« 2009年02月 | メイン

2009年03月 アーカイブ

2009年03月02日

2009年03月02日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
27日のロンドン市場は、週末、月末に絡んだポジション調整の流れから、円に買
い戻しが強まる中、対ユーロでのドル買いが強まった。 NY市場でも、10-12月
期の米GDP・改定値が、予想を下回ったことや米シティグループが事実上政府管
理下に置かれることが報じられるとNYダウ先物が大幅下落。これを受けて、円やド
ルが一時急騰したが、その後はロンドン・フィキシングに向けた月末のフローや株価
の反転に、円売り、ドル売りの巻き返しとなり、乱高下気味の展開となった。 シカゴ
PMIや米ミシガン大消費者態度指数などが市場予想を上回ったことも、NYを支え
たが、結局NYダウがプラス圏を回復できずに、マイナス119ドル安で引けたこと
で、ドル買い、円売り気味で終了した。 ユーロドルは、1.2603へ下落後、1.27
38まで上昇、その後は1.26台へ押し戻されて引けた。ポンドドルは、1.4110の
安値まで売り込まれた後は、1.4362まで値を上げ、ドル円は96.85へ下落後、
98.19へ反発したが、その後は97円ミドルに値を下げた引けた。一方クロス円で
も、同様に上下に振れる展開となった。ユーロ円が122.10から124.71-76レ
ベルへ反発後123円に押し戻され、ポンド円が136.73から140.65に反発後、
139円台ミドルに押し戻され、オージー円は61.43から63.03-08へ上昇後、6
2.37で引けた。 その他NZD円が48.32から49.48-53、カナダ円が76.31
から77.59-64、スイス円が82.46の安値から84.16-21まで一時値を戻し
たが、同様に値を落として引けている。

注目ポイント
早朝から、またまた円の買い戻しが進んでいる。週初からのパターンかも知れない
が、ともかく、あまり高い位置での買いは危険で、じっくりと待つのが得策。基本は戻
り売りで。

続きを読む "2009年03月02日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年03月02日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
2日の東京市場は、米保険大手AIGの決算を控えて、軟調なNYダウや東京株式
市場の動きに、円の買戻しが強まった。 ただし、下値では、本邦投資家の円売り、
米系投資家のレパトリが支え、アジア中銀のドル売り・自国通貨買い介入などもあり、
更なる動きとならなかった。 また欧州通貨では、欧州連合が東欧加盟国への支援
を拒否したことで、ユーロ売りが強まった。ユーロドルは、1.2665から1.2545へ下
落、ドル円は96.92に下落後、97.90まで一時値を戻し、ユーロ円は123.38から
121.97まで値を下げた。その他クロス円では、ポンド円が139.71から137.73、
オージー円が62.49から61.16まで下落したが、中東勢のオージー買いに支えら
れ、NZD円は48.79から47.72、カナダ円は76.76から75.74へ円を下げた。        

注意ポイント
若干揉み合い気味の推移となりそう。焦点はNYダウの動向は変わらない。

続きを読む "2009年03月02日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年03月03日

2009年03月03日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
2日のロンドン市場では、英HSBCの大幅増資や大幅減益、人員削減を発表、米
政府による米AIGへの追加融資を受けて、欧州株・米株先物が値を下げたことで、
円の買い戻しが強まった。NY市場では、保険大手AIGの四半期決算で、617億ド
ルの赤字を計上とのニュースや著名投資家ウォーレン・バフェット氏が「米経済は2
009年を通じて大混乱に見舞われるだろう」と発言したことで、金融危機がさらに深
刻化しつつあるとの懸念が広がり、NYダウが寄付きから下落幅を拡大。一時675
5ドルとマイナス300ドルを越える下落となり、リスク回避のドル買い、円買いが優
勢となった。ただし、動きは大きなものとなっていない。 ユーロドルは1.2551-5
6を下値に、反発が1.2630-35で限定された。ユーロポンドの買いが支え、ユー
ロポンドは一時0.9011まで上昇、ポンドドルが、リスク回避の動きで、1.3958ま
で下落。 予想より強いカナダ10-12月期GDPを受けて、ドルカナダが一時下落
したが、その後は1.2895まで値を上げた。ドル円は、97.05-10が支え、強い
2月ISM製造業景気指数を受けて、一時97.78まで上昇したが、再度97円前半
に押し戻された。その他クロス円は全般にダウの大幅下落を受けて、上値が重くな
っている。 ユーロ円が123.38から122円割れに下ヒゲを出し、ポンド円が13
5.56の安値、オージー円も62.05-10を重くして、61.08の安値、NZD円は4
8.39-44から東京安値件の47.74-79へ再下落、カナダ円が75.30まで安
値を更新し、スイス円は83.43-48から82.67-72へ下落した。                

注目ポイント
再びリスクが高まっているが、円は比較的軟調推移。既にリスク回避がドル買い、
円買いなのか、市場は戸惑いを見せていることから注意。                           

続きを読む "2009年03月03日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年03月03日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
3日の東京市場は、WSJ紙が「オバマ米政権、不良資産買取に向けファンド設立検
討」との報道を受けて、東京株式市場が下げ渋ったことや米系ファンド筋のショート・
カバーの円売り意欲が支え、円は軟調推移。 また豪州中銀が金利を据え置いてこ
とで、豪ドル買いがクロス円の買いに繋がる形。 欧州通貨もクロス円の買いに支
えられた。 ユーロドルは、1.2537からストップ・ロスをつけて、1.2676まで上
昇、ポンドドルmの1.3994から1.4138まで反発して、ドル円は96.99から9
7.75まで値を上げた。 一方クロス円も同様にしっかりで、ユーロ円が121.73か
ら123.77、ポンド円が136.00から138.14、オージー円は、堅調な経済指標
がフォローしたことやスワン豪財務相「豪政府はさらなる行動の用意」と話したこと
で、追加景気刺激策の期待感から、61.00から62.85まで強い上昇となり、NZD
円が47.72から478.75、カナダ円が75.10から76.19、スイス円が82.37
から83.60まで値を上げた。        

注意ポイント
円が軟調推移だが、やはり上値追いは厳しい。現状はショート・カバーの域の可能
性もあり、買うとしてもしっかりとDips待ち。

続きを読む "2009年03月03日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年03月04日

2009年03月04日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
3日の海外市場では、日本の民主党・小沢代表の秘書が逮捕されたことやFRBや
米財務省がTALF(ターム物資産担保証券)ローン制度を、再開するとしたことを受
けて、円安が進んだが、バーナンキFRB議長が議会証言で、経済見通しは引き続
き不透明、危機対策で追加的措置が必要になるとの悲観的見解を示したことで、ド
ル円、クロス円は上げ渋った。 一方欧州通貨では、ロンドン・フィキシングでの売り
から反発を限定して、値を下げる展開となった。NYダウは80ドル高から、50ドル安
で揉合い気味に推移となった。ドル円は、98.60の高値まで一時上昇、ユーロ円も
124.24、ポンド円が136.66、オージー円が63.40、NZD円が49.14、スイス
円が83.93まで一時値を上げ、カナダ中銀が、政策金利を0.50%引下げ、量的
緩和を視野に入れていると声明に盛り込まれたことで、ドルカナダが、1.2976ま
で上昇、カナダ円の上昇は76.48に限定された。 一方ユーロドルは、1.2521
まで下落、ポンドドルも1.3985まで下落したが、ユーロポンドの買いに、1.4055
まで反発して引けた。

注目ポイント
円が軟調気味の推移。 ただし、雰囲気はドル買いなので、ドル円は良いかもしれ
ないが、クロス円は欧州通貨の下げが加速すると上値が重くなるので注意。

続きを読む "2009年03月04日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年03月04日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
4日の東京市場は、午前は豪州第4・四半期国内総生産(GDP)が8年ぶりのマイナ
ス成長となったことやユーロドルが1.2500のオプションのトリガーを投機的につけ
る動きから、ドル買い、クロス円での円買いが進んだが、東京株式市場が下げ渋っ
たことや本邦投資家の下値での円売りで、円は堅調なレベルに反発した。ドル円自
体は、あまり動けず、98.14から98円で揉合いとなったが、欧州勢参入後は、ショ
ート・カバー気味に98.84まで値を上げた。またユーロドルは、明日の欧州中銀定
例理事会での利下げ観測やユーロ圏の景況感悪化懸念、東欧の格下げ懸念など
で、1.2565から1.2457まで下落した。一方クロス円では、ユーロ円が122.40
まで下落後、123.83へ反発、ポンド円が137.36から138.92へ値を上げ、オ
ージー円も61.80まで下落後、62.89へ上昇、NZD円は48.09から49.08、
カナダ円は75.71から76.52、スイス円は、83.06から84.09まで上昇した。        

注意ポイント
欧州参入後、円売りが進む形。 ただし、ロンドンで一旦高値を付ける可能性もあ
り、しっかりと利食って、下げ止まりを見る形が安全か?

続きを読む "2009年03月04日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年03月05日

2009年03月05日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
4日のロンドン市場では、円が軟調な推移を継続。またポンドも予想よりも強い英指
標を受け、ショートカバーが優勢となった。 NY市場では、米2月チャレンジャー人員
削減予定数は予想より強く、米2月ADP全国雇用者数は予想より弱い結果となり、
堅調な米2月ISM非製造業景況指数にも反応は薄く、主にNY株価を睨んだ動きか
ら、リスク回避の減退を受けたドルの売り戻しや円の買い戻しが強まった。ただし、
ダウが高値を消して引けたことで、ドル円、クロス円に利食いが強まって引けた。N
Yダウは、米財務省が住宅ローンにおける返済条件の緩和などを発表したことで、2
50ドル高い上昇を実現したが、引けでは利食いが優先となり、149ドル高の6875
dロウで引けた。 ユーロドルは1.2663、ポンドドルは1.4199の高値をつけ、ド
ル円は99.49の高値をつけた後も、98.95-00に下値を限定して、底堅い展開
となった。一方クロス円も堅調な上昇を実現しており、ユーロ円が125.65、ポンド
円が140.86、オージー円が64.78、NZD円が50.41、カナダ円が78.06、ス
イス円が84.95の高値まで値を上げたが、引けにかけては、利食いが優先となっ
た。

注目ポイント
一旦良い位置に、ドル円、クロス円は上昇した感じがあり、更に上値を追えるかは
不透明。特に東京はなかなか難しいと見ているが、ロンドンに向けて、堅調なレベル
を維持できるかが焦点となる。

続きを読む "2009年03月05日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年03月05日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
5日の東京市場は、東京株式市場が中国の追加景気刺激策期待から堅調に推移し
たことで、円も軟調推移となった。欧州通貨は、本日の理事会での利下げ観測で軟
調推移。ユーロドルは、1.2665から1.2576まで値を下げ、ポンドドルも1.4200
から1.4135まで下落した。またドル円は、98.90で下値を支え、99.69まで上昇
した。一方クロス円も利食いが優勢となったが、下値を支えて、高値を更新した。ユー
ロ円は124.88まで下落後、125.75まで上昇、ポンド円は139.99から141.47、
オージー円gは63.58から64.40、NZD円は49.69から50.16、カナダ円は77.
42から78.03での推移となった。        

注意ポイント
今日はイベントが控え、乱高下が想定されるので注意。

続きを読む "2009年03月05日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年03月06日

2009年03月06日  Asian Time  FX  Strategic Co-op

前日海外市況
5日のロンドン市場では、英中銀が0.50%の利下げを実施。これに続いてECB
も0.50%の利下げを実施したが、英国では、同時に750億ポンドの資産買い入れ
を発表し、事実上の量的緩和に突入。 一方ECBは、引き続きゼロ金利政策に懐
疑的な中、トリシェECB総裁が、「ECBは、1.5%が最低の金利水準だとは決めて
いない」と述べて、利下げの可能性が高まったが、キング英中銀総裁が「追加利下
げの可能性は非常に低い」と述べたことで、ポンドは買い戻し気味となり、NY市場
では、ダウが寄り付きから、GMが2008年のアニュアルレポートで「事業を継続す
るのに重大な疑念がある」との内容を報告したことやGEがトリプル・エーの格付け
を失う可能性を示唆したことなどを嫌気して、ダウ平均が330ドル近い下落となり、
円の買い戻しが強まった。 ユーロドルは、1.2482まで下落後、1.2581-86レ
ベルに反発、ポンドドルは、1.4038から1.4156-61まで値を戻したが、その後
は揉合いとなった。ドル円は、上値を99円ミドルでCapされて、上下に動きながら
も、結局97.72まで一時値を下げた。 一方クロス円も振れる展開となったが、ユ
ーロ円が122.70、ポンド円が138.03、オージー円が62.22、NZD円が49.6
2、カナダ円が75.77、スイス円が83.37まで一時下落した。

注目ポイント
米雇用統計を控え、動意が出るか不透明だが、週末のポジション調整に注意。 ド
ル円、クロス円は上値が重そう。

続きを読む "2009年03月06日  Asian Time  FX  Strategic Co-op" »

2009年03月06日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
6日の東京市場は、昨日の軟調なNYダウを受けて、東京株式市場が下落。ドル
円、クロス円に売りが強まった。また対欧州通貨でのドルは、午後になって、米2月
雇用統計での非農業部門雇用者数が、マイナス100万人に達するとの悪い噂か
ら、大きく売られれる展開となった。ユーロドルは、1.2533から1.2727まで上
昇、ポンドドルも1.4104から1.4284まで値を上げ、ドル円は98.51から97.2
0まで下落した。 一方クロス円は総じて下落からは反発したが、上値が重い展開と
なった。 ユーロ円は、122.80から123.86まで上昇、ポンド円も138.13から1
39.55、スイス円は83,61から84.91まで値を上げたが、その後は押し戻され、
オージー円62.38からは63.19、NZD円も48.74から49.36、カナダ円も7
5.81から76.63まで値を上げたが、再度安値圏に迫る下落となった。        

注意ポイント
米雇用統計をマイナス100万まで織り込んだようで、悪い数字が出ても反応は逆と
なるリスクが残るところ。 ただし、NYダウ次第の面もあり注意。 

続きを読む "2009年03月06日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年03月09日

2009年03月09日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
6日のロンドン市場では、東京夕方から出た米雇用統計の思惑で、円買いが続い
た。ドル円は、96.60のストップ・ロスをつけて、96.57まで下落した。NY市場で
は、注目の米2月雇用統計では、非農業部門の雇用者数が、マイナス65万1千
人、市場予想の64万8千人に近い数字となり、失業率は8.1%と予想の7.9%を
上回り、1983年12月(8.3%)以来25年ぶりの高水準を記録したが、既に織り込
みが進んでいたこともあり、為替市場では、ドル売り、円売りでの反応となった。 た
だし、寄り付きから160ドル近い上昇を実現したNYダウが、じりじりと値を崩すと、ド
ル円、クロス円に売りが強まったが、結局32ドル高で引けたことで、買い戻し気味
で引けた。 ユーロドルは、1.2755まで上昇後、1.2600前後まで下落、ポンドド
ルは、1.4305を高値に、1.4043まで下落、ドル円は、一時98.50に迫る上昇
もあった。 一方クロス円もロンドン時間の安値からは反発的で、ユーロ円が122.
39から124.96と日中高値を一時更新、ポンド円が137.27から140.16、オー
ジー円は61.61から63.41、NZD円が48.37から49.90、カナダ円が75.12
から76.74、スイス円が83.55から85.15まで値を上げた。                

注目ポイント
早朝から揉合い気味で、週初の方向感が見えづらいので注意。 

続きを読む "2009年03月09日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年03月09日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
9日の東京市場は、一時日本の1月の経常赤字が、1985年以降最大となったこと
で円売りが進んだが、上値では利食いの円買いが控え、更なる大きな動きとなって
いない。また日経平均株価が、どうにか7000円を維持しており、円買いも限定的と
なった。ドル円は97.90から98.74まで堅調に推移、ユーロ円は、125.03から12
3.98まで、ユーロドルの売りにつれて下げたが、下値は限定的で、ユーロドルは利
食い売りに、1.2728から1.2614まで下落した。 またポンドドルは、1.4033から
1.4182での推移となり、ポンド円は137.96から139.27での動向。そのクロス円
では、オージー円が62.68から63.35、NZD円は49.15から49.69、カナダ円
は76.11から76.76、スイス円は84.43から85.22での上下の動きとなった。        

注意ポイント
若干揉み合いの様相。やはりNY株が最大の注意となりそう。

続きを読む "2009年03月09日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年03月10日

2009年03月10日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
9日のロンドン市場では、英金融機関に対する懸念からポンド中心に、欧州通貨売
りが進んだ。また円がらみでは、日本の経常収支が13年ぶりに赤字に転落したこと
や麻生首相が、株式市場の買い支えに否定的な発言をしたことが嫌気されて円売
りが進んだ。NY市場では、材料に薄い中、全般的にまちまち展開。ユーロドルは、
国際機関の買いが下値をサさて、1.2555の安値を守ったが、反発は1.2661-
66レベルに限定された。 ポンドドルは、1.3743の安値まで下落し、ユーロポンド
は0.9190まで一時値を上げた。一方円がらみでは、ダウの寄付きからの上昇を
好感したが、100ドル安へ値を消すと、ドル円、クロス円に利食いが強まった。ドル
円は一時99.19の高値、ユーロ円が125.50、スイス円が85.42まで上昇した
が、ウェストミンスター系は弱く、ポンド円が135.94、オージー円62.26、NZD円
が48.58、カナダ円が75.57まで値を下げた。                

注目ポイント
未だ保合気味の展開が続いている。 方向感に薄く、動意が出るかは現状不透明と
なる。

続きを読む "2009年03月10日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年03月10日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
9日のロンドン市場では、英金融機関に対する懸念からポンド中心に、欧州通貨売
りが進んだ。また円がらみでは、日本の経常収支が13年ぶりに赤字に転落したこと
や麻生首相が、株式市場の買い支えに否定的な発言をしたことが嫌気されて円売
りが進んだ。NY市場では、材料に薄い中、全般的にまちまち展開。ユーロドルは、
国際機関の買いが下値をサさて、1.2555の安値を守ったが、反発は1.2661-
66レベルに限定された。 ポンドドルは、1.3743の安値まで下落し、ユーロポンド
は0.9190まで一時値を上げた。一方円がらみでは、ダウの寄付きからの上昇を
好感したが、100ドル安へ値を消すと、ドル円、クロス円に利食いが強まった。ドル
円は一時99.19の高値、ユーロ円が125.50、スイス円が85.42まで上昇した
が、ウェストミンスター系は弱く、ポンド円が135.94、オージー円62.26、NZD円
が48.58、カナダ円が75.57まで値を下げた。                

注目ポイント
未だ保合気味の展開が続いている。 方向感に薄く、動意が出るかは現状不透明と
なる。

続きを読む "2009年03月10日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年03月10日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
10日の東京市場は、5-10日に絡む仲値需要から円は軟調推移となったが、米
系ファンド筋やアジア系ソブリンの利食い売りで、一時円買いが強まった。また欧州
通貨でも、ショート・カバー的な買い戻しが優勢となった。 ユーロドルは、1.2579
から1.2720で堅調推移。ポンドドルも辛うじて1.3761を支えて、1.3851まで
上昇、ドル円は99.14まで値を上げたが、その後一時急落気味に98.34まで下
落した。 一方クロス円は、欧州通貨の反発に堅調なレベルを維持している。 ユー
ロ円が、124.35から125.67へ値を上げ、ポンド円は136.98から135.53ま
で値を下げたが、この位置を維持。オージー円は62.33から63.28まで値を上
げ、NZD円が48.56から49.22、カナダ円が75.87から76.73、スイス円は8
5.09から一時85.85まで値を上げた。        

注意ポイント
揉合い気味ながら、欧州通貨の上昇にクロス円は堅調なレベルを維持しており、こ
ういった動きが続くか注目となる。 尚、今週13日の金曜日の配信は、都合により
午前一回とさせていただきます。

続きを読む "2009年03月10日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年03月11日

2009年03月11日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
10日のロンドン市場は、ビーニ・スマギECB理事やウェーバー独連銀総裁の利下
げ発言を受けて、ユーロの上値が重くなり、英鉱工業・製造業指標の悪化にも、ポ
ンドはユーロポンドの買いで、じり高推移となった。 NY市場では、材料に薄い中、
米企業会計における時価会計取止めとの噂をきっかけに、ドル売りが優勢となっ
た。またNYダウが、寄り付きからバーナンキFRB議長の「米政府は銀行が十分な
資本有すると保証」との発言などから銀行株中心に買い戻しを誘い、リスク回避の
減退から、欧州通貨買い、クロス円の買い戻しが強まった。ただし、ロンドン・フィキ
シングからは、一転してドル買いが強まる展開。バーナンキFRB議長が、時価会計
凍結に否定的な発言をしたことなどが影響となったようだが、原因は不透明。 ただ
し、結局NYダウが379ドル高で引けたことで、ドルは保合の範囲。円は軟調な推移
でNY市場を終了した。ユーロドルはヘッジ・ファンドのショート・カバーで、1.2823
まで上昇後、1.2610-15まで下落、ポンドドルは1.3905の日中高値から1.3
690の安値へ下落。ドル円は97.90から、98.90-95レベルまで反発した。 一
方クロス円は、高値到達後、値を消す展開。 ユーロ円が126.07、ポンド円は13
6.72、スイス円は85.75まで一時値を戻したが、その後調整的。 ただし、オージ
ー円は複数の銀行の買いで63.90の高値、NZD円が49.73、カナダ円が77.2
3まで上昇後も小じっかりとした展開を維持した。               

注目ポイント
株が思わぬ上昇で、ドル円、クロス円は堅調となった。今日は水曜日ということもあ
り、こういった流れが続くかチュウモックとなるが、ただし、NY市場ではなんとも言え
ず、しっかりと利食いのスタンスは維持したい。 尚13日の金曜日の配信は都合に
より朝一回とさせていただきます。

続きを読む "2009年03月11日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年03月11日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
11日の東京市場は、中国の2月貿易収支が大幅に悪化したことで、リスク回避のド
ル買い、円買いが強まった。 ドル円は、米系証券筋、本邦機関投資家や輸出企業
の売りで、98.86から98.26まで下落、ユーロドルも1.2737から1.2616まで
値を下げ、ポンドドルは、1.3804から1.3655まで大きく値を崩した。 一方クロ
ス円も利食いが優勢となり、ユーロ円が125.73から124.28、ポンド円が136.
22から134.38、オージー円が64.07から62.98、NZD円が49.92から48.
99、スイス円が85.23から84.34まで下落した。        

注意ポイント
水曜日のショート・カバーが出ず、若干注意。後は昨晩大きく値を上げたNYダウの
調整がリスクとなりそう。 尚、13日金曜日の配信は、都合により朝一回とさせてい
ただきます。

続きを読む "2009年03月11日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年03月12日

2009年03月12日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
11日のロンドン市場は、自動車業界の合併話を受けて、欧州株が堅調に推移して
いることで、欧州通貨買い、クロス円の買い戻しとなった。 NY市場では、NYダウ
が保合水位の中、ドルの買い戻しが強まったが、午前中は、堅調なクロス円も、米
債の利回り低下を受けて、ドル円が急落すると、クロス円も安値圏に値を落とした。
ドル円は、一時97.02の安値、ユーロドルは1.2865の高値まで上昇。ユーロ円
が123.86、ポンド円が133.94、オージー円が62.76、カナダ円が75.28、ス
イス円が83.91の安値まで下落。NZD円は、48.95の安値まで売り込まれた
が、その後NZ中銀が、0.50%の利下げを発表し、ボラードNZ中銀総裁が「、ゼロ
金利政策はとらないだろう」、「将来の利下げ幅ははるかに小さくなる」と述べたこと
で、ショート・カバー的に50円手前まで一時値を上げた。               

注目ポイント
今日は、ドル円、クロス円の上値が重い感じ。 あまり高値圏での買いは得策となら
ない。尚13日は、都合により朝一回の配信となります。 

続きを読む "2009年03月12日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年03月12日 London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
12日の東京市場は、日本の10-12月期GDP2次速報が、予想を上回ったことや3
月期末決算に向けた本邦機関投資家のレパトリなどでの円買いで、円が急騰気味と
なった。ドル円は97.46から95.95まで一時値を下げ、ユーロ円も125.07から12
2.60まで下落。 一時1.2872まで値を上げたユーロドルも、ユーロ円の売りに1.
2758まで下落し、ポンドドルは、1.3920から1.3824まで下落した。 その他クロ
ス円も総じて値を下げ、ポンド円が135.09から132.84、オージー円が、豪州雇用
統計を受けて63.46まで上昇後、61.86まで値を下げ、NZD円が、利下げ後の高
値50.03から48.91、カナダ円が75.85から74.31、スイス円が84.50から82.
89まで下落した。        

注意ポイント
今日は円が堅調な可能性が続きそうで、買いは注意。

続きを読む "2009年03月12日 London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年03月13日

2009年03月13日 All Day  FX Strategic Co-op

前日海外市況
12日のロンドン市場では、円買いが強まった後は、ドル円、クロス円のショート・カ
バー中心の動きとなった。NY市場では、スイス中銀が0.25%の利下げ実施後、
スイスフランの上昇を阻止するために「外貨買いを行う」と発表したことで、大きくス
イスフラン売りが強まる中、欧州通貨は乱高下展開も、株価が堅調な推移となった
ことで、リスク回避の後退から、ドル売り、円売りが強まった。ユーロドルは、引き続
き国際機関の買いが下値を支えて、1.2731から1.2946まで上昇、ポンドドルも
1.3703から1.3984の高値をつけ、ドル円は、スイス中銀の外貨買いが、日本
の介入の警戒感に変わり95.65から98.53まで、強く値を上げた。一方クロス円
は、NYダウが230ドルを越える上昇となったことで、買い戻しが優勢となった。 ユ
ーロ円が122.12から126.42、ポンド円が131.44から136.55、オージー円
が61.45から64.15、NZD円が48.59から51.12、カナダ円が74.00から7
6.71まで値を上げ、東京の高値を越えたが、スイス円は、ドルスイスが1.1958
レベルまで値を上げたがことで、一時81.34まで下落した後も、反発が82.60-
65レベルに限定された。               

注目ポイント
ドル円、クロス円は急落から反発が大きく、一旦直近の上下を見た感じ。こういった
ブレイクまでは、揉合い的となりそう。 また本日は、都合により朝一回のみの配信
となります。 

続きを読む "2009年03月13日 All Day  FX Strategic Co-op" »

2009年03月16日

2009年03月16日 Asian Time FX Strategic Co-op

前日海外市況
13日のロンドン市場は、週末のポジション調整から、円売り、ドル売りが強まった。
中東筋からの円売りが入ったが、上値は限定的。 NY市場では、3月米ミシガン大
消費者態度指数は強かったが、特に反応はなく、週末のG20もあり、様子見的な雰
囲気が続いた、NYダウも揉み合い的からは、クロス円、ドル円では利食いが優勢と
なった。 ドル円は、一時ロンドンで98.67の高値をつけたが、その後は、は97.8
1-86レベルへ下落、ユーロ円は、同様に127.65の高値から、125.90-95
レベルへ下落、ポンド円は、138.40から136.30-40、オージー円は、64.97
から64.08-13、NZD円は51.89から51.15-20、カナダ円は77.89から7
6.76-81、スイス円は83.17から82.28-33へ下落した。一方欧州通貨も揉
み合いの様相となったが、ユーロドルは、ロンドンの高値1.2958からロンドン・フィ
キシングでの大量の売りの噂に、1.2862へ下落後、じりじりと1.29台を回復、ポ
ンドドルもロンドンの高値1.4069からS&Pが、ネーションワイド住宅組合の見通
しを安定的からネガティブに引き下げたことで、じりじりと1.3944-49へ下落し
た。               

注目ポイント
材料も薄く、若干揉合いの様相。 割り切ってトレードしておきたい。  

続きを読む "2009年03月16日 Asian Time FX Strategic Co-op" »

2009年03月16日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
 16日の東京市場は、早朝からはG20への失望感から、円買い、ドル買いが強まった
が、その後は東京株式市場が堅調に推移したことや仲値不足、クロス円の買いニー
ズから、逆張りの反応。 ドル円は、97.55から98.50まで上昇し、ユーロドルも1.
2835から1.2957まで反発、ユーロ円が125.52から127.42まで値を上げた。
またポンドドルも、ショート・カバーが優勢となり、1.3891から1.4104へ値を上げ、
ポンド円が135.94から138.72まで上昇。その他オージー円が、63.79から64.
79、NZD円が50.87から51.73、カナダ円が76.31から77.44まで値を上げ
た。

注目ポイント
 週初で材料難の中、円が軟調、ドルが軟調推移となっているが、更なる強い上昇に群
がるかは、NY株価次第。見てからの対応がベターとなる。

続きを読む "2009年03月16日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年03月17日

2009年03月17日 Asian Time FX Strategic Co-op

前日海外市況
17日のロンドン市場では、英バークレイズの営業が、好調な滑り出しとなったとの
報道を受けて、欧州通貨買い、クロス円の買いが進んだ。NYでは、アジア、ロンドン
からの円売り、ドル売りに利食いが優勢となった。予想より弱い2月米鉱工業生産
や設備稼働率には、特に反応は出ておらず、寄り付きから堅調に150ドル高まで上
昇したNYダウは、引けにかけてマイナス圏に下落して終了した。 ユーロドルは、
1.3072の高値から1.2950-55まで値を下げ、ポンドドルも、ロンドンでの1.4
230の高値からは、1.4049-54レベルへ下落、ドル円は98.65の高値からは
98.00-05レベルで下値をホールドして、サイド・ライン的な揉合いとなった。 一
方クロス円も同様で、ユーロ円が128.74の高値から127.14へ下落、ポンド円
が140.02から137.93、オージー円が65.37から64.67、NZD円が52.38
から51.94、カナダ円が77.91から77.04、スイス円が83.40から82.75ま
で調整した。               

注目ポイント
ドル円、クロス円は本日調整リスク。 底堅いとしても、あまり上がるイメージに薄い。 

続きを読む "2009年03月17日 Asian Time FX Strategic Co-op" »

2009年03月17日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
17日の東京市場は、材料難から動意が薄い展開も、東京株式市場が堅調に推移し
たことを受けて、円が軟調気味の推移となった。 また欧州通貨も経済指標やFOM
Cを控え、動きづらい展開となった。 ユーロドルは、アジア勢の買いで、1.2953か
ら1.3034まで上昇も更に上値を伸ばせず、ポンドドルは、1.4023から1.4138で
の推移、ドル円は、98.09を下値に、午後になって、上値のストップをつけて、一時
98.86まで値を上げた。 一方クロス円は、利食いも限定的で、堅調な形となったが、
上値は引き続き一筋縄ではない。ユーロ円が127.20から128.54、ポンド円が13
7.92から139.37、オージー円は、豪準備銀行3月定例理事会議事録で、一定の
利下げに言及されたが、下値は限定的で、64.64から65.25まで上昇、NZD円が
51.89から52.47、カナダ円が77.09から77.76での推移となった。        

注意ポイント
円が軟調気味な推移となっているが、上値は利食いがしっかりと待ち構えているよう
で、上値追いは厳しい。 買うならしっかりとDips待ち。 上値では利食い優先が良
さそう。 

続きを読む "2009年03月17日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年03月18日

2009年03月18日 Asian Time FX Strategic Co-op

前日海外市況
17日のロンドン市場では、ユーロ圏と独3月ZEW景気期待指数が、ともに予想よ
り強い結果となったことを受けて、一時ユーロ買いが強まったが、大きな動きとなら
なかった。 NY市場でも、全般的にFOMCを明日に控え、模様眺めの展開。 ただ
し、NYダウが、170ドル高と堅調なレベルで終了したことで、ドル円、クロス円は底
堅いレベルを維持して終了した。ユーロドルは、一時1.2932まで下落したが、1.
2930のストップをつけることが出来ずに、1.3015-20まで反発。ポンドドルは、
軟調推移から1.3968に値を下げ、ユーロポンドは0.9280まで値を上げた。
円がらみでは、98.98の高値まで上昇後、オプションの防戦売りで、98.45-50
まで値を下げ、 ユーロ円は、128円ミドルが上値を抑え、127.75との揉合い、ポ
ンド円は137.99から138.67レンジ、オージー円は65.44まで値を上げた後
も、65円台で底堅く、NZD円は一時52.64の高値、スイス円は83.67の高値、
カナダ円は、77.82を上値に小康状態となった。               

注目ポイント
円が軟調気味で、水曜日ということもあり、案外クライマックス的なドル円、クロス円
の上昇もありそう。 尚、当リポートの配信は3月末をもって、終了となります。 長ら
くご愛顧頂き大変有難うございました。

続きを読む "2009年03月18日 Asian Time FX Strategic Co-op" »

2009年03月18日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
18日の東京市場は、本邦機関投資家からのレパトリ売りが出た模様で、円が堅調な
推移となった。また欧州通貨は、米FOMCを控えて、揉合い気味の推移となった。ド
ル円は、98.85で上値を押さえられて、一時98.28まで下落。 これを受けてクロス
円も総じて値を下げ、ユーロ円が128.83から128.03、ポンド円が138.99から1
37.38、オージー円が65.47から64.98、NZD円が52.47から51.94、カナダ
円が77.84から77.34、スイス円が83.75から83.23まで下落した。またユーロ
ドルは、1.3066まで上昇後、トリシェECB総裁の「1.50%が政策金利の下限だと
思わない」との発言を受けて1.2994へ値を下げ、ポンドドルも、1.4072から1.3
950まで下落した。日銀金融政策決定会合では、政策金利が据え置かれ、長期国債
買い切りを増額すると表明されたが、大きな材料となっていない。        

注意ポイント
まだまだ揉合いの様相のようだが、今夜のFOMCが若干波乱か? 特に米国債の買
い入れ問題が、どういった市場にインパクトを与えるか注意。 尚、当リポートの配信
は、今月末をもって終了させていただきます。 今までご愛顧頂き大変有難うございま
した。

続きを読む "2009年03月18日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年03月19日

2009年03月19日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
18日のロンドン市場は、英MPC議事録への思惑や英1月失業者数の大幅悪化を
受けて、ポンド売りが進んだ。NY市場序盤は、米消費者物価指数や米第4四半期
経常収支が、予想より強い結果となったが、大きく材料視されず、FOMCで、金利
は据え置かれたが、同時に、半年以内に最大3000億ドルの米長期国債購入を発
表。これを受けて米債利回りが急低下となったことから、ドル全面安となった。ユー
ロドルは、1.3499と一過性の上昇となり、ポンドドルも1.3845から1.4298ま
で値を上げ、ドル円は、95.66まで急落した。 ただし、NYダウが170ドル高へ切
り返したことで、96円台を回復して引けた。 一方クロス円は、一時ドルの急落に、
下ヒゲを出す急落となったが、その後は欧州通貨の反発や株価につれて、堅調な
レベルを維持した。 ユーロ円が128.00の安値から、129.80まで値を上げ、ポ
ンド円は、135.24の安値から、 137.44まで反発。 オージー円は、64.13か
ら65.33、NZD円は51.33から52.53まで値を戻した。
 
注目ポイント
昨晩の乱高下からは、一服気味の展開。 特にスピード感が強かったことで、蒔き
戻し的な動きに注意したい。

続きを読む "2009年03月19日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年03月19日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
19日の東京市場は、昨日のドル前面安からは、ドルの買い戻し気味となったが、
東京株式市場が上げ渋ったことや3月期末決算に向けた本邦機関投資家のレパトリ、
AIG問題で、ガイトナー米財務長官の辞任の噂が広がったことから、円が再度買い
戻される動きとなった。 ドル円は、95.65から96.62まで反発後、95.27の安値
まで下落、ユーロドルは、ショート・カバーで、朝方1.3536の高値まで上昇後は、1.
3416まで下落、ポンドドルも1.4337から1.4165まで値を下げた。一方クロス円も、
売りが強まり、ユーロ円は、130.32から128.18、ポンド円は137.93から135.2
4、オージー円は65.49から64.23、カナダ円は77.46から76.38まで下落した。        

注意ポイント
若干方向感が見えづらい状況だが、一応昨晩のFOMC後の相場の、反対的な動
きを想定したい

続きを読む "2009年03月19日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年03月20日

2009年03月20日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
19日のロンドン市場では、東京のドルの買い戻しからは、再度ドル売りが再燃す
る形。NY市場でも、FOMCの長期債買い入れを受けた、米長期金利の低下を背景
にドル全面安の流れが継続し、軟調な株価には特に反応は薄かった。 ユーロドル
は、1.3739まで値を上げ、ポンドドルも1.4596の高値まで上昇、ドル円は、グッ
ド・ネームの大口売りで93.55まで下落した。 一方クロス円は、若干揉合いの様
相となり、ユーロ円は、投機筋の売りで129.70-75を高値に、128.30-35へ
調整、ポンド円は、137.72から136.31、オージー円は直近高値を若干上回り6
5.58まで反発後、64.65-70レベルへ値を下げ、NZD円は、52.25を安値に
52.74まで上昇、カナダ円は77.78まで強い上昇後、75.91まで下落し、スイス
円は84.33から83.43まで下落後、じりじりと高値圏を目指す動きとなった。
 
注目ポイント
東京市場が休場のため、一部のペアだけの配信となります。

続きを読む "2009年03月20日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年3月20日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
 20日のアジア市場では、東京勢不在の中、動意の薄い展開。 米系ファンドなどから
のドルの買い戻しが主流となったが、欧州勢参入後は、ショート・カバー的にドルが売
れる展開となった。 ユーロドルは、1.3616まで下落後、1.3725レベルへ反発。
ポンドドルも1.4432から1.4589へ値を戻した。 一方ドル円は、アジア勢の買い
で94.85まで値を上げたが、その後94.15レベルへ一時下落も底堅い展開。 クロ
ス円では、ユーロ円が129.02から129.57、ポンド円が136.61から137.74、
オージー円が64.72から65.46、NZD円が、堅調に52.25から53.20まで値を
上げ、カナダ円が76.13から76.94、スイス円が84.00から84.59での推移とな
った。

注目ポイント
 週末のポジション調整が主流と見られ、静かな週末となるか注目となる。 

続きを読む "2009年3月20日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年03月23日

2009年03月23日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
20日のロンドン市場では、荒れた動きの中、ユーロ圏の生産者物価指数が全般的
に弱かったことやドイツ・キリスト教民主同盟のバーンハルト議員による「ECBはEU
加盟国破綻回避のための準備がある」との報道が否定されたことで、ドル買いが強
まった。 NY市場でもドルの買い戻しが進んだ。特別な経済指標の発表のない中、
週末のポジション調整が中心の動きとなったが、NYダウは揉合い気味ながら、結
局120ドル安で引けたが、為替市場の反応は薄かった。 ユーロドルは、1.3535
まで下落後、1.3650-55レベルに反発したが、一時1.3516まで安値を更新。
その後は1.3540-1.3600レンジでの揉合い気味の推移となり、ポンドドルは、
ロンドン序盤の1.4585-90の高値からは、1.4390-00を守って、揉合い気
味となり、 ドル円は、96.27まで上昇後は、95.70-96.00レンジの推移とな
った。 一方クロス円は、堅調から総じてアジア時間の高値を更新した。ユーロ円が
130.49、ポンド円が138.97、オージー円が66.33、NZD円が53.94、カナ
ダ円が77.78、スイス円が85.59まで一時値を上げた。
 
注目ポイント
早朝から、欧州通貨買い、クロス円の買いが強まっているが、大きな材料は想定さ
れず、しっかりと逆張りスタンスが安全そう。 尚当リポートの配信は、今月末で終
了いたします。 今までのご愛顧有難うございました。

続きを読む "2009年03月23日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年03月23日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
23日の東京市場は、早朝は利食いの円買いが強まったが、本邦輸入企業や本邦
機関投資家からの買い、米国金融システム安定化策への期待感からNYダウ先物、
東京株式市場が堅調に推移したことで、円が軟調推移となった。 ドル円は95.39
から96.57まで一時値を上げ、ユーロドルは、独ダイムラー社がUAE政府系ファン
ドから出資を受け入れるとの報道で、ユーロ買いが強まり、ユーロドルは、1.3565
から1.3737まで値を上げ、ポンドドルは、1.4458から1.4617まで値を上げた。
一方クロス円も総じて堅調で、ユーロ円が130.00から131.97、ポンド円は138.
14から140.19、オージー円は、65.88から67.27、NZD円53.43から54.55、
カナダ円は、77.05から78.21、スイス円は84.91から86.92まで上昇した。

注意ポイント
ドルの買い気味となっている。 今晩「ガイトナー米財務長官が本日の日本時間21
時45分に不良債権買取りについて会見」との報道が出ているが、こういった面では、
発表が失望感に繋がるので注意。 

続きを読む "2009年03月23日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年03月24日

2009年03月24日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
23日の海外市場では、米財務省が最大1兆ドル規模の不良資産買取計画を発表
したことを好感して、ダウ平均が500ドル高の上昇を実現して、円売り、ドル売りと
なった。ユーロドルは、ロンドン市場で、1.3485まで下落したが、その後は1.36
60-65レベルまで反発、ドル円は97.35の高値をつけて、クロス円も高値を更
新。ユーロ円が132.56、ポンド円が141.87、オージー円が68.55、NZD円が
55.63、カナダ円が79.60、スイス円が86.39まで値を上げた。
 
注目ポイント
円が軟調な展開となっているが、更に上値追いは不透明。 しっかりと利食いを入
れて、様子見スタンスが安全そうだ。

続きを読む "2009年03月24日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年03月24日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
24日の東京市場は、東京株式市場が堅調に推移したことや本邦機関投資家、米系
ファンドからの円売りが強まった。ドル円は96.92から98.58まで強い上昇とな
り、クロス円の総じて大きく値を拡大した。 ユーロ円が132.05から134.50、ポ
ンド円が140.99から144.84、オージー円が68.05から69.61、NZD円が5
5.14から56.26、カナダ円が79.02から80.63、スイス円が86.12から87.
75まで値を上げた。一方欧州通貨は揉合い後、利食いに押されている。 ユーロド
ルが1.3678まで上昇後、1.3588まで下落、ポンドドルも1.4735から1.454
8まで値を下げた。 日経平均は、プラス272円高の8488円で引けた。

注目ポイント
円が軟調を継続しているが、昨日のNY ダウの500ドル高が出来すぎで、更なる上
値追いは厳しそう。

続きを読む "2009年03月24日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年03月25日

2009年03月25日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
24日のロンドン市場では、ユーロ売りが強まる形から、ドル円、クロス円は、高値
をつけた後の方向感に乏しい展開となった。 NY時間では、大きな材料に薄い中、
NYダウが一時のプラスから、マイナス圏へ転落、ドル円、クロス円に利食いが優勢
となるなか、ドルの買い戻しが優勢となった。 ユーロドルは、1.3431の安値へ下
落、ポンドドルは、1.4450レベルから1.4778まで値を上げ、ドル円は97.65-
70の下値を限定した。一方クロス円はじりじりと利食いに抑えれる展開から、日中
の安値を更新。ユーロ円が131.43、オージー円が67.80、NZD円が54.83ま
で下落したが、ポンド円の下落は143.25-35レベルに留まった。
 
注目ポイント
円が軟調な展開となっているが、更に上値追いは不透明。 しっかりと利食いを入
れて、様子見スタンスが安全そうだ。

続きを読む "2009年03月25日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年03月25日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
25日の東京市場は、昨日のNYの地合いを引き継ぎ、ドル売り、円買いが優勢とな
った。 ドル円は、早期には5-10日の仲値不足の思惑から一旦ショート・カバー気
味に、98.35まで値を上げたが、実際は仲値が余剰だったこと、2月の貿易収支が
赤字予想に反して黒字となったことや東京株式市場が弱含みに推移したことで、そ
の後は売りが優勢となり、一時97.35まで下落した。ユーロドルは、引き続き利下
げの思惑が残り、1.3497から1.3441まで値を下げ、ポンドドルも1.4720から
1.4629まで下落した。 一方クロス円は、ドル円同様利食いが優勢となり、ユーロ
円が132.56から130.98まで下落、ポンド円が144.58から142.62、オージ
ー円が68.75から67.67、NZD円が55.39から54.31、カナダ円は80.04か
ら79.07、スイス円は86.99から86.01まで値を下げた。

注目ポイント
水曜日の動向で注意が必要だが、今日のドル円、クロス円の下げが、下値を確定す
るか注目される。 尚当リポートは今月末で、配信を終了いたします。今まだご愛顧
頂き有難うございました。

続きを読む "2009年03月25日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年03月26日

2009年03月26日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
25日のロンドン市場では、英40年債入札が不調となったことや英3月CBI流通取
引調査が、前月比から大きく悪化したことで、ポンド売りが強まった。NY市場では、
ガイトナー米財務長官が、中国人民銀行の周小川総裁のレポートとなる「ドルのみ
に基軸通貨を依存せず、国際通貨基金の準備金である特別引き出し権(SDR)の
役割を拡大すべき」に対して、「中国の提唱したSDRにリンクした通貨システムに向
けた動きに関しては、かなりオープンである」などと発言したことで、基軸通貨のドル
の信認が揺らぎ、一時大きくドル売りが強まったが、その後同総裁が、「基軸通貨と
してのドルの地位に変化はない」、ボルカー経済顧問も「中国の提案は現実的では
ない」と述べたことで、ドルの買い戻しとなった。 ユーロドルは、ロンドンの安値1.
3418から1.3658まで上昇、ドル円は98.09から96.90まで一時急落したが、
その後は97円台での保合となり、ポンドドルは、1.4721へ上昇後、1.4516ま
で下落した。一方クロス円もNYダウが一時の200ドル高からマイナス50ドル安へ
下落、引けでは89ドル高まで値を戻し、ドル円と欧州通貨の動きに右往左往しが、
比較的堅調なレベルを維持した。 ユーロ円は、130.77へ下落後132.89で上
昇、スイス円は86.01から87.23、NZD円が54.09から55.83へ値を上げ、
日中高値を上回ったが、オージー円は67.27から68.66、カナダ円が78.86か
ら79.87の上昇に留まった。 ただし、ポンド円は、ポンドの売り圧力に143.35を
高値に140.97まで一時下落した。
 
注目ポイント
ドル円、クロス円は堅調な範囲だが、揉合い気味を想定しており、逆張りスタンス。

続きを読む "2009年03月26日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年03月26日 London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
 26日の東京市場は、材料難の中揉み合い推移となったが、本邦機関投資家からの
円売りで、円は軟調気味な推移となった。欧州通貨では、欧州連合での東欧加盟
国の政治的混乱が嫌気して軟調推移から、ユーロドルは、1.3617から1.3537ま
で下落、ポンドドルは、1.4625から1.4537での推移となり、ドル円は97.44から
98.23まで一時値を上げた。 一方クロス円も総じて堅調推移で、ユーロ円が132.
35まで下落後、133.47まで上昇、ポンド円は141.66から143.56まで値を上げ、
オージー円は67.93から68.89、カナダ円が79.10から80.01まで上昇したが、
NZD円は、長期金利の急上昇を受けて、55.12から56.72と直近高値を上回る
上昇となった。 

注意ポイント
円は軟調気味で、こういった展開が続きそう。しっかりとDipsを待つ必要はあるが、
堅調が期待値となる。 

続きを読む "2009年03月26日 London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年03月27日

2009年03月27日 Asian Time  FX Strategic Co-op

前日海外市況
26日のロンドン市場では、ファンド勢が纏まった買いを入れてきたこともあり、ドル
円・クロス円は堅調な推移となった。NY市場では、材料に乏しい中、ドル買い、円売
りが強まった。NYダウが寄り付きから堅調な上昇となったことも影響している。 ユ
ーロドルは、パパデモスECB副総裁の発言をきっかけに、1.3640まで上値を拡
大したが、英系・欧州系のまとまった売りオーダーに、1.3492まで逆に値を下げ、
ポンドドルも1.4683から1.4424で下落した。ドル円はじりじりと値を上げ、98.
87の高値まで上昇、クロス円も総じて堅調推移となった。 ユーロ円が132.93、
ポンド円が143.59、オージー円が69.44、NZD円が57.11、カナダ円が80.3
5、スイス円が87.70の高値まで一時値を上げた。
 
注目ポイント
さてさて、金曜日ということもあるが、ポジション調整の動きには注意。また円は軟
調が継続しているが、クリティカルなレベルが近いので上値を追いはできないが、逆
に超えると強い上昇となるので、この辺を見て対応したい。

続きを読む "2009年03月27日 Asian Time  FX Strategic Co-op" »

2009年3月27日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
27日の東京市場は、昨晩のNY市場の動向からは一転して、円が堅調推移となっ
た。 四半期末最終売買日に絡んだファンド勢の売り未だ3月期末決算に絡んだ
本邦機関投資家のリパトリの売りが上値を抑え、ドル円は98.87から97.70ま
で下落した。 一方ユーロドルは材料難から1.3521から1.2592での揉合い推
移。ポンドドルも1.4429から1.4487での推移となった。一方クロス円はドル円
につれて全般的に利食いが優勢。ユーロ円は133.86から132.55、ポンド円
は142.97から141.07、オージー円が69.48から68.16、NZD円は57.1
8から56.05、カナダ円が80.47から79.52、スイス円が87.76から86.82
へ値を下げた。

注目ポイント
週末のポジション調整が基本で、材料難からは動意は不透明となる。

続きを読む "2009年3月27日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年03月30日

2009年03月30日  Asian Time  FX  Strategic Co-op

前日海外市況
27日のロンドン市場では、来週のECB理事会を前に、一部メディアが、ECBが量
的緩和を実施するとの観測記事を受けて、ユーロ売りが強まったが、これを受け
て、ドル買い、円買いの流れ。 日本とロシアが外貨準備のドル依存は変わらない
発言したことも影響があったようだが、総じて期末・週末で商いの薄い中、フローに
振らされる動きとなった。 NY市場では、欧州市場の動きが一服して、週末を控え
たポジション調整の動きが中心となったが、NYダウが、8000ドルを前に、利食い
売りから下落傾向が鮮明になったことで、ドルや円は堅調なレベルで引けている。
ユーロドルは、1.3337まで下落後、1.33前半を重くして再度1.3256の安値を
つけ、ポンドドルは1.4269まで下落、ドル円もロンドン時間に97.10の安値まで
下落したが、その後の反発は98.30台に限定された。 一方クロス円もロンドン昼
過ぎに安値をつけた後は、反発的も戻りは限定された。ユーロ円が129.53から1
30.63-68レベル、ポンド円が139.03から140.71、オージー円が67.23か
ら68.23、NZD円が55.48から56.15、カナダ円が78.40から79.31、スイ
ス円が85.08から85.92まで反発した。

注目ポイント
当リポートの配信は、今月末で終了します。今までご愛顧いただき有難うございまし
た。

続きを読む "2009年03月30日  Asian Time  FX  Strategic Co-op" »

2009年03月30日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
30日の東京市場は、米自動車作業部会が米ゼネラル・モーターズとクライスラーの
再建計画受け入れを拒否したことで、株価の下落やリスク回避の円買いが大きく進
んだ。 ドル円は98.32から95.96まで下落し、ユーロ円が130.55から126.43
まで急落。 ユーロドルもこれにつれて1.3290から1.3165まで値を下げた。また
ポンドドルが1.4298から1.4130まで下落、ポンド円が135.72、オージー円が6
4.98、NZD円が53.64、カナダ円が76.56、スイス円が83.39まで下落した。た
だ米大統領の自動車対策発表は、今夜予定されており、こういった内容がどこまで
深刻かは不透明。        

注意ポイント
今夜の米大統領の自動車対策発表では、逆説的なサプライズの可能性もあり注意。
また織り込みの可能性も残っている。

続きを読む "2009年03月30日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

2009年03月31日

2009年03月31日  Asian Time  FX  Strategic Co-op

前日海外市況
30日のロンドン市場では、オバマ大統領の発表を前に、ドル円、クロス円に安値か
ら買い戻しの動きが中心となった。NY市場では、オバマ大統領が米GMとクライス
ラーに対する延命処置を発表。一時ドル円、クロス円が戻り安値を目指す動きとな
ったが、NYダウが、寄り付きから330ドル近い下落となり、反発が限定されたこと
で、その後は揉合いの推移となった。ユーロドルは、ロンドン・フィキシングでの期末
に向けた纏まった売りの噂で、1.3210前後を上値に1.3114まで下落。 ドル円
は、97.10-15の戻り高値からは、96.65-70の安値との揉合い推移。ポンド
ドルは、1.4130-35を支えて1.4230-35まで反発している。 一方クロス円
も東京・ロンドンの安値からは反発後、戻り安値との揉合いの位置で推移。ユーロ
円が128.30レベルまで反発、ポンド円が138.86、オージー円は66.21、NZD
円が54.83、カナダ円が77.67から76.78まで値を下げ、、スイス円が84.68
まで一時値を戻した。

注目ポイント
当リポートの配信は、本日で終了致します。 今までご愛顧いただき、大変有難うご
ざいました。 これからもトレードでがんばってください。 皆様のご多幸をお祈り申し
上げております。

続きを読む "2009年03月31日  Asian Time  FX  Strategic Co-op" »

2009年03月31日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
31日の東京市場は、月末・期末の仲値需要から本邦機関投資家、本邦輸入企業
や信託の円売りで、円が軟調な推移となった。 また欧州通貨もクロス円の買いを
受けて、堅調な推移となっている。ユーロドルは、1.3175から1.3283まで上
昇、ポンドドルも1.4241から1.4319まで値を上げ、ドル円は、97.24から9
8.50まで一時上昇した。 一方クロス円も堅調で、ユーロ円が128.27から13
0.65、ポンド円が138.52から141.13、オージー円が66.10から67.86、
NZD円が54.51から55.98、カナダ円が76.94から78.45、スイス円が84.
49から86.04まで一時値を上げた。        

注意ポイント
当リポートの配信は、本日で終了致します。 今までご愛顧いただき、大変有難う
ございました。 これからもトレードでがんばってください。 皆様のご多幸をお祈り
申し上げております。

続きを読む "2009年03月31日  London&NY  FX Strategic Co-op" »

About 2009年03月

2009年03月にブログ「だいまん Daily FX」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。