の上昇を受けて、円売りが優勢になった。ドル円は朝方
米系の売りで98.20まで下落したが、その後は、99.13アッパーのストップや99.5
0の輸出の売りをこなし一時99.65まで上昇したが、更に上値拡大できなかった。ユー
ロドルは、ユーロ円の買いに1.2732から1.2898まで上昇。ポンドドルも、1.6079
から1.6399まで値を上げた。 一方クロス円では、ユーロ円が124.49から128.4
6、ポンド円が158.07から163.33まで値を上げ、オージー円は、65.70から68.
30、NZD円が57.48から59.37、カナダ円80.98から83.42、スイス円が84.91
から86.68まで値を上げた。

注目ポイント
比較的堅調が続いているが、やはり株価次第。 NY株価をしっかりと見て対応となる
が、今日からスタートが23:30からとなるので注意。 またもしダウが堅調なら明日の
東京のドル円、クロス円は一段高の可能性がありそうで注目。

続きを読む "2008年11月03日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年11月04日

2008年11月04日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
NY市場では、円、ドルが堅調な推移となっている。欧州委員会がユーロ圏の秋季経
済見通し発表に絡み、ユーロ圏がリセッションに陥ると認めたことからドル買いが進ん
だが、 円絡みでは東京市場で、上値トライに失敗したドル円、クロス円に利食い売り
が出て、下落したが揉み合い気味のNYダウを受けて、更なる大きな下落には群がっ
ていない。 ユーロドルは、1.2595、ポンドドルは1.5782まで下落。ドル円も98.3
2まで値を下げた。 その他ユーロ円が124.72、ポンド円が155.53、オージー円
はオージードルにリアル・マネー系の売りが入ったことで65.43まで下落しており、N
ZD円は57.21、スイス円が84.16、カナダ円は81.83まで下落したが、ドル円が9
9円台を回復したことで、反発気味に引けている。     

注目ポイント
株価の堅調にも為替は反応が薄い感じからは注意。ただし、動意が薄い感じもあり、
急落のイメージも薄い。

続きを読む "2008年11月04日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2008年11月04日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
4日の東京場は、東京株式市場が堅調に推移したが、米系ファンドの損失計上
報道や米株式先物の軟調推移を受けて、円売りも限定的となった。 また欧州通
貨は、ECBや英MPCでの利下げの観測が強まり、軟調に推移した。 ユーロド
ルは、1.2650から1.2527まで下落、ポンドドルも1.5832から1.5605まで値
を下げた。またドル円は99.36まで上昇したが、もどり売りに98.35まで下落し
た。 一方クロス円は、本邦機関投資家の債券償還・利払いの売りが上値を抑え
る展開となった。ユーロ円が125.48から123.43まで下落、ポンド円も156.87
から153.71まで値を下げ、NZD円が58.72から57.60、カナダ円が84.12
から82.79まで下落した。また豪準備銀行の予想外の0.75%の利下げを実施
したことで、オージードルは、0.6774から0.6609まで値を下げ、オージー円も
67.21から64.99まで下落した。     

注意ポイント
今日は米大統領選挙で、基本は動意が薄いとの見方だが、ドル円、クロス円は
上値が重そうで、株価に反応しないなら注意。

続きを読む "2008年11月04日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年11月05日

2008年11月5日  Asian Time  FX  Strategic Co-op

前日海外市況
 NY市場は、米大統領選の渦中、NYダウが一時300ドルを超える強い上昇となり、
ドル売り、円売りが強まる相場展開となった。また一時NYダウに利食い売りが強まり、
ドル円、クロス円にも利食いが入ったが、その後ダウが再度300ドルを超える上昇が
実現したが、ドル円、クロス円はNY当初につけた高値に迫ることは出来なかった。
ドル円は100.56の高値、ユーロドルも1.3049の高値まで上昇し、ユーロ円は130.
98の高値をつけた。その他クロス円は、軒並み値を上げポンド円が161.74、オージー
円が70.50、NZD円が61.51、カナダ円が87.47、スイス円が86.58、ランド円が
10.43まで一時値を上げた。

注目ポイント
ドル円、クロス円は堅調な上昇となったが、相当良いレベルで、利食いが優先される
位置。 高値追いは決して推奨しない。 またダウの上昇がオバマ効果なら、結果判
明後は、利食いが優先となる可能性にも留意しておきたい。 

続きを読む "2008年11月5日  Asian Time  FX  Strategic Co-op" »

2008年11月05日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
5日の東京市場は、昨晩のNYダウの大幅上昇から日経平均株価が堅調に推移した
ことで、円は軟調なスタートとなったが、オバマ新米大統領誕生を受けた材料出尽し
感から、米ダウ株価指数先物が弱含みに推移したことで、その後は円が堅調に買い
戻される展開となった。 また欧州通貨では、明日の欧州中銀定例理事会での利下
げ観測が根強く、ドルの買い気味の展開が継続し、ユーロドルは、1.3032から1.2
795まで下落、ポンドドルも1.6010から1.5757へ値を下げ、ドル円は、99.93か
ら99.27までじりじりと下落した。 一方クロス円も同様で、ユーロ円が130.20から1
27.23、ポンド円が159.85から156.55、オージー円は、スワン豪財務相がオース
トラリアの財政黒字と経済成長率の見通しを下方修正したことで、69.97から67.85
まで下落した。その他NZD円が60.77から59.41、カナダ円が86.88から85.37、
スイス円が86.11から84.53まで下落した。     

注意ポイント
オバマ新米大統領誕生を受けてNYダウが、材料出尽しから下落するリスクは残りそ
う。 また最近水曜日は案外鬼門の日で、注意しておきたい。

続きを読む "2008年11月05日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年11月06日

2008年11月06日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
5日のロンドン市場では、欧州株やダウ先物が下げ幅を広げるなか円買いの動きが
強まり、対欧州通貨でのドルの売り戻しが強まった。NY市場では、弱い米10月ADP
全国雇用者数、米10月チャレンジャー人員削減予定数や米10月ISM非製造業景
況指数に反応せず、NYダウが大統領選への期待感が剥げ落ちたことで、寄り付き
から下落を強め、結局500ドル近い下落で引けたことで、引け際に一気に円買いが
強まった。 欧州通貨では、ロンドン・フィキシングでの大量のドル買いの噂から、堅
調推移となった。ユーロドルは欧州系の大量の買いで、1.2845レベルから1.3117
へ上昇、ポンドドルも1.6196近辺の高値まで上昇した。またドル円は、ダウの反発
にあわせて、99.44-49レベルへ値を上げたが、その後は97.88まで大きくストッ
プをつけて下落した。 またクロス円も同様で、ユーロ円が130.08-13レベルから1
26.05まで下落、 ポンド円も160.71-81を高値に155.17へ下落し、オージー
円は69.65-70から66.64、NZD円は60.56-61から58.23、カナダ円は83.
67の安値、スイス円は84.19の安値まで下落した。     

注目ポイント
昨日は、あまり日経の強気に円相場は同調しなかったが、今日の下げの場合は如何
に? ともかくドル円、クロス円は上値が重くなる見通しで、ひきつけて戻り売りとなる。

続きを読む "2008年11月06日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2008年11月06日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
6日の東京市場は、東京株式市場の大幅下落を受けて円が堅調な推移となった。ま
た欧州通貨も利下げ観測が根強くドルが堅調な推移となった。 ユーロドルは、EC
B理事会での利下げ観測から、1.2957から1.2826まで下落、ポンドドルも英MP
Cで、0.50%を越える利下げが実施されるとの見通しから、1.5781から1.5906
まで値を下げた。 またドル円は98.38から97.57まで下落したが、ドル買い相場
の中、下値は限定されたイメージとなった。 一方クロス円も軒並み値を下げる展開。
ユーロ円が127.05から125.27、ポンド円が155.90から14.17、オージー円が
66.85から65.39、NZD円が58.84から57.69、カナダ円が84.20から82.85、
スイス円が84.83から83.70まで下落した。     

注意ポイント
欧州通貨は利下げを大分織り込んでおり、結果発表での買い戻しに注意。NYダウ
は、流石に買い戻しが入りそう。 なので、あまりクロス円の突っ込み売りは推奨でき
ない。

続きを読む "2008年11月06日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年11月07日

2008年11月07日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
 6日のロンドン市場は、英MPCが予想外の1.50%の利下げを敢行。スイス中銀もこ
れに呼応する形で、0.50%の利下げを実施したことで、一時ポンド売り、スイス売り
が強まった。 ポンドドルは発表を受けて、1.5714まで下落、ドルスイスも1.1755
-60の高値へ上昇した。 NY市場では、ECB理事会で、予想通りの0.50%の利
下げが実施されたが、トリシェECB総裁が、理事会で0.75%の利下げをも討議され
たことや差rなる利下げの可能性を示唆したことで、ユーロドルは、1.2885から1.2
746の安値まで下落したが、その後ロンドン・フィキシングでの大量のユーロ買いの噂
で、1.2874まで反発した。ただし、その後は上値を重くして1.2679の安値まで下
落となり、ポンドドルも1.5566の安値まで下落した。 またドル円は、クロス円や欧州
通貨に翻弄されることとなり、97.55-60から98.45-50へ反発後、97.49と本日
安値に下落、ショート・カバー的に98.69まで上昇したが、ダウの500ドル近い下落
を受けて、97.55へ値を下げて終了した。 一方クロス円も上下にふれる展開となっ
たが、ユーロ円は126.72-77を上値に、123.90まで下落、ポンド円が157.63を
高値に、152.16へ値を下げ、オージー円が67.94から64.85、NZD円は59.35
-45から57.19、カナダ円は84.27から84.41、スイス円は84.23-28から82.
82まで値を下げた。 

注目ポイント
株価の軟調を受けて、再び円高リスクが高まっている。 慎重な対応が望ましく、下げ
止まりを見るまでは値ごろ感の買いは注意して対応したい。

続きを読む "2008年11月07日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2008年11月07日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
7日の東京市場は、東京株式市場が、前日のNYを受けて大幅に下落したことで、円
の買い戻しが強まったが、比較的下落幅限定されたことで、更に大きな円買いには
群がっていない。 また欧州通貨は利下げ後の調整的な動向となり、ユーロドルは、1.
2653から1.2790まで反発、ポンドドルも1.5535から1.5715まで値を上げた。ま
たドル円は、96.75まで下落したものの年金筋からの買いで、97.81まで反発した。
一方クロス円も下落は限定された。ユーロ円は122.48から125.10へ反発、ポンド
円は150.29から153.44、オージー円は、63.29から65.72、NZD円は55.96
から57.76、カナダ円は80.48から82.03、スイス円は82.01から83.35まで上
昇した。     

注意ポイント
米雇用統計が鬼門となるが、前回、前々回ともドル円は、これを受けて急落となったと
ころが買い場となっているので注目となる。 

続きを読む "2008年11月07日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年11月10日

2008年11月10日 Asian Time FX Strategic Co-op

前日海外市況
  NY市場では、弱い雇用統計を受けてもドル売りは限定的で、特にダウが、直近の
売られ過ぎを受けて、寄り付きから上昇を強めたことで、円が売られる展開となった。
ただし、週末の薄商いの中、午後にオバマ次期大統領の経済に対する悲観的な発
言を受けて、ダウやドル円、クロス円が調整的な下落を示したが、結局248ドル高で
ダウが引けたことで、更なる円買いは強まらなかった。ドル円は一時96.92まで下落
したが、オバマ次期大統領の会見前に98.70の高値まで上昇後、97.95レベルへ
値を下げてて、98円前半で引けた。 ユーロドルは、ロンドンの高値1.2851からじり
じりと値を下げ、1.2718の海外の安値圏で引け、ポンドドルも1.5873の高値からド
ルの買い戻しで終了した。 一方クロス円は、ダウの上昇に買戻しが強まり、ユーロ円
が126.38、ポンド円156.21、オージー円66.96、NZD円58.52、カナダ円84.
20、スイス円が84.02と本日の高値まで一時値を上げた。   

注目ポイント
ドル円、クロス円は堅調だが、理由が理由だけに若干上値追いは不可解で、しっかり
と利食い優先したい。

続きを読む "2008年11月10日 Asian Time FX Strategic Co-op" »

2008年11月10日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
10日の東京市場は、週末のG20の声明や中国の総額4兆元規模の景気刺激策の
発表を受けて、投機的な円売りが強まったが、上値では、本邦輸出企業、個人投資
家からの利食い売りの上げ渋りとなった。 また欧州通貨もクロス円の買いに一時上
値拡大となり、ユーロドルは、1.2738から1.2898まで値を上げ、ポンドドルも1.5
651から1.5884まで値を上げた。ドル円は、98.25から99.40まで上昇後、99円
前後での揉み合いとなった。 一方クロス円も同様で、日経平均株価の堅調を受け
て値を上げた。ユーロ円が125.45から127.92、ポンド円が155.06から157.4
7、オージー円が67.36から68.65まで上昇し、NZD円が58.75から59.64、カ
ナダ円が83.23から84.45、スイス円が83.32から84.63まで値を上げた。     

注意ポイント
円は軟調気味も、ここからが正念場。 しっかりと上値では利食いスタンスが重要とな
る。

続きを読む "2008年11月10日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年11月11日

2008年11月11日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
  10日ロンドン市場では、日経の株価が堅調に終わったことを受けて、円の売り戻しが
進んだ。ただし、NY市場では、中国の大型財政刺激策を好感してダウが堅調に寄り
付いたものの、景気後退懸念などから失速となり、一時は180ドル近い下落となった
ことで、東京市場の高値を上回って円が上昇した。 ドル円は99.48の高値からは、
99.50のオファーに阻まれ、97.60まで下落、ユーロ円は128.43から124.25ま
で値を下げ、ポンド円が157.53から152.10、オージー円が69.40から64.94、
NZD円が60.05から56.49、カナダ円が85.18から82.06、スイス円も84.91か
ら82.72まで大きく値を下げた。 一方欧州通貨では、揉み合いが継続したが、クロ
ス円の売りに圧迫された。 ユーロドルは、1.2927から1.2720まで下落、ポンドド
ルも1.5573まで値を下げたが、ユーロポンドの買いが強まり、ユーロポンドは一時0.
8209まで値を上げた。

注目ポイント
 円が堅調な推移だが、昨日の軟調さも不思議だが、今日の堅調も不思議な感じが残
り、あまり上下で追いかける状況とは見えない。慎重な逆張り場を探す形。

続きを読む "2008年11月11日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2008年11月11日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
11日の東京市場は、東京株式市場の下落を受けて円が堅調な推移となった。 ただ
し英系企業買収絡みのポンド円の買いに一旦反発気味となった。 また欧州通貨も
同様の企業買収絡みのポンド買いに値を上げた。 ユーロドルは、1.2675から1.2
772まで上昇し、ポンドドルは、1.5558から1.5690まで値を上げた。またドル円は、
98.10から97.49まで下落後、98.31まで反発した。 一方クロス円も株式市場の
軟調や直近の買い手からの投売りが強まり値を下げた。 ユーロ円は、123.80へ下
落後125.50へ値を上げ、ポンド円は151.91から154.25、オージー円は、豪企
業景況感・信頼感指数悪化を受けて65.93から64.84まで売り込まれたが、その後
66.38まで反発した。     

注意ポイント
若干不透明な動きが続いているが、恐ろしくドル円、クロス円の上値が重い。 直近
買い方の利食い&投売りが出ているイメージ。 安易な値ごろ感で買って良いのか疑
問が残る。 基本は戻りは引っ張って売り場探し。 買い方は深押しを待ちたい。 

続きを読む "2008年11月11日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年11月12日

2008年11月12日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
NY市場では、ベテランズ・デーで動意が薄いなか、ダウが一時300ドルを超える下
落となり、円買い、ドル買いが強まった。 ユーロドルが1.2507、ポンドドルが1.53
63まで下落し、ドル円は97.30の安値まで下落した。ただし、ドル円は、ダウの反発
に一時97.99-04レベルまで上昇しており、全体としては材料難から更に大きな動
きとなっていない。 一方クロス円も同様に、上値を抑えられて、欧州通貨の下落に値
を下げる展開。ユーロ円は123.38-43を上値に、121.84まで下落、 ポンド円は
151.48-58を戻り高値に149.79の安値、オージー円が65.04-09を上値に6
3.06まで下落した。その他NZD円が80.46、カナダ円が80.46、スイス円が82.0
8の安値まで一時値を下げた。     

注目ポイント
ドル円、クロス円の軟調な動きが続いているが、更に突っ込み売りの状況とは見えな
い。 ドル円も東京時間は最低97円台での動向で、注意は欧州通貨の更なる下値ト
ライとなりそうだ。

続きを読む "2008年11月12日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2008年11月12日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
12日の東京市場は、NYダウの下落を受けて、東京株式市場が軟調な推移となった
ことで、早期には円の買い戻し意欲が強まった。ただし、東京株式市場が下げ渋った
ことや15日にワシントンで開催される金融サミットに先立ち、日本・中国・韓国による
緊急財務相会合を開催するとの発表、大きな材料に薄いこともあり、引けにかけては
売り戻しが強まった。 ドル円は97.68から97.15まで下落後、98.08まで反発。
その他クロス円も総じて反転となり、ユーロ円が121.23から123.36、ポンド円が14
9.04から151.75、オージー円が63.54から65.33、NZD円が55.30から56.8
6、カナダ円が80.30から81.79、スイス円が81.67から82.94まで一時値を上げ
た。また欧州通貨もクロス円の買いに反発となり、ユーロドルが1.2477から1.2633、
ポンドドルも1.5347から1.5479へ値を上げた。   

注意ポイント
水曜日ということもあり、一応ドル円、クロス円は下げ渋り気味。 後はまたNYダウ次
第となりそうだが、基本は週末の緊急サミットを前に、揉合いとなりそう。

続きを読む "2008年11月12日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年11月13日

2008年11月13日(Asian Time)  FX Strategic Co-op

前日海外市況
 12日のロンドン市場では、弱い英雇用統計や英中銀インフレ・レポートを受けて、
ポンド売りが強まり、ダウの先物下落を受けて、東京での反発からドル円、クロス円が
再度売りを浴びせられる形となった。NY市場でも寄付きからダウが下落を強め、円
全面高に加えてドルの買い戻しが大きく進んだ。 NYダウは、結局400ドルの安値
で引けたことで、一時ダウの戻りを見てショート・カバーが強まった相場も、ドル円、ク
ロス円は安値圏に再下落して引ける結果となった。ドル円は、一時94.48まで下落
後、95.90-95まで回復したが、再度95円割れに押し戻された。またユーロ円は、
118.10から120.48-53レベルまで反発後、118.27-32レベルへ再下落、ポ
ンド円が141.00から144.59-69まで反発後、141.28-38レベルへ値を下げ
た。 その他オージー円が60.05、NZD円が52.45、カナダ円が76.45、スイス円
が76.45まで一時急落した。一方欧州通貨もクロス円の売りに圧迫される結果となり、
ユーロドルが1.2466の安値、ポンドドルは、2002年6月来の1.4898まで下落し、
オージードルが0.6350の安値、NZDドルが0.5553の安値まで値を下げた。   

注目ポイント
ドル円、クロス円は悲観的なムードだが、未だテクニカル的には、2番底形成の可能
性もあるレベル。 この状況は最大の注意を払って対応したい。

続きを読む "2008年11月13日(Asian Time)  FX Strategic Co-op" »

2008年11月13日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
13日の東京市場は、昨晩のNY市場の円急騰を受けて、早朝から投機的な円買い
が強まったが、下値では本邦機関投資家や個人投資家のバーゲン・ハントの円売り
が入り、ショート・カーバーを伴いドル円、クロス円が急速に値を回復した。ドル円は
94.53まで下落したが、その後は96.10まで上昇。ユーロ円も117.65から120.
02へ反発し、ポンド円は140.21から143.63まで値を上げた。一方欧州通過が揉
み合い気味もクロス円の売りに値を圧迫され、ユーロドルは、1.2507から1.2388
まで値を下げ、ポンドドルは、1.4970から1.4810まで下落した。 

注意ポイント
ドル円、クロス円は戻り気味だが、反発ではやれやれの売りが出易く、短期的には利
食い優先となる。また昨日の安値、本日の安値が戻り安値として維持されると、2番
底期待が高まるがしっかりと確認する必要が残るので注意。

続きを読む "2008年11月13日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年11月14日

2008年11月14日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
13日のロンドン市場では、独7-9月期GDPの悪化を受けて、リセッション入りとの見
方からドル買いが強まった。 ドル円、クロス円は、ダウ先物の反発を受けて買いもど
しが優勢となった。 NY市場では、ダウが一時一週間ぶりとなる8000ドル割れまで
下落したことで、円の買い戻しが一時強まったが、その後は逆に大きな反発となり、最
終的に590ドル高を実現したことで、円が全面安となった。 ドル円は、95.13まで下
落後、98.30まで上昇、ユーロ円は118.50-55から、1125.99まで上昇し、ポン
ド円が東京市場の安値を下回り138.92の安値まで下落後、145.80へ上昇。 オー
ジー円は60.37-42から65.37まで強い上昇となった。 一方欧州通貨も早期に
は値を下げたが、クロス円の上昇に伴いショート・カバー気味に上昇した。 ユーロド
ルは、1.2857まで上昇。 ポンドドルは、1.4557の2002年6月来の安値まで下落
したが、その後は1.4893-98レベルまで反発した。またユーロポンドは、0.8663
1と史上最高値を更新した。     

注目ポイント
円が全面安となっているが、若干行き過ぎ感。 上値追いは出来ず、買うならしっかり
とDips待ちが良い。

続きを読む "2008年11月14日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2008年11月14日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
14日の東京市場は、昨日の円全面安の相場からは、本邦資本筋、本邦輸出企業か
らの円の買いニーズ、投機筋からの利食いの売りで、ドル円、クロス円は高値圏から
調整気味となった。ただしその後は週末のワシントン緊急サミットを前に、小動きとなっ
た。ドル円は、98.10から96.80まで下落、ユーロ円は125.72から123.41まで
値を下げ、ユーロドルは1.2831から1.2725まで軟調推移となった。またポンドドル
は1.4768から1.4930、ポンド円は143.22から146.24、オージー円は63.67
から65.64での推移となった。      

注意ポイント
週末のワシントンの緊急サミットに関しては、市場にインパクトを与えるような合意が出
るかは不透明で、もし失望感となるなら来週週初めからギャップを空けて、ドル円、ク
ロス円相場が急落する可能性があることから、しっかりとポジション調整をして対応し
て頂きたい。 確かに逆に好感して、上昇することもあるので何とも言えないが、ともか
く週初のギャップ・ダウン、ギャップ・アップを空けるような動きがありそうで、特に東京
市場の開始が午前7時となることから、ストップを入れておいても、想定外の価格で約
定するケースが散見されるので注意。 売りでも買いでも長期保有のポジションを除
いては、しっかりと整理しておくことが大事となりそうだ。

続きを読む "2008年11月14日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年11月17日

2008年11月17日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
 14日のロンドン市場は、シュタルクECB理事の「追加利下げの可能性を否定せず」
との発言を受けてユーロ売りが先行したが、週末の緊急サミットを前に、全般的に方
向感の薄いマーケットとなった。 NY市場では、乱高下した株価の動きに上下に振
れる展開となった。 序盤は米10月小売売上高が、統計開始来で最大の下げ幅となっ
たことを受けて、NYダウが寄付きから350ドル近く下落したことで、円買いが強まった
が、バーナンキFRB議長が「世界の中銀は追加措置の準備が整っている」と発言し
たで、安心感が広がり、ダウが反発するとショート・カバーのドル円、クロス円に買戻し
が入った。 ただし、NYダウは100ドル高から、引け際に急速に値を下げ、337ドル
安で引けたことで、ドル円、クロス円は高値を消した。一方欧州通貨は、東京時間か
らじりじりと売り込まれたが、米小売売上高を受けて、反転気味も引け際になって急速
に値を崩した。 ユーロドルは、1.2614から1.2800手前まで値を回復後、1.257
4まで下落して安値圏で引け、ポンドドルも1.4654から1.4957まで上昇後、1.47
00レベルまで急速に値を下げた。またドル円は、96.09の安値から97.71-76レ
ベルに反発後、96.75-80まで値を下げて、97円前半で引けた。一方クロス円もダ
ウに連動する形で神経質な上下を繰り返した。 ユーロ円は、121.35から125.08
まで上昇後、121.72-77レベルへ下落、ポンド円も140.90レベルへから146.0
1-11へ上昇後、142.38-48レベルへ下落、オージー円は64.98-53レベルか
ら62.60まで値を下げた。その他クロス円では、NZD円が53.42、カナダ円が78.
30、スイス円が80.53の安値まで一時値をさげた。

注目ポイント
早朝から円買いが強まっているが、週末のサミットで何も出ないのは織り込みで、早
朝の下げが既に何もなかったことを再度織り込みに行った形もあり、あまり突っ込んで
円を買うのはちょっと厳しそう。あくまでドル円、クロス円は売るなら十分戻ったところで
心がけたい。

続きを読む "2008年11月17日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2008年11月17日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
17日の東京市場は、ワシントン緊急サミットへの失望感から、早朝のシドニー市場か
ら円買いが進んだが、日本の国内総生産(GDP)が2・四半期連続でマイナス成長に
陥ったにも関わらず、東京株式市場が堅調な推移となったことを受けて、本邦輸入
企業やシカゴ筋のショート・カバーの買戻しで、円は軟調推移となった。ドル円は96.
89から95.87まで下落後、97.56まで反発。ユーロ円も121.81から120.20ま
で下落後、122.86まで上昇した。またユーロドルは、ユーロ円の買いもあって、1.
2512から1.269まで値を上げ、ポンドドルは1.4648から1.4790での推移となっ
た。その他クロス円は総じて堅調な推移となり、ポンド円が140.41から144.06、オー
ジー円は、キリンの豪州コカコーラ会社の買収期待で、61.00から63.30まで上昇
し、NZD円は52.45から54.12、カナダ円は77.25から79.03、スイス円は79.
85から81.46まで値を上げた。

注目ポイント
後は、NYダウ次第と言うところか? ただし、日経の上げを好感する形も想定される
ことから、円は軟調気味な日となるか注目したい。

続きを読む "2008年11月17日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年11月18日

2008年11月18日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
17日のロンドン市場は、欧州通貨が買い優勢となり、欧州株や米株先物が上昇幅を
拡大する動きに伴って、クロス円も堅調な推移となった。 NY市場では、10月の米
鉱工業生産指数が前月比1.3%上昇と市場予想よりも強い結果となったが、NYダ
ウが不安定な動きで、マイナス圏からプラス圏に一時回復して、円売りが強まる局面
はあtったが、結局ダウがマイナス223ドル安で引けたことで、ドル円、クロス円は安値
圏での引けとなった。ユーロドルは、ロンドンの安値となる1.2621-26から1.2742
まで上昇、ポンドドルも1.5083の高値をつけた。 またドル円は、ダウの下落を受け
て、96.20-25まで下落後、97.23-28へ上昇したが、再度96円台前半に押し
戻された。 一方クロス円も総じて堅調な動きから引けにかけて値を崩した。 ユーロ
円が121.64-69から123.91へ上昇後、122円前半に下落、ポンド円が142.56
-66から146.52へ上昇後、144.30-40へ値を下げ、オージー円は62.19-2
4から64.10の高値へ上昇後、62.45-50へ下落した。

注目ポイント
材料難から揉合い気味の展開が想定されるが、株価次第は相変わらず。

続きを読む "2008年11月18日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2008年11月18日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
18日の東京市場は、新規の材料の見当たらない中、もみ合う展開となり、欧州通貨も
小動きの展開となった。ユーロドルは、1.2665から1.2580まで推移し、ポンドドル
は、1.4940から1.5090までの動きとなった。またドル円は、96.24から96.79で
の神経質な推移となった。一方クロス円は、東京株式市場の下落スタートや豪準備
銀行理事会議事録で大幅追加利下げが示唆されたことへの下落後のもみ合いに連
れて、全般的に小動きの展開となった。ユーロ円は、121.44から122.37まで推移
し、ポンド円は、145.73から143.83まで、オージー円は、62.75から61.86の間
でもみ合った。

注意ポイント
市場が方向性を失っており、引き続き株価睨みとなる。           

続きを読む "2008年11月18日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年11月19日

2008年11月19日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
 昨晩の海外では、米11月NAHB住宅市場指数が過去最低水準となったことを受
けて、一時200ドル高を示現していたNYダウが、120ドル安まで下落となり、高値圏
にあった、クロス円、ドル円が下値模索となったが、ダウが引けにかけて急速に反発し
たことで、行って来いのそう場展開となった。一方欧州通貨は、クロス円の買いに堅
調な推移となったが、クロス円が下げに転じると日中の安値を更新した。 ユーロドル
は、1.2701まで上昇後、1.2566へ下落、ポンドドルは1.5091から1.4901へ値
を下げ、ドル円は、69.03の安値から97.42まで上昇後、96.30-35まで値を下
げた。 またユーロ円が123.59、ポンド円が146.54、オージー円が64.01、NZD
円は54.04、カナダ円79.62、スイス円が81.32の高値まで一時値を上げたが、そ
の後は総じて日中安値圏へ再調整となった。
 
注目ポイント
ドル円、クロス円は思ったより軟調な動き。ただし、総じて揉み合いの範囲は変わらな
い見通しで、しっかりとレンジを見ながら逆張りスタンスとなる。

続きを読む "2008年11月19日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2008年11月19日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
19日の東京市場は、米自動車業界救済法案を巡る米政府と議会の混乱を嫌気し
た東京株式市場の軟調推移を受けて、円が堅調な推移となった。 ドル円は、97.1
2から96.33まで値を下げ、ユーロ円が122.70から121.48、ポンド円は145.41
から143.85、オージー円が63.31から61.98、NZD円は53.66から52.74、カ
ナダ円は78.84から78.10、スイス円は80.80から79.97まで値を下げた。また欧
州通貨が材料難から揉み合い気味の展開で、ユーロドルは、1.2606から1.2648、
ポンドドルは、1.4906から1.4996での推移となった。

注目ポイント
今日は揉み合い気味だが、やはり最近の水曜日は、大きく値を崩すことが多いので
注意。

続きを読む "2008年11月19日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年11月20日

2008年11月20日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
 NY市場では、一時優勢だったドル売りから一転して、ドルの買い戻しが強まった。
米系からの纏まったポンドやユーロ買いが出ていた模様だが、大きな理由は見当た
らない。 またNYダウは、米10月消費者物価指数の落ち着きや予想より改善した10
月住宅着工件数を受けて、プラス80ドル高でスタートしたもののその後、400ドルを
超える下落となり、一時本日高値まで上昇していたドル円、クロス円は、逆に日中の
安値を割り込み円が全面高となった。 ポンドドルは、英MPC議事録で、2%までの
利下げを検討したことが明らかになったが、これを悪材料と採らず、1.5249まで値を
上げたが、ロンドン・フィキシンング後は、1.4903まで下落。ユーロドルも1.2815の
高値から1.2484まで急速に値を下げた。一方円絡みでは、クロス円の買いに伴っ
て、ドル円は97.12まで上昇後、ダウの下落を受けて、95.66へ下落、ユーロ円は1
24.30の本日高値到達後、119.50と東京時間の安値を割り込んで値を下げた。
その他ポンド円が147.90から143.03、オージー円が63.87から60.85、NZD円
が53.83から51.75、カナダ円が78.92から76.22、スイス円は81.10から78.8
9まで下落した。
 
注目ポイント
驚くべき鬼門の水曜日が続いているが、逆に水曜日に陰線をつけた翌日はどうかと
調べてみると、10月からの7週中、翌日も陰線だったのは、3週、陽線をつけているの
が4週ということで、こちらはあまり、手がかりとならないので付け加えておく。 

続きを読む "2008年11月20日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2008年11月20日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
20日の東京市場は、昨晩のNYダウの大幅下落、東京株式市場の大幅安やGMの
破綻の噂を受けて、ドル売りが強まる展開となった。ユーロドルは、1.2470から1.
2537まで上昇し、ポンドドルは、1.4897から1.4996まで値を上げた。またドル円
は、96.12から94.97まで下落した。 一方クロス円は、軟調な株式市場やリスク回
避の円買いが強まり全般的にクリティカルなレベルまで下落した。 ユーロ円は、12
0.15から118.53まで下落し、ポンド円は143.87から141.73、オージー円は、
61.48から60.17まで下落し、スイス円は今年の安値を割り込み一時78.35付近
の安値まで下落となった。

注目ポイント
ドル円は、一旦正念場の95円処に迫ったが、辛うじてこの位置を維持しており、未
だ確定ではないが、こういった維持ではそう悲観する状況とは見えない。 十分注意
して対応して頂きたい。

続きを読む "2008年11月20日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年11月21日

2008年11月21日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
昨晩の海外市場では、一時年初安値を更新して2003年3月以来の水準となる77
74.58まで下落していたNYダウが、レビン米上院議員の「米上院の一部議員、自動
車業界救済で党派を超えて合意した」とのコメントを受けて、プラス190ドルまで上昇。
円の売り戻しが出たが、その後は米自動車業界救済の討議が12月へ持ち越された
ことが確定的となり、失望感からダウが一時500ドル安値まで値を下げて、円が全面
高となった。ドル円は94.27から96.25へ反発後、 93.74まで下落。ユーロ円も1
17.84から121.20へ上昇後、116.45へ急落し、ポンド円は139.18から142.7
0へ上昇後、137.70と今年の安値を割り込んだ。その他オージー円が56.87、NZ
D円が48.67、カナダ円が72.15、スイス円はスイス中銀の利下げを受けて、年初
来安値を割り込み76.24まで下落した。 またユーロドルも1.2433、ポンドドルも1.
4713の安値まで値を下げた。
 
注目ポイント
円が急騰となったが、さすがに突っ込み売りは厳しい。一旦週末の買い戻しもありそう
で、十分反発を待って売り姿勢となる

続きを読む "2008年11月21日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2008年11月21日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
 21日の東京市場は、昨日NYダウが今年の安値を更新したにも関わらず、東京株
式市場が、本邦年金による買いやシティ・グループの再建策が好感して、堅調な推
移となったこと。 また日銀金融政策決定会合での流動性供給検討やFOMCが緊
急ミィーティングを開催との噂から、円の売り戻しが進む展開となった。 また欧州通
貨は、材料難から保合的な状況もクロス円の買いに底堅い推移となった。 ドル円は、
93.65から95.17まで上昇、ユーロ円も116.45から119.30まで値を上げ、ポンド
円は137.89から141.47へ上昇した。 またユーロドルは、1.2423から1.2548、
ポンドドルは1.4716から1.4874へ一時値を上げた。

注意ポイント
週末ということで、一旦ポジション整理の円売りもありそうだが、やはりNYダウ次第。
こちらもショート・カバーが支えてくれればと思うが、GMやシティの新たなニュースに
神経質な動きとなりそうで注意。 尚、来週月曜日(24日)は、東京市場祝日で休場
のため、Asian Timeの配信をお休みさせていただきます。ご迷惑をお掛けしますが、
よろしくお願い致します。   

続きを読む "2008年11月21日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年11月24日

2008年11月24日(Asian Time)  FX Strategic Co-op

21日のロンドン市場は、FRBの緊急ミィーティングの噂や米シティ・グループの合
併期待感から、ダウ先物や欧州株が反発するなか、ドル円、クロス円の買い戻しが続
いた。NY市場でも材料難の中、ダウが寄り付きから170ドル高まで上昇したが、その
後マイナス圏に転落するとドル円、クロス円に利食いが強まった。ただし、NY引けに
かけて、オバマ次期大統領がガイトナー元NY連銀総裁を財務長官に指名する方針
と報道されたことを好感して、ダウが一時500ドル高まで上昇するとドル円、クロス円
が日中の高値を更新して週末の取引を終了した。また欧州通貨も一時堅調な上昇と
なったが、トリシェECB総裁の引き続き利下げを示唆するような発言やロンドン・フィキ
シングでの売りに急速に値を下げたが、下値では公的資金やリアル・マネーの買い
に支えられた。 ドル円は、ロンドン時間の高値95.50から94.40-45レベルへ下
落したが、下値では公的資金の買いが噂されており、揉み合いながら95.99まで上
昇して高値圏で引け、ユーロ円は120.50から117.95-00へ下落後、120.82と
日中に高値を更新し、ポンド円は143.24から139.47-57へ下落後、高値圏に再
上昇、オージー円は59.93から58.45-50へ下落後、60.72の高値をつけた。
またその他ではNZD円が51.58、カナダ円が75.75、スイス円が78.55の高値を
つけて、高値圏で終了した。 一方ユーロドルは、1.2637の高値から1.2438へ下
落後、1.2600へじりじり値を上げ、ポンドドルは1.5060の高値から1.4700-05
レベルへ下落後、ショート・カバー気味に1.4934-39レベルへ値を上げた。   

注目ポイント
24日のAsian Timeは、東京市場休場のためお休みとさせて頂きます。

続きを読む "2008年11月24日(Asian Time)  FX Strategic Co-op" »

2008年11月24日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
24日のアジア市場は、東京市場が勤労感謝の日で休場なことから、静かなスタート
となったが、先週のショート・カバー的なダウの上昇から、アジアでNYダウ先物が下
落し始めたことで、円の買戻しが強まった。ただし、これも米財務省がシティ・グルー
プに追加資本注入をするとの報道に売り戻しとなった。 ドル円は、96.08から94.
94まで下落後、95.55-60へ反発。ユーロ円も121.47から119.55まで値を下
げた後は、121円台を一時回復した。またその他クロス円では、ポンド円が143.65
から141.04まで下落して、オージー円が61.32から59.19、NZD円が51.83か
ら50.19、カナダ円が75.87から74.30、スイス円が78.82から77.83まで下落
した。 一方欧州通貨は揉み合い気味も堅調な推移となり、ユーロドルは、1.2577
から1.2678まで値を上げ、ポンドドルは、1.4842から1.9658まで反発した。      

注意ポイント
若干動きがChoppyとなっており、不透明感が強いので注意。NYダウ次第は、方向
感がないなら尚更かもしれない。

続きを読む "2008年11月24日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年11月25日

2008年11月25日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
24日のNY市場は、米株が米政府によるシティグループ救済を好感して上昇して一
時500ドル近い上昇をしたことで、弱い米10月中古住宅販売件数を無視して、ドル
売り・円売りが進んだ。 ドル円は、97.35の高値、ユーロ円は126.08、ポンド円が
147.82、オージー円が63.68、NZD円53.47.76、カナダ円が79.03、スイス円
が81.63まで値を上げた。また欧州通貨もクロス円に準じて値を上げ、ユーロドルは
1.2954の高値、ポンドドルも1.5187まで値を上げた。 オバマ次期大統領は会見
を行い、次期政権における経済チーム主要ポストの人選について、正式に財務長官
にはガイトナーNY連銀総裁、国家経済会議(NEC)委員長にサマーズ元財務長官、
米大統領経済諮問委員会(CEA)委員長にはロマー教授を指名したことも安心感を
誘った。      

注目ポイント
基本的に高いドル円、クロス円の上値追いはできず、戻り売り中心。 買いは十分ひ
きつけるスタンスとなる。 

続きを読む "2008年11月25日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2008年11月25日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
 25日の東京市場は、昨日のNYダウの大幅上昇から円が売られたものの、本邦輸
出企業からのドル売りや利食いの売りに円が買い戻される展開となった。 また今夜
のオバマ次期米大統領の記者会見を控えたポジション調整なども散見された。 ド
ル円は97.44から96.24まで下落し、ユーロ円は、126.23から123.50、ポンド
円は147.91から145.13、オージー円は63.69から61.45、NZD円が53.51
から51.79、カナダ円が79.13から77.41へ値を下げた。また欧州通貨もクロス円
の売りに軟調気味で、ユーロドルは1.2960から1.2821、ポンドドルは、1.5189
から1.5068まで値を下げた。

注意ポイント
若干揉み合い推移となっているが、やはりダウ次第。 一応直近安値から1000ドル
以上上げており、調整があっても良さそう。      

続きを読む "2008年11月25日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年11月26日

2008年11月26日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
25日のロンドン市場では、ダウの先物の下落を受けて、円やドルの買い戻しが出た
が、NY市場では、FRBが、GSE債務、住宅ローン担保証券を最大6000億ドル購
入と発表したことを受けて、序盤は円の売りが強まった。ただし、一時160ドル高まで
上昇していたダウが失速すると利食いが強まり、感謝祭を前にしたポジション調整の
動きに終始する展開となった。 経済指標としては、米第3四半期GDPやデフレーター
の改定値が予想通りで、米11月消費者信頼感指数が市場予想より強く、11月リッチ
モンド連銀製造業指数、米9月住宅価格指数、9月ケースシラー住宅価格指数ともに
予想より悪い内容となったが、市場はこういった材料に大きく反応していない。 また
欧州通貨は、ポンド買いをきっかけとしてドル売りが強まった。特にポンドが対ユーロ
で買い戻される流れから、ユーロポンドが0.8399まで下落したことで、ポンドドルが1
1月12日来の1.5534の高値まで上昇、ユーロドルもこれに連れて1.3081の高値
まで値を上げた。またドル円は、96.70台まで反発後、94.94の安値まで下落した。
 一方クロス円はまちまちの動きとなったが、神経質な上下を繰り返す動き。 ユーロ
円は122.65まで下落後、125.91-96まで反発したが、その後は123.10-15レ
ベルへ値を下げ、ポンド円は148.09-19から145.25-35へ下落後、日中の高
値を更新する148.63まで上昇し、オージー円は、60.70のロンドン開始時点の安
値から63.64-69へ上昇後、再度60.96-01レベルまで下落した。      

注目ポイント
NYでは、水曜日や感謝祭休暇を前に、ポジション調整からフローに振らされる乱高
下的な上下を繰り返す展開となった。 東京時間でもこういった動きが出るか注目とな
りそう。

続きを読む "2008年11月26日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2008年11月26日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
26日の東京市場は、東京株式市場が軟調に推移したことで円の買戻しが強まった。
ドル円は95.56から94.72まで軟調に推移し、ユーロ円も124.63から122.86ま
で下落した。一方欧州通貨でも欧州中銀定例理事会での追加利下げ観測から、昨
日のドル売りに利益確定意欲が強まりドルの買い戻しとなった。ユーロドルは1.30
70から1.2946まで値を下げ、ポンドドルも1.5309から1.5483まで下落した。
その他クロス円も同様な展開で、ポンド円が147.49から145.33、オージー円が6
2.10から60.97、NZD円が52.44から51.61、カナダ円が77.99から77.02、
スイス円が80.53から79.490まで値を下げた。      

注意ポイント
少しドル円、クロス円は突っ込み売り過ぎた感じが強く、ロンドン、NYへかけてショー
ト・カバーがありそう。 ただし、鬼門の水曜日はNY午後の株式の動きがキーとなる
ので注意。 流石に今週も陰線?とは思わないが、注意して対応したい。 

続きを読む "2008年11月26日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年11月27日

2008年11月27日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
26日のロンドン市場は、小動きの中、ユーロに利食い売りが散見されたが、中国の
利下げ報道を受けて円の売り戻しが出た。 NY市場は、経済指標の発表が多いな
か、、米10月個人所得や新規失業保険申請件数は市場予想より強い内容となった
が、その後の10月耐久財受注、11月シカゴ購買部協会景気指数、11月ミシガン大
学消費者信頼感指数・確報値と総じて弱い数字となったが、感謝祭前で動意は薄く、
ダウが寄り付きから130ドル近いマイナスとなったことで、ロンドンからの反動的な円
買いが強まった。 ただし、引けに向けてダウが休日前のショート・カバーから200ド
ル越えに上昇したことで、再び円が売り戻されたが、上値の重い展開は継続した。
ドル円は、95.42-47まで反発後、東京の安値を下回り94.60まで値を下げ、その
後95.95まで反発して95円ミドルに押し戻されて引けた。 ユーロドルは利食いが優
勢で、1.2819まで下落、ポンドドルも1.5176まで値を下げた。 一方クロス円も方
向感に薄い上限を繰り返した。 ユーロ円が121.93へ下落後、123.80へ反発、ポ
ンド円は144.52まで下ヒゲを描いたが、147.30-35レベルへ反発して、オージー
円は62.74、NZD円は53.08の日中高値まで上昇した。      

注目ポイント
本日は休暇ムードで動意が薄い可能性もありそう。 基本的に大きな動きがないなら、
上下に振れたときは、割り切りの逆張りとなる。

続きを読む "2008年11月27日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2008年11月27日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
27日の東京市場は、昨日のNYの上昇を受けて、日経平均が一時250円近く上昇
したが、インドのテロ事件を受けて、ムンバイ市場が閉鎖となったことを受けた地政学
リスクの高まりから、上値は重く伸び悩んだことを受けて円がじりじりと買われる展開と
なった。 ただし、全体的にNY市場が感謝祭で休場となることから、商いは低調だっ
た。 ドル円は、95.72から94.99まで値を下げ、ユーロ円も123.55から122.45
まで下落した。 またユーロドルは、1.2869から1.2938、ポンドドルは1.5313か
ら1.5445で揉み合い的な堅調推移となった。 その他クロス円では、ポンド円が14
6.82から145.64へ値を下げ、オージー円が62.56から61.59、NZD円が52.
98から52.07、カナダ円が77.94から77.20、スイス円が79.17から79.62での
推移となった。       

注意ポイント
基本は感謝際で、動意の薄い展開を想定したい。

続きを読む "2008年11月27日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2008年11月28日

2008年11月28日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
27日の海外市場は、米感謝祭の主要市場が休場の中、薄商いの揉み合いが続い
た。ドル円は、ダウ先物の堅調を受けて、東京時間の安値94.99から一時95.60レ
ベルへ上昇したが、ロンドン勢が引き上げた後は、95.35-50内でほとんど動きが
なくなった。 またユーロドルは、1.2859へ一時下落。ユーロ円はロンドンでつけた
日中高値の123.65からは122.70-75レベルに小緩んだ。その他ポンド円が、ロ
ンドン時間に一時147.84-94レベルへ上昇、オージー円が東京日中の高値を超
えて63.08、NZD円が高値圏の52.94-99レベルへ値を上げた。      

注目ポイント
今日も感謝祭の影響が残り閑散の予想で、東京では出だし無用。 次の方向感を見
て対応したい。

続きを読む "2008年11月28日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2008年11月28日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
28日の東京市場は、引き続き米国の感謝祭で休暇ムードから、静かな取引となっ
たが、序盤は月末仲値不足観測で、一時円が売られ気味も、利食いや輸出の売りに
押される展開となった。また日経平均株価は堅調に推移したが、昨日からこれに対す
る反応は限定的となっている。 ドル円は、95.20から95.61へ上昇後、95.16へ
一時反落した。 欧州通貨は揉み合いも堅調な推移が継続し、ユーロドルは、1.28
80から1.2958へ値を上げ、ポンドドルは1.5367から1.5442での推移となった。
一方クロス円も揉み合い気味で、ユーロ円は122.69から123.45、ポンド円は146.
25から147.21、オージー円は62.32から62.83、カナダ円は、76.94から77.4
3、スイス円は79.17から79.66での推移となった。       

注意ポイント
本日のNYダウは、前場で終了のため注意。また引き続き動意は薄いものと見られる。 

続きを読む "2008年11月28日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

About 2008年11月

2008年11月にブログ「だいまん Daily FX」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年10月です。

次のアーカイブは2008年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。