« 2009年01月 | メイン | 2009年03月 »

2009年02月 アーカイブ

2009年02月02日

2009年02月02日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
30日のロンドン市場は、英経済指標を受けて、ポンド買いが強まった。NY市場で
は、予想より強めの米第4・四半期GDP・速報値や1月シカゴPMが市場予想平均
を下回り、1月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値も、速報値から下方修正され
たことには、反応は限定的で、週末のポジション調整からドルやポンドが強含みの
展開となった。 NYダウは、CNBCが「バッドバンク構想について、機能の方法につ
いて協議がまとまらず設立しない可能性もある」と報じるたこともあり、大幅続落とな
り、クロス円中心に頭の重い展開が続いた。ユーロドルは、ユンケル・ルクセンブル
ク首相兼財務相が「ECBは追加利下げの余地がある」との発言したこともあり、1.
2999-04を高値にじりじりと1.2763まで下落。 ポンドドルは、5日英MPCで
金利が据え置かれるとの思惑を背景に、1.4544まで上昇、ユーロポンド相場は、
0.8801まで下落した。またドル円は、89.15を下値に一時90.07-12まで反
発した。 一方クロス円は、ポンド円を除いて軟調で、ポンド円は130.90の高値ま
で上昇したが、ユーロ円は114.59の安値、オージー円が56.95、NZD円が4
5.27、カナダ円が72.15、スイス円が676.85まで値を下げた。                

注目ポイント
週初から円、ドルが堅調な推移だが、今週はイベントが多いので、荒れる相場に注
意。 しっかりと利食いのスタンスを維持したい。 

続きを読む "2009年02月02日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年02月03日

2009年02月03日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
2日のロンドン市場では、ポンド売り、オセアニア通貨売りが続き、円は高値トライと
なった。 NY市場では、米1月ISM製造業景況指数が、予想より強かったこともあ
り、NYダウは、一時140ドル近い下落から下げ渋りを見せたことから、ドルや円の
売り戻しとなった。 ユーロドルは、1.2706の安値から1.2900にワンタッチとな
り、ポンドドルも1.4052の安値から1.4537へ上昇、ドル円は88.80から89.9
9まで一時上昇。 88.80以下のストップをつけられず、ショート・カバーが優勢とな
った。一方クロス円でも、安値つき後、比較的堅調な反発となった。 ユーロ円が11
3.09の安値から116.00と本日高値を更新、ポンド円は125.32から128.60
レベル、オージー円は55.56から57.15、NZD円は44.24と今年の安値を更新
後、45.32-37レベルへ反発した。 その他カナダ円が71.74から72.72-7
7、スイス円が76.18から77.65-70レベルへ上昇した。                

注目ポイント
昨日の下落で一旦下値も固く、本日は揉合い気味を想定したい。 

続きを読む "2009年02月03日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年02月03日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
3日の東京市場は、日銀が銀行保有株買い取りを再開するとの発表を受けて、
円が軟調推移となった。 ただし、株価が結局マイナス圏で引けたこともあり、更に
円売りが進む環境とはならなかった。 欧州通貨では、英欧利下げ観測にも、木曜
日を前にショート・カバーが優勢な展開。ユーロドルは、1.2805から1.2914まで
一時上昇し、ポンドドルも1.4168からら1.4273での推移となった。またドル円は
89.27から90.00まで一時上昇したが、上値は輸出企業や本邦機関投資家の
売りにキャップされた。 一方クロス円は総じて堅調な動きで、ユーロ円が114.37
から116.10、ポンド円が126.71から128.27へ値を上げ、オージー円は、豪
州中銀が予想外の1%の利下げを発表したが、豪政府による420億豪ドルの追加
景気対策の同時発表を受けて、強い景気対策が実行されているとの見方から、5
6.20から57.67まで上昇し、NZD円も44.75から45.93まで値を上げたが、
カナダ円は71.65から72.45での揉合い推移となった。         

注意ポイント
水星の順行への戻りをどうにか無難にこなしたこともあり、 今日は雰囲気的には、
円安傾向と見たい。また悪くても揉合い気味か? 

続きを読む "2009年02月03日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年02月04日

2009年02月04日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
3日のロンドン市場は、大雪の影響もあってか静かな動きとなった。ただし、ドル円
では、90円にオプションの設定が大口に控えているとの噂がから、上値が重い展
開となった。NY市場では、ドル売りが優勢。 主だった理由は見つからないが、テク
ニカル的な買い戻しや木曜日の金融政策の発表を前に、ポジション調整が強まった
模様。米経済指標としては、12月中古住宅販売保留が、前月比+6.3%となり、
市場予想のよりも強い結果となったが、ダウは寄り付き上昇から、買い材料の乏し
い中、モトローラの配当停止やダウケミカルの赤字決算発表を受けて、一時30ドル
安へ下落後、最終的に160ドル近い上昇となったことで、クロス円中心に円が軟調
な推移となった。 ユーロドルは、1.2805から1.3058まで強い上昇、ポンドドル
も1.4154から1.4485まで上昇し、ドルは88.59の安値まで下落となった。た
だし、その後はクロス円の上昇に、89.45-50レベルへ反発した。 またオセアニ
ア通貨は買い戻しが優勢で、オージードルが0.6543、NZDドルが0.5152まで
値を上げた。一方クロス円は、欧州通貨の上昇に堅調な反発となった。 ユーロ円
が116.72、ポンド円が129.37、オージー円が58.43、NZD円が46.00、カ
ナダ円が72.75、スイス円が78.32まで一時値を上げた。                

注目ポイント
今日は円が軟調気味となりそうだが、水曜日ということもあり、上値ではしっかりと
利食いのスタンスが重要そう。                              

続きを読む "2009年02月04日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年02月04日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
4日の東京市場は、東京株式市場が堅調に推移したことで、円は軟調推移となっ
たが、午後になって、本邦資本筋や投資家から債券の償還に絡む大口の円転売り
が出て、夕方になって円が急騰した。 ドル円は89.32から89.70まで上昇後、8
8.83まで急落。ユーロ円も115.82から117.04へ上昇後、115.17まで急落
となり、その他クロス円は同様の展開となり、ポンド円が129.48から127.29、
オージー円もファンド筋の大口売りで、58.48から56.61まで下落、NZD円が4
6.09から44.78、カナダ円が72.96から71.65、スイス円が78.50から77.
48まで値を下げた。 一方欧州通貨もこの影響を受ける形で、ユーロドルは1.29
55から1.3071まで上昇後、中東筋の売りで1.30割れに下落、ポンドドルも1.
4470から1.4325へ値を下げ、ドルスイスは、1.1408から1.1480まで値を
上げた。         

注意ポイント
夕方になって、円が急騰。チャートを崩す変な動きとなっているので注意が必要だ
が、更に下落が直に進む感じもなく、突っ込み売りは厳しそう。 ただ戻りが重くなる
可能性が高く注意。

続きを読む "2009年02月04日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年02月05日

2009年02月05日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
4日のロンドン市場では、フィッチがロシアの信用格付けを引き下げたことや12月
ユーロ圏小売売上高指数の悪化を受けた、ユーロ売りが強まった。NY市場では、
米週間MBA住宅ローン申請件数、チャレンジャー人員削減予定、1月ADP雇用者
数、1月ISM非製造業景況指数と全て、予想を120ドル安で引けると利食いが優勢
となった。ユーロドルは、ECB理事会での利下げの可能性から1.2813まで下落
後、1.2933-38レベルまで反発、ポンドドルは、英MPCで金利据え置きとの見
方が継続しており1.4578まで上昇、ユーロポンドは0.8844まで下落した。また
ドル円は東京夕方の急落からは、じりじり値を上げ、東京時間の高値を若干超え
て、89.79へ上昇したが、高値圏を維持できていない。 一方クロス円も全般的に
東京の急落から、反転となったが、利食いに押される展開。 ユーロ円が114.22
から115.79-84まで反発したが、ポンド円は東京の高値を超えて、130.66ま
で一時上昇した。 その他オージー円が58.35-40レベル、NZD円が46.05-
10、スイス円が77.60-65へ値を戻し、カナダ円が73.28と本日高値を更新す
る局面もあった。                

注目ポイント
全体的に揉合いの様相で、未だしっかりと方向感となっていないので注意。逆張り
スタンスが基本となるが、こういった揉合いから次に動く方向には注意して対応した
い。

続きを読む "2009年02月05日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年02月06日

2009年02月06日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
5日のロンドン市場では、英MPCが政策金利を0.50%引き下げ、ECB理事会
が金利を据え置いたが、トリシェECB総裁が、悲観的な発言を繰り返したことで、ポ
ンド買い、ユーロ売りが強まった。 NY市場では、動きの激しい中、週間新規失業
保険申請件数が、60万件台に乗せ、オバマ大統領が「明日の雇用統計は、再び暗
い内容になるだろう」とコメントし、雇用不安が高まったが、時価会計ルール変更の
噂をうけてNYダウが、150ドル近い上昇となると円売り、ドル買いが強まった。 ド
ル円は一時92.25まで上昇、ユーロ円は118.91、ポンド円が135.63、オージ
ー円が60.70、NZD円が48.02、カナダ円が75.16、スイス円が79.39まで
一時上昇したが、その後は利食い売りに高値圏を維持できなかった。一方ユーロド
ルは、1.2760の安値から1.2891-96レベルへ反発、ポンドドルは1.4703
の高値まで一時上昇した。                

注目ポイント
強いドル円、クロス円の上昇となったが、高い感じが強く、中途半端な買いは危険
で、しっかりと下げ止まりを見て対応するのが無難。

続きを読む "2009年02月06日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年02月06日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
6日の東京市場は、昨日の円売りからは、本邦輸出企業からのドル売り、「米財務
省、米証券取引委員会(SEC)は時価会計ルールの適用凍結について協議していな
い」との関係筋の話を受けて、円の買い戻しが進んだが、全般的には米雇用統計を控えて動
意の薄い展開となった。 ユーロドルは、リーカネン・フィンランド中銀総裁が「欧州
中銀が3月理事会で利下げに踏み切ることは可能」と述べたことで、1.2812から
1.2747まで下落したが、ポンドドルは、1.4595から1.4727まで上昇し、ユー
ロポンドは、0.8665レベルまで下落した。 またドル円は91.34から90.72まで
値を下げたが、揉合い的となり、総じてクロス円も軟調なレベルを維持した。 ユー
ロ円が116.90から115.70へ値を下げ、ポンド円も133.84から132.43、オ
ージー円は、豪準備銀行・四半期金融政策報告で国内総生産、インフレ率が下方
修正されたことで、59.56から58.89まで下落、NZD円は47.14から46.46、
カナダ円は74.11から73.22、スイス円は77.65から77.32まで一時を下落し
た。        

注意ポイント
米雇用統計は、サプライズ的な良い数字に注意したい。また米景気対策法案の採
決が、今夜行われる予定だが、ネガティヴ・ニュースには注意となるので、週末の円
ショート、ドル・ショートのポジションの持ち越しは避けておきたい。 

続きを読む "2009年02月06日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年02月09日

2009年02月09日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
6日のロンドン市場では、米雇用統計を前に、ポジション調整主体の動きとなった
が、ポンドの買い戻しや円が売り戻される展開となった。 NY市場では、注目の米1
月非農業部門雇用者数が、マイナス59.8万人と予想のマイナス50-54万人を
大幅に上回り、同失業率も7.6%と予想より悪化したが、想定の範囲との見方か
ら、特に悪材料とはならなかったが、NYダウが米政府が景気刺激策への対応を加
速させるとの見方や来週発表予定の金融安定化計画に対する期待からから、200
ドル近い上昇となり、円売りが強まり、これにつれてショート・カバー的に欧州通貨に
も買い戻しが強まった。ユーロドルは、1.2993まで上昇、ポンドドルも1.4844と
1月19日以来の高値まで上昇し、ドルスイスは1.1592まで下落、ドル円は2月日
の高値に迫る92.22の高値まで一時上昇した。 またその他豪ドルが対ドルで0.
6802、NZドルも0.5365まで買われ、ドル・カナダは1.2190まで下落した。 一
方クロス円は総じて強い上昇を実現し、ユーロ円が119.73、ポンド円が136.8
0、オージー円が62.67、NZD円が49.42、カナダ円が75.38、スイス円が7
9.49、ランド円が9.60まで上昇した。                

注目ポイント
円が軟調気味も更に上値追いは厳しい。今夜のNY の景気刺激策や金融安定化
法案の行方を見る必要が高そう。

続きを読む "2009年02月09日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年02月09日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
9日の海外市場は、週末の軟調な円相場からは、予想外に軟調となった東京株式
市場や本邦輸出企業、投資家からの利食い売りで、円が堅調な推移となった。また
欧州通貨はクロス円の売りにつれたが、総じて揉み合いの動きとなった。ユーロドル
は、1.2992から1.2878へ値を下げ、ポンドドルも1.4874から1.4702まで値を
下げ、ドル円は92.42から90.88まで下落した。 一方クロス円では、一時ショート
カバー的に金曜日の高値を上回ったが、その後下落が大きく進んだが。 ユーロ円
が119.99から117.10、ポンド円が137.31から133.60、オージー円が62.45
から60.24,NZD円が49.10から47.60、カナダ円が75.76から74.10、スイス
円は79.68から78.03まで下落した。        

注意ポイント
円が堅調推移だが、テクニカル的には、どこか下げでの買いも、重要なイベントがあ
ることから、 慎重に下げ止まりを見て対応したい。 

続きを読む "2009年02月09日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年02月10日

2009年02月10日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
9日のロンドン市場では、東京での円買いから、ショート・カバー的な円売りが中心と
なった。NY市場では、米銀行救済策の発表が延期になったことを受けて、NYダウ
が軟調な推移となったが、揉合い的な流れの範囲であったことから、対欧州通貨で
のドル売りが強まると、ロンドン・フィキシングにかけて、クロス円の買い戻しが強ま
る局面も見えたが、更に大きな動きとならず、利食いが優勢となった。 ユーロドル
は、1.3095の高値まで値を上げ、ポンドドルも中東筋の買いから1.4986まで上
昇。 ドル円も91.80前後のオファーに上値を遮られ、91.30との揉合いでの推
移。 一方クロス円では、ユーロ円が120.04、ポンド円は137.33、オージー円
は62.76、NZD円は49.90の高値まで一時値を上げた。                

注目ポイント
米金融安定化策の発表が、本日の延びたことで、一命を取り留めている感じの円相
場。 ただし、引き続き東京では売りが強く、海外で買い戻しの流れとなるか注目と
なりそうだ。

続きを読む "2009年02月10日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年02月10日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
10日の東京市場は、CNBCの「米財務省、金融安定化策でバッドバンク構想取り下げ」報道
を受けて、円の買い戻しとなったが、その後米議会筋からの「米金融安定化策は、
不良資産買取で、政府単独ではなく官民のパートナーシップを想定、最大5000 億ド
ル相当の不良資産買取が可能」との話から、ショート・カバー気味となり、全般的に
は、今夜の金融安定化策の最終発表を待つ形となった。ドル円は91.51から90.98まで下落
後、91.67まで一時反発し、ユーロ円は、日経新聞の「ロシアが対外民間債務4000 億ド
ルの返済繰り延べ交渉」との記事をベースに、119.0から116.65まで下落後、ロシア政府が否
定したことで、117.95レベルに反発した。またユーロドルも同様に、1.301から1.2810
へ下落後、1.285レベルへ反発。ポンドドルは、1.474から1.4915での推移となった。
一方クロス円は、総じて上値の重い展開から、ポンド円が136.37から134.45、オージー円が
62.15から60.79、NZD円が49.32から48.25、カナダ円が75.26か
ら74.10での推移となった。        

注意ポイント
今晩は、米金融安定化策の発表を前に神経質となりそう。 また発表後は、NYダウの
反応次第か? 

続きを読む "2009年02月10日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年02月11日

2009年02月11日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
10日のロンドン市場では、対ポンド中心にユーロ買いの動きが継続した。ドル円、
クロス円では、米金融救済化策の発表を前に揉合いとなった。 NY市場では、ガイ
トナー米財務長官から、米金融救済化策が発表されたが、全般的に予想の域を出
ておらず、「Buy the Rumour、Sell the Fact」(噂で買って、事実で売る)との
展開となり、NYダウが一時420ドル近い下落となり、円が大きく買い戻された。
ドル円は、90.57の安値から一時91円台に乗せるも上値が重く、その後90.14
まで下落、ユーロ円は119.63の日中高値をつけた後、115.78まで大きく反落、
スイス円も79.43の日中高値から77.57まで下落したが、東京時間の安値は守
られた。 またポンド円は、日中安値を割り込み130.36、オージー円が58.46、
NZD円が46.70、カナダ円が72.18まで下落した。一方欧州通貨では、ユーロド
ルが1.3075から、ロンドン・フィキシングでの売りを受けて、ユーロ円の売りが被
さり1.2810まで下落、ポンドドルが終始下げを強め、1.4458の安値まで値を下
げた。                

注目ポイント
円が急騰となったが、更に円買いは疑問。 逆にドル円、クロス円は慎重な買い場
探しとなる。 尚東京市場休場のため、一部のペアに限って配信しています。

続きを読む "2009年02月11日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年02月11日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
11日のアジア市場は、昨日のNY市場からの円の急騰からは、一時買い戻しが
優勢となったが、その後は東京が休日なことで、動意の薄い展開も、欧州勢参入と
ともに、ポンド売りが強まり、これを受けて、円も堅調な推移を見せる展開となった。
ただし、材料難もあって、更に大きなう動きとなっていない。ドル円は、90.55-60
を上値に89.88、ユーロ円は117.00から115.91、ポンド円が131.84から1
29.50、オージー円が強い豪州指標に関わらず、59.78から58.84、NZD円は
47.67から47.11、カナダ円は72.96から72.33、スイス円は78.34から7
7.62まで一時値を下げた。欧州通貨では、ユーロドルが、FT誌の「ECBがゼロ金
利政策を取る」との観測記事を受けて、1.2850前後まで下落したが、ユーロポン
ドの買い戻しが強まり、1.2935まで反発。ユーロポンドは、0.8970まで値を上
げ、ポンドドルが1.4397の安値まで下落した。        

注意ポイント
NYダウの動きに注意。一応ショート・カバーと見ているが、更に下げるなら注意。 

続きを読む "2009年02月11日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年02月12日

2009年02月12日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況

11日のロンドン市場は、英雇用統計が強い数字も、英インフレ報告で、成長・インフレ見通しが大幅な下方修正となったほか、キング英中銀総裁が追加利下げを示唆する発言をしたことでポンド売りが優勢となった。 NY市場では、米12月貿易収支は、399億ドルの赤字で、予想より赤字幅が拡大したが、反応は限定的。 NYダウも堅調な揉合いとなり、全般的な相場も揉合いの範囲で終了した。 ドル円は89.70の安値から90.76まで一時値を上げ、ユーロドルは1.298の高値から1.283まで下落、ポンドドルは、一時1.4317まで下落した。一方クロス円では、ユーロ円が、117.30高値から、116円まで下落、ポンド円は、128.84の安値から130.46まで反発。 オージー円は、58.56から59.75での推移、NZD円も46.95-0から47.75-80での揉合いとなった。                

注目ポイント
若干方向感を失った揉合い推移。 株価動向にもよるが、こういった動きが続きそうだ。 

続きを読む "2009年02月12日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年02月12日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
12日の東京市場は、東京株式市場が軟調に推移したこと円が堅調安推移となった
が、材料難から更に大きな動きとはなっていない。ドル円は90.42から89.89へ下
落、ユーロ円が116.66から115.95まで下落し、ユーロドルは1.2858から1.29
44まで堅調推移となった。 またポンドドル1.4343から1.4410で推移し、ポンド
円が129.10から130.17、NZD円が47.11から47.90、カナダ円は72.27から
72.93での揉み合いとなったが、オージー円は、強い豪州雇用統計に、59.68ま
で反発も、景気対策が国会で否決されたとの報道を受けえ、58.71まで下落した。        

注意ポイント
総じて方向感のない揉み合い推移。 株価次第の面はあるが、あまり突っ込んでの
売りや追っかけ買いは得策でないようだ。

続きを読む "2009年02月12日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年02月13日

2009年02月13日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
12日のロンドン市場では、英国の格下げや利下げ懸念からボンド売りが強まり、
クロス円もリスク回避の売りが強まった。NY市場では、強い米小売売上高を受け
て、一時円売りが進んだが、米金融安定化策に懸念が残る中、NYダウが230ドル
近い下落となり、ドル買い、クロス円の売りが強まった。 ただし、引けにかけては、
オバマ米大統領が一部住宅ローンへの補助金支援を計画との報道が流れると、ダ
ウが急激に下落幅を縮小させ前日比変わらずのレベルで引けると、ドル円、クロス
円の買い戻しが強まった。ユーロドルは、1.2720まで下落後、1.2870-75レ
ベルへ反発、ポンドドルもロンドンの安値1.4137から、1.4290-95まで一時反
発し、ドル円は、ロンドン市場の89.81の安値から90.13まで反発した。 またク
ロス円では、ユーロ円が114.90の安値から、117.15まで上昇、ポンド円はロン
ドンの安値127.13から129.85-95、オージー円は、58.08から58.50前
後、NZD円は 46.48から48.02、カナダ円は72.10から73.29、スイス円は
77.05から78.34まで値を戻した。                

注目ポイント
ダウの不可思議な動きで、クロス円も乱高下となったが、週末への布石となりそう。
基本は週末のドル円、クロス円の買い方向で見ている。 

続きを読む "2009年02月13日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年2月13日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
13日の東京市場は、一旦昨晩の円の売り戻しからは、本邦輸出企業の円買いや
機関投資家の豪ドル円の売りで、円が一時堅調気味となったが、材料難の中、東
京、アジア市場の株価が堅調推移となったことで、週末のショート・カバー的な円の
売り戻しとなった。 ドル円は、90.54まで下落後、91.29まで反発、ユーロ円もフ
ァン筋や年金の買いで、116.54から118.04まで上昇、ユーロドルもこれにつれ
て、1.2853から1.2943まで堅調推移、ポンドドルも14253から1.4464まで
買い戻しが強まった。 一方クロス円も総じて堅調から、ポンド円が129.18から1
31.97、オージー円は、豪上院が昨日否決した追加景気対策を、可決したことで、
59.08から60.36まで反発、NZD円が47.09から48.21まで値を上げ、カナ
ダ円は72.76から73.63、スイス円は77.92から78.92まで上昇した。

注目ポイント
ロンドン市場で、円安が進んでいるが、未だついて行くのは若干危なそう。 恐らく
NY では、押す局面もありそうで、一旦高いところは売りも検討されるが、最終的に
は週末のショート・カバーが支える見通し。

続きを読む "2009年2月13日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年02月16日

2009年02月16日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
13日のロンドン市場では、円は軟調な推移を継続し G7で対ユーロでのポンド安
について話されるとの思惑が高まり、ポンド買いが強まった。NY市場では、弱い2
月ミシガン大消費者態度指数に反応は薄く、週末のG7や米国の3連休を控えて、
ポジション調整に終始する動意の薄い展開ながら、円が軟調な推移を継続した。ユ
ーロドルは、1.2821の安値まで下落後、1.2919-24まで上昇をも高値圏を維
持できずに、1.28ミドルに押し戻された引け、ポンドドルは、ロンドンで1.4604の
高値後は、ダーリング英財務相が、「G7では特別ポンドについて議論されない」とコ
メントしたことで、利食いの売りが優勢となり、1.4350近辺の安値まで値を消して
取引を終了し、ドル円は、92.05の高値後、91.70-75を維持して、一時92.1
4まで週末のショート・カバーで値を上げたが、91.80台で引けている。 一方クロ
ス円は、堅調な推移が続いたが、揉合い気味のNYダウがマイナス80ドルで結局
引けたことで、利食い優勢の形で引けた。ユーロ円が一時118.81の高値、ポンド
円は荒れ気味に、ロンドンで133.89の高値後131.25まで急落気味に値を下
げ、その後133.32へ上昇して、131.83前後での引けとなり、オージー円が6
0.98、NZD円が48.64、カナダ円が74.70、スイス円が79.51まで一時値を
上げたが、高値圏を消して引けている。
 
注目ポイント
早朝から円の買い戻し気味で、上値追いは厳しい。 特に今週前半は需給的にもド
ル円の売りが出易いので、 テクニカルな買いもしっかりと下値を待つことが得策と
なる。

続きを読む "2009年02月16日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年02月16日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
16日の東京市場は、週末のローマG7で、特に為替に関する言及が声明文に盛り
込まれなかったことで、ポンド売りや円の買戻しが進んだ。ドル円は、日本の10-1
2月期GDP1次速報の発表を控えて、91.95まで買い戻されたが、その後GDPが
予想より悪化するも、大きな反応となっていない。ユーロドルは、アイルランドの債務
不履行の可能性が指摘され、1.2880から1.2727まで下落、ポンドドルは、G7で
ポンド安に言及がなかったことで、1.4348から1.4152まで下落した。一方クロス
円は、GMがチャプター11の申請を検討していることやUAWとの交渉決裂のニュー
スを受けて、軟調な展開となったが、日経平均株価が下げ止まったことやNYの休
日を控えて、全般的に動意の薄い展開となった。ユーロ円がユーロドルの下落に、1
18.15から116.53まで値をさげ、ポンド円も131.11から129.57へ下落、オー
ジー円は60.00から59.38まで値をさげ、NZD円が48.07から47.40、カナダ円
が74.19から73.45、スイス円が79.07から78.28まで下落した。

注目ポイント
NY市場休場のため動意は薄いと見られるが、ユーロドルの1.27割れが大きな懸
念となりそう。 その場合クロス円が値を下げ、ドル円は91円台の揉み合い気味の推
移と見ている。

続きを読む "2009年02月16日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年02月17日

2009年02月17日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
16日のロンドン市場は、参入直後はドル円・クロス円ともに買い戻し気味となった
が、米国がプレジデンツ・デーで休日となっていることで、取引は閑散だった。NY市
場も同様で、材料難の中、ドルの売り戻しが出たが、更なる大きな動きとなっていな
い。要人発言としては、ビーン英中銀副総裁が「英中銀は、金利引き下げを続ける
必要はない」、トリシェECB総裁は、「ECBは非伝統的政策を除外しない」と講演で
述べているが、特に反応は出ていない。ユーロドルは、1.2826近辺に一時反発し
たが、その後は再度1.27台へ押し戻され、ポンドドルも1.4318へ値を上げた
が、その後は1.4230-35へ押し戻され、ドル円は一時92.08に上ヒゲを描く動
きとなったが、一過性で終了したが、スイスフラン買いが一時強まり、ドルスイスが
1.1580まで値を下げた。 一方クロス円も総じて揉合いの域をでておらず、ユー
ロ円が117.56-61レベル、ポンド円が131.33-43レベル、スイス円が79.2
1レベルに値を上げたが、オージー円は、59.40-85ゾーンの揉合い、NZD円は
47.38まで値を下げ、カナダ円は74.05-10から73.45-50まで値を下げ、7
3円後半での推移となった。
 
注目ポイント
NY 市場休暇の影響もあり、東京も動意の薄い展開となりそう。 本日NY でのGM
とクライスラーの再建計画提出待ちとなりそうだ。

続きを読む "2009年02月17日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年02月17日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
17日の東京市場は、ドル買いが大きく進んだ。ドル円は、中川財務・金融相の辞意
表明を受けて、91.64から92.75まで大きく上昇、ユーロドルは、1.2700のオ
プション・トリガーの仕掛け売りで、1.2806から1.2602まで値を下げ、ポンドド
ルは、昨日のビーン英MPC委員のポンド安容認発言が、蒸し返されて1.4301か
ら1.4130まで下落した。一方クロス円は、欧州通貨の下落や今夜提出期限を迎
える米自動車産業再建計画の提出を睨んで、リスク回避の動きから上値が重く値を
下げた。 ユーロ円は117.50から116.35、ポンド円は131.74から130.26、
オージー円は59.87から58.89、NZD円が47.71から46.79、カナダ円が
74.17から73.56、スイス円が79.14から78.36まで下落した。        

注意ポイント
米自動車産業再建計画を睨んで、リスク回避の動きが続いているが、逆説的には、
織り込み過ぎは危険かもしれないので、あまり突っ込みの円買いは注意。 

続きを読む "2009年02月17日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年02月18日

2009年02月18日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
17日のロンドン市場では、ユーロ売りが継続。また本邦証券が、クロス円全般に売り
を入れたこともあって、クロス円も軟調な推移となった。 ただし、独2月ZEW景気
期待指数や英1月消費者物価指数が予想を上回り、ショート・カバーが進んだ。NY
市場では、米2月NY連銀製造業景況指数は、市場予想より弱い結果、米12月対
米証券投資は、市場予想を上回る流入となったが、NYダウが、GMとクライスラー
の再建計画の発表を前に、寄付きから290ドル近い下落を実現し、リスク回避のド
ル買いが続いたが、クロス円全般では、まちまちの展開も、ロンドンで売りこまれた
分、下げは限定的で、逆に買い戻し気味の推移となった。ユーロドルは、1.2653
まで下落、ポンドドルは、1.4310から1.4191-96レベルで下げ止まりを見せ
て、ユーロポンドの売りに支えられた。 またドル円は91.56の安値から92.70ま
で反発も、上値の重い展開が継続した。 一方クロス円は、まちまちの動きから、ユ
ーロ円が115.65から116.91-96レベルに反発、ポンド円は132.18と日中
の高値まで上昇したが、オージー円は58.48、NZD円は46.58の安値後も、軟
調な展開が継続。スイス円がリスク回避から、79.24まで上昇したことが目立っ
た。
 
注目ポイント
一応GMとクライスラーの再建計画が発表され、現状は更なる波乱が見えていな
い。 時間経過が必要だが、無難との判断なら、昨晩大分織り込んだ面もあり、一
定の反発期待もありそう。

続きを読む "2009年02月18日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年02月18日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
18日の東京市場は、一応米GMとクライスラーの経営再建計画が提出されたこと
で、落ち着いた動き。チャプター11を検討するとの話は出ず、ガイトナー米財務長
官は、「GM・クライスラーの再建計画を分析する作業部会を今週開催」、ホワイトハ
ウスは「GM・クライスラーが提出した経営再建計画を今後数日にわたり検討する」
と述べており、一旦結果待ちの状況となった。ユーロドルは、欧州金融不安からの
売りで1.2558まで下落したが、1.2550のオプションの防戦に支えられ、欧州金
融機関決算を好感して1.2632まで買い戻しとなった。ポンドドルも1.4216から
1.4298まで上昇、ドル円はクロス円の買いに支えられて92.09から92.63まで
値を上げた。一方クロス円の総じて買い戻しが中心となり、ユーロ円が115.98か
ら116.98、ポンド円が131.18から132.32、オージー円が58.46から59.4
9、NZD円が46.72から47.48、カナダ円72.85から73.43、スイス円は78.
79から79.36まで上昇した。

注意ポイント
一旦材料で尽くしから、水曜日ということもあり、NYダウが反発できるかが焦点。

続きを読む "2009年02月18日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年02月19日

2009年02月19日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
18日のロンドン市場では、英国の格下げの噂から、ポンド売りを基点にドル売り
が強まった。 NY市場では、発表された米1月住宅着工件数や1月鉱工業生産は、
予想より弱かったが、オバマ米政権による住宅保有者への支援計画の発表を受け
て、ドル買い、円売りが強まったが、NYダウは寄り付き45ドルのプラス・スタートも、
その後は、マイナス推移となり、リスク回避の動きが継続してクロス円は全般的に高
値からは値を消した。 オバマ米政権は、「300から400万人の切迫した住宅保有
者に、750億ドルを提供」すると発表したが、既に織り込み済みの雰囲気となった
模様。 ユーロドルは、一旦安値の1.2558からの反発が、1.2641に限定され
て、欧州金融機関の損失拡大懸念から、1.2550のオプションの防戦を下回り、
1.2513まで下落し、ポンドドルは、ロンドンで安値1.4094へ急落後、1.4259
-64レベルに反発が留まり、その後は揉合い気味の推移となり、ドル円は、じりじ
りと上値を拡大して、93.96の高値をつけたが、利食いに93.25-30レベルへ
調整した。一方クロス円では、ユーロ円が118.06、ポンド円が133.74、オージ
ー円が60.10、NZD円が48.09、カナダ円が74.70、スイス円が79.83の高
値まで一時値を上げた。
 
注目ポイント
昨日のドル円、クロス円の上げがショート・カバー中心となるなら、更に上値追いは
厳しい。 一応テクニカルな買いも、しっかりと下げをまっての買いスタンスは継続し
たい。

続きを読む "2009年02月19日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年02月19日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
19日の東京市場は、昨晩の軟調な円からは、本邦勢の利食いや輸出の売りで、じり
じと円の買戻しが優勢となった。ドル円は、93.85から93.30まで値を下げ、ユーロ
円も118.00から117.30まで下落、ユーロドルは、1.4206から1.4334まで買い
戻し優勢となり、ポンドドルは、1.4206から1.4334まで値を上げた。 一方クロス
円も同様だが、底堅い動きで、ポンド円は、132.87へ下落後、ら134.07へ値を
上げ、オージー円は、59.66から60.23、NZD円は47.64から48.03、カナダ円
は74.14から74.56で堅調推移となった。

注目ポイント
本日は若干揉み合い気味で見ているが、やはりNYダウ次第。 その辺を見ての対
応となる。

続きを読む "2009年02月19日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年02月20日

2009年02月20日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
19日のロンドン市場では、ドイツ主導による欧州金融危機への取り組みを期待し
て、欧州通貨がドルに対して買い戻される動きとなった。 NY市場でも当初は、ドル
売り、円売りが続いたが、NYダウの上値が重く、結局マイナス89ドルで引けたこと
もあり、利食いのドルの買い戻しや円の買い戻しが進んだ。 ユーロドルは、1.27
62まで値を上げたが、その後は1.26台へ押し戻され、ポンドドルも一時1.4447
まで値をあげた。またドル円は、米1月生産者物価指数と米1月景気先行指数が予
想を上回ったことや米国債利回りの上昇を受けて、94.47の高値まで上昇後は、
94円台で保合推移となった。一方クロス円は、一時強い上昇を実現も、NYダウが
結局89ドル安で引けたことで、利食いに押される展開となった。ユーロ円は120.3
4、ポンド円が136.38、オージー円が61.55、NZD円が48.96、カナダ円が7
5.58、スイス円が80.57まで一時上値拡大となった。
 
注目ポイント
円は軟調気味だが、週末のポジション調整がどちらで出るか不透明。 海外勢の動
きを見て対応したい。

続きを読む "2009年02月20日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年02月20日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況

20日の東京市場は、材料難の中、週末に向けたポジション調整の動きに終始した。
円がらみでは昨日の円売りから、本邦勢の利食いが優勢となり、欧州通貨も同様な展開が続いた。 ユーロドルは、昨日のショート・カバーからは利食いが強まり、1.2694から1.2564まで下落、ポンドドルも1.4303から1.418まで値を下げたが、ドル円は93.96から94.23での揉合いとなった。 一方クロス円は、じりじりと欧州通貨の下落に値を下げる展開。ユーロ円が119.42から118.27、ポンド円が134.64から133.42、オージー円は、スティーブンス豪準備銀総裁が「必要なら、さらに金利措置を講じる余地がある」と述べたこともあり、60.9から59.80へ値を下げ、NZD円は47.9から47.18、カナダ円は74.9から74.46、スイス円は80.30から79.46まで下落した。

注目ポイント
ロンドンの初動は、円買いからスタート。 しっかりと下値を確認しての対応がベター
だが、NY 時間では、ダウの週末ショート・カバーが入るかが焦点となる。

続きを読む "2009年02月20日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年02月23日

2009年02月23日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
20日のロンドン市場では、英小売売上高が予想を上回り、買ポンド買いが優勢とな
った。NY市場では、米消費者物価指数が市場予想を上回ったことを受けて、一時ド
ル買いが出るも、ドッド米上院銀行委員会委員長が一部通信社とのインタビューに
おいて「銀行国有化の可能性はある」と発言したことを契機に、週末のポジション調
整とあいまって、溜まっていたドルロング・ポジションの巻き戻しが集中し、ドル全面
安となった。 またNYダウは、約7年ぶりの安値7226ドルまで下落した。ユーロド
ルは、1.2557の安値から大きく1.2878まで値を上げ、ポンドドルも1.4153か
ら1.4484の高値、ドルスイスが1.1884から1.1462まで下落し、ドル円は、9
4.39の高値から92.51まで下落した。 一方クロス円は、ロンドンの安値から欧
州通貨の反発に値を上げたが、ドル円の動きとのラグで、ブレの激しい動きとなっ
た。ユーロ円は、117.91から119.98まで一時上昇し、118.79-84まで急落
する局面はあったが、結局119円後半で引け、ポンド円は132.76から135.31
の高値、オージー円は、59.60から60.80-85、NZD円は46.99から48.2
5、カナダ円は73.85から75.23、スイス円は78.91から81.07の高値を一時
つけた。                

注目ポイント
全体的にチャート上も方向感に薄く、材料的にも週初からは様子見がベターそう。

続きを読む "2009年02月23日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年02月23日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
23日の東京市場は、米WSJの「米政府、シティグループの普通株を最大40%取得
する可能性」との報道を受けて、ドルが乱高下する展開となった。 一応株式の全額
取得とはならず、40%に留まるならとドル買いになったようだが、やはり悪材料として
捉えられたようで、結局ドルは軟調気味の推移となった。 特にユーロドルは、1.27
64まで下落後、1.2992まで反発、ポンドドルも1.4366から1.4597まで上昇した。
 またドル円は93.66から92.76まで下落したが、下値はクロス円の買いに支えら
れて、底堅い動きとなった。 一方クロス円では、欧州通貨の反発に堅調な推移。ユー
ロ円が119.08から121.05まで上昇し、ポンド円が133.83から136.10、オージー
円が59.78から61.12、NZD円が47.19から48.32、カナダ円が74.13から75.
37、スイス円が80.39から81.18まで値を上げた。        

注意ポイント
円が軟調推移気味。 後はNYダウの動向次第で、いくら何でもショート・カバーぐら
い入っても良さそう。

続きを読む "2009年02月23日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年02月24日

2009年02月24日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
23日のロンドン市場では、テクニカルな円売りが進む形となった。 ただし、NY市
場では、米財務省や連邦準備理事会(FRB)の金融安定化に向けた共同声明が出
るも市場は、これに反応せず、NYダウが寄りの70ドル高から、結局250ドル下落
で終了したことで、リスク回避のドル買い、ドル円、クロス円に利食いが優勢となっ
た。 ユーロドルは、東京時間の上昇からは、一転してストップを誘発しながら、1.2
691まで下落、ポンドドルは、1.4662の高値後は、値をさげた。 またドル円は、
ロンドンの94.95の高値からは、94.17まで下落、ユーロ円は121.92の高値
から119.80台まで値を下げた。その他クロス円はロンドンの高値から総じて値を
落としたが、ポンド円が139.16、オージー円が61.84、NZD円が49.97、カナ
ダ円が76.40、スイス円が81.80の高値まで一時値をあげていた。                

注目ポイント
振れの激しい展開が続いているので注意が必要。 ただ、基本的に更なる大きな動
きというより、上下の揉合い感じからは、しっかりと利食いのスタンスは重要そう。 

続きを読む "2009年02月24日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年02月24日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
24日の東京市場は、与謝野財務・金融・経済財政担当相による株価対策発言やシ
ョート・カバーの円売りが支え、円は軟調推移。 欧州通貨も対ドルでの買い戻しが
優勢となった。 ユーロドルは、1.2662から1.2762へ反発、ポンドドルは、1.4
452から1.4578での推移。 ドル円は、95円のオプションへの買い仕掛けで、9
4.26から95.45まで上昇した。 またクロス円も堅調で、ユーロ円が119.40か
ら121.66、ポンド円が136.23から138.87、オージー円が60.25から61.7
9、NZD円が47.59から48.94、カナダ円が75.20から76.38、スイス円が8
0.49から82.77まで一時上昇した。

注目ポイント
円が軟調を継続しているが、総じてそろそろ危険水域。 しっかりと利食い優先が安
全そう。

続きを読む "2009年02月24日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年02月25日

2009年02月25日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
24日のロンドン市場では、円の軟調な動きが継続した。また弱めの独2月ifo景況
感指数の影響は限定的となった。NY市場では、米2月消費者信頼感指数や2月リ
ッチモンド連銀製造業景気指数が予想より弱かったが、12月S&P/ケースシラー
住宅価格指数や12月住宅価格指数などの住宅関連指標が予想を上回る形となっ
たが、大きな影響はなく、NYダウが、230ドル近い上昇となったことで、円売りが進
んだ。バーナンキ議長が、銀行救済を最優先にする姿勢を示したことも好感され
た。ユーロドルは、1.2878の高値、ドル円は96.94まで値を上げ、ユーロ円が1
24.75、ポンド円が140.65、オージー円が63.24、NZD円が50.03、スイス
円が83.68まで値を上げ、特にカナダ円が、M&Aや月末の原油決済に絡んだフ
ローで、78.15まで大きく上昇した。                

注目ポイント
ドル円、クロス円は大きく値を上げた。 一応良い位置と見られ、更に上値追いとは
思っていないが、ショートも安易は危険というか、下げ止まった位置では買い戻しな
がら、すばやい対応が望まれそう。

続きを読む "2009年02月25日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年02月25日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
25日の東京市場は、日本の1月の貿易赤字が過去最大を記録したことで、円売り
が進んだ。 ドル円は96.36から97.35まで一時上昇した後も、底堅い動きが続
き、ユーロドルは、ユーロ円の買いに、1.2805から1.2883でやはり堅調推移。
ユーロ円は、123.65から125.09まで一時値を上げ、ポンドドルは、1.4474か
ら1.4559での推移となった。 その他クロス円も下値が浅く、昨晩の高値を更新し
て、ポンド円が139.71から141.45、オージー円が62.60から63.48、NZD
円が49.34から50.15、カナダ円が77.41から78.17、スイス円が83.15か
ら83.97まで一時上昇した。

注目ポイント
ドル円、クロス円は堅調も、上値は神経質な展開となっている。恐らく高値感から売
りが出るも、下げが甘く、買戻しを余儀なくされているようで、こういった時は、中途
半端に売りのは危険。あくまで下げが開始してから、ついて行くチャンスを待つほう
が安全そうだ。

続きを読む "2009年02月25日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年02月26日

2009年02月26日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
25日のロンドン市場では、特別の材料のない中、ドル買い、利食いの円買いの動
きが優勢となり、ユーロポンドが上昇を強め、ポンドドルが軟調推移となった。 NY
市場では、米中古住宅の弱い結果を受けて、NYダウが下げを加速。一時190ドル
安まで売り込まれると、円の買い戻しが進んだ。 ただし、その後はロンドン・フィキ
シングに向けて、円売り、ドル買いが強まる形から、ダウが下げ幅を縮めたこともあ
り、再度円売りが強まった。 ユーロドルは、1.2690まで下落、ポンドドルは、英銀
救済措置パッケージの噂やブランチフラワー英MPC委員が「英リセッションはかな
り悪化」、「英失業率は、年末までに10%に接近する」と悲観的は発言を受けて、
1.4175まで下落し、ドル円は、96.35の安値から、97.79まで一時値を上げ
た。 一方クロス円はロンドン初盤の高値からは、利食いに押されながらも堅調推
移。 ユーロ円が123.10まで下落、ポンド円が141.75の高値から139.75-
85へ値をさげ、オージー円は63.61から62.48まで下落後、揉合いとなった。                
注目ポイント
今日は揉合い気味で、円は軟調推移となっているが、 一旦NYの昨晩ロンドンから
の上下をブレイクするまでは、方向感について行くのは危険そう。

続きを読む "2009年02月26日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年2月26日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
26日の東京市場は、バーナンキ米FRB議長の株価対策として空売りの最低価格
規制の復活に言及したことを受けて、円が軟調に推移したが、上値はオプションの
防戦が抑えた。一方欧州通貨では、ペール元独連銀総裁が「ユーロには重圧がの
しかかっており、重債務国がユーロから離脱せざるを得なくなる可能性」や「離脱し
た国は市場の信認を失い、為替相場は50-60%下落する可能性」述べたことで、軟
調推移となった。ユーロドルは、1.2762から1.2682まで、ポンドドルは、1.4290
から1.4168での推移となった。またドル円は、97.32から97.98まで上昇した。一
方クロス円は全般的に揉み合い推移となり、ユーロ円は、123.82から124.88、ポ
ンド円が138.26から139.84、オージー円は、オーストラリアの第4・四半期民間
設備投資が予想を上回ったが、62.90から63.68での推移に留まり、NZD円が4
9.48から50.07、スイス円が83.11から83.77での動向となった。

注意ポイント
円は軟調が継続しているが、そろそろ調整があっても良いところ。買いはしっかりとタ
イト・ストップが安全。 売りは、タイミングが重要となる。 

続きを読む "2009年2月26日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年02月27日

2009年02月27日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
26日のロンドン市場では、欧州通貨が堅調に推移、ダウの先物上昇を受けて、クロ
ス円も堅調なレベルを維持した。 NY市場では、GMの悪い決算や米1月耐久財受
注が予想より悪化したものの、NYダウが寄り付きから堅調な上昇で、一時130ドル
高まで値を上げたことから、円が全面安となった。またドルは対欧州通貨では、揉合
い推移となったが、特にポンドドルが、英政府による資産保護スキームを好感して、
1.4384の高値まで上昇したが、ロンドン・フィキシングにかけて、月末のドル買い
に押された。ユーロドルは、1.2682の安値から1.2811まで上昇、ポンドルは、
1.4384まで一時値をあげた。 またドル円は98.72の高値をつけ、ユーロ円が1
26.09、ポンド円が141.71、オージー円が64.58、NZD円が50.50、カナダ
円が79.40、スイス円が84.78まで一時値を上げたが、その後ダウが80ドルま
で下落して引けると、利食いが優勢となった。                

注目ポイント
週末のポジション調整からは、ドル円、クロス円に利食いが入り易いので注意。 後
は、どの辺で下値を止めるか? またその場合海外に向けては、逆にショート・カバ
ーも想定されるので注意。

続きを読む "2009年02月27日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年02月27日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
27日の東京市場は、昨日の軟調な円からは、本邦輸出企業、本邦機関投資家、ア
ジア筋からの売りで、円が堅調推移となったが、一時WSJの「シティグループと米
政府、政府保有優先株の普通株への転換で合意」を受けて反発した。ドル円は、9
8.61から97.32まで下落後、98円手前に反発した。 またユーロドルは、1.26
87から1.2751での揉合いとなり、ポンドドルは、1.4232から1.4327での推
移。 クロス円は、ドル円に連動した動きとなり、ユーロ円が123.72から125.5
5、ポンド円が138.78から141.12、オージー円は62.68から63.85、NZD円
が49.15から50.09、カナダ円が77.54から78.67での推移となった。

注目ポイント
円の買い戻しが優勢。引き続き週末のフローを見る形で、最後はNYダウ次第。

続きを読む "2009年02月27日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

About 2009年02月

2009年02月にブログ「だいまん Daily FX」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年01月です。

次のアーカイブは2009年03月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。