« 2009年03月30日  London&NY  FX Strategic Co-op | メイン | 2009年03月31日  London&NY  FX Strategic Co-op »

2009年03月31日  Asian Time  FX  Strategic Co-op

前日海外市況
30日のロンドン市場では、オバマ大統領の発表を前に、ドル円、クロス円に安値か
ら買い戻しの動きが中心となった。NY市場では、オバマ大統領が米GMとクライス
ラーに対する延命処置を発表。一時ドル円、クロス円が戻り安値を目指す動きとな
ったが、NYダウが、寄り付きから330ドル近い下落となり、反発が限定されたこと
で、その後は揉合いの推移となった。ユーロドルは、ロンドン・フィキシングでの期末
に向けた纏まった売りの噂で、1.3210前後を上値に1.3114まで下落。 ドル円
は、97.10-15の戻り高値からは、96.65-70の安値との揉合い推移。ポンド
ドルは、1.4130-35を支えて1.4230-35まで反発している。 一方クロス円
も東京・ロンドンの安値からは反発後、戻り安値との揉合いの位置で推移。ユーロ
円が128.30レベルまで反発、ポンド円が138.86、オージー円は66.21、NZD
円が54.83、カナダ円が77.67から76.78まで値を下げ、、スイス円が84.68
まで一時値を戻した。

注目ポイント
当リポートの配信は、本日で終了致します。 今までご愛顧いただき、大変有難うご
ざいました。 これからもトレードでがんばってください。 皆様のご多幸をお祈り申し
上げております。

通貨ペア:ドル円
前日レンジ(95.96-98.32)・(予想レンジ)96.65-98.00
短期戦略;Cautious 中長期戦略;Cautious

95.96まで急落気味となったが、反発が97.53まで戻して、一旦の更なる急落リ
スクは避けられた形。 ただし、97.50-70に窓を残し、超えても97.85-95の
小さな窓が残り、この位置に60分足のレジスタンスが控え、戻り売りが出易い位
置。あくまで98.05-10や98.30-45の戻り高値を超えるまでは、アク抜けで
きない。下値は戻り高値のから反落が97.00-05で維持されており、この維持で
は強い可能性は残るが、維持できないと96.80-85、96.60-70の戻り安値
がターゲットとなるが、こちらも短期サポートからは、この辺の維持までは、未だ底
堅い動きが想定されるが、96.40-45の節目割れでは、 96.10-15が再視
野となり、95.95-00を割れると95.65-90の戻り安値、95.40-45、95.1
5-25の下ヒゲなどまでターゲットとなる可能性に留意しておきたい。従って戦略と
しては、まずは97.00-05と97.30-35のブレイクに注目して、ホールドした方
向の逆張りから、ブレイクの場合上値は97.50-55越えでの順張りから、97.6
5-70、97.85-95と利食い&売り上がりで、一旦98.05-10まで売り上がり
の余裕を持って、ストップは、98.30-45越えまたは、98.55-60の倍返しとな
る。 一方下値は、順張りから96.80-85,96.60-70などでは維持を見なが
ら買い戻しで、買いはこういった位置のホールドを見て、ストップは96.40-45割
れでの対応。倍返しも検討されるが、95.95-96.15の維持なら買い戻しも割れ
ると、95.85-90も割れるなら95.40-45、95.15-25での買い戻しとなる。
またこの位置の買いは94.80-85割れがストップ。 (予想時レート:97.30 予
想時間 06:40)


通貨ペア:ユーロドル
前日レンジ(1.3113-1.3290)・(予想レンジ)1.3150-1.3300
短期戦略;Sell 中長期戦略;Sell on Rally

下落が進んだが、指摘した1.3155-60の窓の下限を割れるも、下落は1.311
0-15で下げ止まりを見せて、1.31を守る形から、サポートを形成。現状この位
置となる1.3150-65の維持では堅調。また1.3175-80の戻り安値の維持で
は、強い形が見えて、下降フラッグの上限となる1.3200-05を超え気味の展
開。未だしっかりと超えておらず、更に上値追いは厳しいが、1.3210-15の戻り
高値を超えると1.3240-45から1.3250-55の窓、1.3270-85の戻り高
値などもターゲットとなるが、一応1.33前後にマイナー・レジスタンスが控え、戻り
売りが出易い。オーバーシュート的には、1.3310-20の戻り高値まで反発があ
っても、1.3325-40の窓の下限を超えるまでは、売り場探しとなる。従って戦略
としては、まずは1.3175-80と1.3210-15のブレイクに注目して、ホールドし
た方向の逆張りから、ブレイクの場合上値は、順張りから1.3240-55の動向を
見て、Capなら利食いも超えると1.3270-85での利食いで、売りは1.33前後
から1.3310-20まで売り上がって、ストップは1.3325-40越えとなる。 一方
下値は、1.3150-65まで買い下がりで、ストップは1.3110-15割れで、1.3
085-05が倍返しから、ターゲットは1.3025-60ゾーンでの買戻し&買い下が
りで、ストップは1.2885-90割れとなる。(予想時レート:1.3205 予想時間 0
6:50)


通貨ペア:ユーロ円
前日レンジ(126.43-130.55)・(予想レンジ)127.80-129.50
短期戦略;Sell  中長期戦略;Sell on Rally

安値の126.35-40からはサポートを描いて反発的で、現状はこの位置となる1
27.70-90ゾーンの維持では、買いが検討される。注意は127.55-60や12
7.00-05の戻り安値割れ。 一方上値は、窓の下限となる128.60-65の上
抜けがファースト・ステップで、超えると129.40-50の窓の上限がターゲットとな
るが、こういった位置では売りが出易く、129.75-80の下落スタート位置を超え
るまでは、売り場探し。 また超えるケースがあっても、130.10-25の戻り高値、
130.50-55では売りが出易く、130.60-95の窓を超えるまでは、売り場探し
となる。 従って戦略としては、まずは128.15-20と128.60-65のブレイクに
注目して、ホールドした方向の逆張りから、ブレイクの場合上値は、慎重な順張りか
ら、129.40-50を前に利食い優先。 また売りは129.75-80を一旦倍返しと
して設定となるが、超えても130.10-25での利食いから、130.50-55と売り
上がりで、ストップは130.60-65越えまたは、130.90-95越えでの対応。
一方下値は、127.70-90と買い下がりで、ストップは127.55-60割れまた
は、127.00-05割れに置いて、買い下がりでの対応となるい。 (予想時レート:
128.60 予想時間 07:05)


通貨ペア:ポンド円
前日レンジ(135.72-140.46)・(予想レンジ)137.50-140.15
短期戦略;Cautious  中長期戦略;Cautious

135.65-70の安値からはサポートを描いて堅調な反発となるも、上値は現状1
39.30-35の戻り高値で抑えており、更に上値追いは厳しい。また更なる上値で
は、139.40-45の戻り高値から139.55-60のそれまでの安値にマイナー・
レジスタンスが控え、こういった上抜けが実現するまでは、更に上値期待は厳しい
が、越えると139.80-85、140.10-15、140.40-50の戻り高値がターゲ
ットとなるも、140.65-70や140.90-95の戻り高値を超えるまでは、売り場
探しとなる。 一方下値は、サポートとなる138.45-60が維持されると強い形も
割れると137.95-00の窓の下限が視野となるが、外部サポートからは買い下が
りが検討される位置で、注意は137.50-65の窓や136.80-90、136.40-
45の戻り安値割れとなる。 従って戦略としては、まずは138.45-60と139.3
0-35のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りから、ブレイクの場合上値
は、139.40-60ゾーンが倍返し圏で、ターゲットは、139.80-140.15、14
0.40-50と利食い優先から、売り上がりで、ストップは140.65-70または、1
40.90-95の倍返し。 下値は、137.95-00まで買い下がりで、ストップは13
7.50-65割れ。 または、136.80-90割れにおいて、買い下がりでの対応だ
が、136.40-45割れは倍返しとなる。(予想時レート:138.80 予想時間 0
7:30)


通貨ペア:オージー円
前日レンジ(65.02-68.05)・(予想レンジ)=65.60-67.05
短期戦略;Sell  中長期戦略;Sell on Rally

下値は65.00-05を守って、サポートを描いて上昇も、上値は窓の下限を超える
も66.50-55で上げ渋っており更に上値追いは厳しい。また超えても66.75-8
0に60分足のレジスタンス、67.00-05に窓の上限が控え、67.25-35から6
7.75-80の窓を超えるまでは、売り場探しとなる。 一方下値はサポートからは、
66.00-15が維持されると堅調も、割れると65.75-85、65.60-65の外部
サポートがターゲットとなることから、こういった位置まで買い下がりの余裕を持って
対応。注意は65.40-45や65.20-25の戻り安値割れとなる。 戦略として
は、まずは66.00-15と66.50-55のブレイクに注目して、ホールドした方向
の逆張りから、ブレイクの場合上値は66.75-80、67.00-05と売り上がりで、
ストップは67.25-35の倍返し。下値は65.75-85、65.60-65と買い下が
りで、ストップは65.40-45または65.20-25割れとなる。(予想時レート:66.
30 予想時間: 08:20)


通貨ペア:NZD円
前日レンジ(53.70-55.89)・(予想レンジ)54.20-55.50
短期戦略;Sell 中長期戦略;Cautious

安値の53.65-70からはサポートを描いて反発となったが、上値は窓の上限とな
る54.95-00を前に上昇を阻まれて、更に上値追いは厳しい。また超えても55.
20-30から55.45-50の窓にレジスタンスが控え、55.55-60や55.70-
75の戻り高値を超えるまでは、売りが好まれる。 一方下値はサポートからは、5
4.50-60の窓の維持では強く、割れても54.35-40、54.15-20までは外
部サポートからは買い下がり。注意は54.05-10や53.80-85の節目割れと
なる。 従って戦略としては、まずは54.50-60と54.90-00のブレイクに注目
して、ホールドした方向の逆張りから、ブレイクの場合上値は55.20-30、55.4
5-50と売り上がりで、ストップは55.55-75ゾーン越え。 一方下値は、54.3
5-40、54.15-20と買い下がりで、ストップは54.05-10割れまたは、53.8
0-85の倍返しとなる。(予想時レート: 54.70 予想時間 08:30)

通貨ペア:カナダ円
前日レンジ(76.60-79.40)・(予想レンジ)76.50-78.00
短期戦略;Sell  中長期戦略;Cautious

下値は76.55-60で、76.40-50のネック・ライン的な位置を前にサポートした
が、戻り安値となる76.75-80とのサポートの維持が焦点で、上値は77.40-4
5でCapされており、こういった次の上抜けが注目となる。 超えて77.65-70の
戻り高値越えが上昇期待となるが、 超えても77.70-80の節目、77.90-95
から78.50-55の窓のCapでは上昇は覚束ず、78.65-95の窓を超えるまで
は、売り場探しとなる。一方下値はサポートなる77.95-00、77.85-90が維
持できるかが焦点で、維持できずに、76.75-80や76.55-60を割れるとマイ
ナスとなる。 従って戦略としては、まずは76.85-00ゾーンと77.40-45のブ
レイクに注目して、ホールドした方向感の逆張りから、ブレイクの場合、上値は77.
65-70越えが倍返しで、ターゲットは77.70-95と利食い&売り上がりで、スト
ップはタイトとするか、78.50-55で売り上がって、ストップは78.65-95越えと
なる。 一方下値は76.75-80がストップで、77.55-60は倍返しとするか、7
6.40-50まで買い下がって、ストップは、76.05-20または、75.85-90割
れとなる。 (予想時レート:77.20 予想時間 08:55)

通貨ペア:スイス円
前日レンジ(83.39-85.91)・(予想レンジ)84.35-85.20
短期戦略;Sell  中長期戦略;Sell on Rally

安値の83.35-40からは、サポートを描いて堅調な反発となった。 現状上値は
85.00-05まで一時上ヒゲとなっているが、更に上値では、85.05-20に窓の
上限が控え、上値追いは厳しいが、サポートからは84.45-55が維持されると堅
調から買いが検討される。ただし、維持できずに84.35-40を割れると84.20-
25、83.80-85の戻り安値割れがリスクとなる。 一方上値は、85.05-20を
超える上昇が実現するなら、85.35-40、85.50-55、85.65-70の戻り高
値が視野となるが、未だ85.85-95の戻り高値を超えるまでは、売り場探しとな
る。 従って戦略としては、まずは84.45-55と85.00-05のブレイクに注目さ
れるが、ホールドした方向の逆張りから、ブレイクの場合上値は、85.10-20越え
が倍返しとなるが、超えても85.35-55、85.65-70と利食い&売り上がりで、
ストップは、85.85-95越え。 一方下値は、84.35-40までは買い下がって
も、84.20-25割れがストップで、83.80-85が倍返しとなる。(予想時レート:
84.70 予想時間 07:15)


<主な経済指標>
08:01 (英) 3 月GFK 消費者信頼感調査(前回-35 予想-35)
08:30 (日) 2 月失業率(前回4.1%)
08:30 (日) 2 月有効求人倍率(前回0.67)
08:30 (日) 2 月全世帯家計調査・消費支出 [前年比](前回-5.9%)
11:00 (NZ) 3 月NBNZ 企業信頼感(前回-41.2)
16:55 (独) 3 月失業率(予想7.9% 予想8.0%)
16:55 (独) 3 月失業者数(前回+4.0 万人 予想+5.3 万人)
17:00 (ユーロ圏) オルドネス・スペイン中銀総裁講演
18:00 (ユーロ圏) 3 月消費者物価指数 [前年比](前回+1.2% 予想0.9%)
18:00 (香港) 2 月月次政府財政収支(前回+189 億HKD)
19:00 (日) 外国為替平衡操作の実施状況
21:00 (南ア) 2 月貿易収支(前回-174 億ZAR 予想-86 億ZAR)


★当リポートはは投資判断および取引判断の参考となる情報提供のみを目的として作成したものす。実際の投資および取引に関する最終決定は、投資家・投機家ご自身の判断において行われるようお願い致します。なお、筆者としては万全を期しておりますが、最新・正確な情報を常に反映しているものではないことをご承知おき下さい。当リポートのご利用によるいかなる損害も一切補償いたしかねます。また、これらの提供する情報について、筆者の許可なく転用・販売を禁じます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.fx-kyc.com/mt/mt-tb.cgi/8759

About

2009年03月31日 09:42に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「2009年03月30日  London&NY  FX Strategic Co-op」です。

次の投稿は「2009年03月31日  London&NY  FX Strategic Co-op」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。