« 2009年03月23日 Asian Time  FX Strategic Co-op | メイン | 2009年03月24日 Asian Time  FX Strategic Co-op »

2009年03月23日  London&NY  FX Strategic Co-op

東京市況
23日の東京市場は、早朝は利食いの円買いが強まったが、本邦輸入企業や本邦
機関投資家からの買い、米国金融システム安定化策への期待感からNYダウ先物、
東京株式市場が堅調に推移したことで、円が軟調推移となった。 ドル円は95.39
から96.57まで一時値を上げ、ユーロドルは、独ダイムラー社がUAE政府系ファン
ドから出資を受け入れるとの報道で、ユーロ買いが強まり、ユーロドルは、1.3565
から1.3737まで値を上げ、ポンドドルは、1.4458から1.4617まで値を上げた。
一方クロス円も総じて堅調で、ユーロ円が130.00から131.97、ポンド円は138.
14から140.19、オージー円は、65.88から67.27、NZD円53.43から54.55、
カナダ円は、77.05から78.21、スイス円は84.91から86.92まで上昇した。

注意ポイント
ドルの買い気味となっている。 今晩「ガイトナー米財務長官が本日の日本時間21
時45分に不良債権買取りについて会見」との報道が出ているが、こういった面では、
発表が失望感に繋がるので注意。 

通貨ペア:ドル円
(予想レンジ)95.65-96.50
短期戦略;Sell  中長期戦略;Cautious

早朝の下落での95.40-45を維持して、堅調な反発から、指摘したストップとなる9
6.25-30を超えて、上昇は96.55-60まで一時拡大となった。 ただし、上値は、
96.60-65の戻り高値で、窓の下限の重要な位置を越えておらず、未だ上値追い
不透明だが、超えると97.10-15、97.40-60のそれまでの安値、97.70-90
の窓の上限なども視野となる可能性があり注意。 その場合98.30-35の下落スター
ト位置をバックに売り直しとなる。 一方下値は、現状の戻り安値が95.95-00を維
持しており、この維持では強い形。 割れても95.75-80、95.65-70の維持で
は、サポートが有効で買いが検討されるが、95.40-45を割れると調整となり易く、
その場合95.10-25の戻り安値で窓の上限が次のサポート維持で、買い直しとな
るが、94.80-85の窓の下限や94.45-55の節目割れがリスクで、94.15-20
の下ヒゲを割れると相場が崩れる。 従って戦略としては、まずは95.95-00と96.
35-50の戻り高値のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りから、ブレイク
の上値は96.60-65が倍返しとなるが、ターゲットは、97.10-15を前に利食い
優先。売りはタイト・ストップか97.40-60まで売り上がって、ストップは97.70-90
越えとするか、98.30-35に設定して、売り上がりで対応ならベターとなる。(予想
時レート:96.25 予想時間 15:25)


通貨ペア:ユーロドル
(予想レンジ)1.3545-1.3750
短期戦略;Buy  中長期戦略;Sell on Rally

早朝から1.3580-85からギャップを空けて上昇。 現状上値は1.3690-95レ
ベルまで拡大しており、懸念のレジスタンスを目指す動き。若干レジスタンスを修正
するが、1.3700-10レベルがCapされるかが焦点。超えて1.3725-30、1.37
40-50を超えると、ストップが出易いので注意。 その場合1.37950-05の日足
の戻り高値から、フィボナッチ・リトレースメントが視野となるが、引き続きレジスタンス
絡みからは、1.3825-40のネック・ラインを越えまでは売り場探しとなる。 一方下
値は、1.3645-50の戻り安値から、1.3625-30の戻り安値維持では短期サポー
トからは強気、注意は1.3580-85から1.3610-15の残りギャップの下方ブレイ
クで、こういった下方ブレイクがあるなら、調整の可能性で、特に1.3540-45の戻
り安値を割れると、1.3480-90の上昇スタート位置から1.3455-60の戻り安値
などがターゲットとなるが、一旦買い向かい位置も、1.3415-20の戻り安値から1.
3395-00の節目を割れるなら止めるのが安全。 その場合1.32-33ゾーンのサ
ポート圏を目指す動きとなるが、1.3350-70の窓、1.3330-35の強い戻り安値、
1.3250-55の窓の上限などが一旦の候補となる。 従って戦略としては、まずは1.
3645-50と1.3700-10のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りから、
ブレイクの場合上値は、1.3725-30がストップで、1.3740-50が倍返し。 ター
ゲットは、1.3795-05での利食い&売りで、ストップは1.3825-40越えとなる。
一方下値は、1.3625-30までは買い下がりも、1.3610-15がストップで、1.35
80-85が倍返し。 このターゲットは1.3540-65、1.3515-20での買戻しから、
この位置の買いは維持のケースで、1.3480-90がストップか、または、1.3455
-60まで買い下がるなら、1.3415-20がストップで、1.3395-00が倍返しとな
る。(予想時レート:1.3685 予想時間 15:45)

通貨ペア:ユーロ円
(予想レンジ)130.00-132.00
短期戦略;Buy  中長期戦略;Sell on Rally

堅調から130.45-50の戻り高値を超えて、上昇は更に131.00-05の日足の上
ヒゲも超えて、一時131.90-95まで拡大となった。一旦サイコロジカルな132円が
押さえ、現状は131.80-85の戻り高値などがCapされると揉み合い気味だが、超
えると132.20-25、133.35-40がターゲットとなる。 一方下値は戻り安値が13
1.15-20、131.25-30で維持されており、こういった維持では堅調となるが、維
持できずに130.80-85を割れると調整的となり易く、特に130.50-65の戻り安
値で、それまでの高値割れからは、 130.15-20から130.30-35の窓がターゲッ
トとなるが、こういった位置も割れて、129.70-90のもどり安値割れからは、129.
35-45の節目、128.80-00のサポート圏がターゲットとなる。 一旦こういった位
置での買い向かいとなるが、更なる注意は128.50-60の戻り安値、不透明だが1
28.30-35、128.15-20、127.90-95の下ヒゲ割れとなる。 従って戦略とし
ては、まずは131.25-30と131.80-85のブレイクに注目して、ホールドした方
向の逆張りから、ブレイクの場合、下値は131.15-20がストップで、130.80-85
を倍返しとするが、ターゲットは、130.50-65での買い戻し&買いで、できれば13
0.15-35まで買い下がるならストップは、129.70-90ゾーン割れとなる。一方上
値は、132.00と売り上がって、ストップは132.20-25越えまたは、132.50越え
において、売り上がりで対応となる。 (予想時レート:131.55 予想時間 17:25)


通貨ペア:ポンド円
(予想レンジ)138.00-141.00
短期戦略;Cautious  中長期戦略;Cautious

下値は138.10-20でホールドして、堅調な上昇から、指摘した138.90-95の
戻り高値を超えて、更にアク抜けとなる139.90-140.15も上抜けた。 ただし、
現状は140.35-40で、上値を抑えられており、更に上値追いは厳しく、戻り安値
の139.55-60や139.10-25の維持に注目となる。こういった維持では、強いが
それまでの高値となる138.90-95や138.75-80の節目割れでは、調整が深ま
り、下落は138.50-55、138.10-20の戻り安値が再視野となるが、こういったブ
レイクから137.85-90の節目を割れると、137.45-60の戻り安値、136.95-
137.30の窓などがターゲットとなるので注意。 ただし、サポートからは買いが検討
される位置となる。 この注意は、136.50-60の戻り安値、 136.00-30の窓割
れとなる。 従って戦略としては、まずは139.55-60と140.35-40のブレイクに
注目して、ホールドした方向の逆張りから、ブレイクの場合、上値は、慎重な順張り
から、140.90-95、141.400-45がターゲットとなる。 一方下値は、139.10
-25までは買い下がっても、138.90-95がストップで、138.75-80が倍返しと
なる。(予想時レート :139.85 予想時間 17:35)


通貨ペア:オージー円
(予想レンジ)66.00-67.50
短期戦略;Buy  中長期戦略;Sell on Rally

堅調から65.60-65を維持して、強い上昇から早々と66.25-30の戻り高値を超
えて、上昇は67.25-30まで拡大となった。 ただし、日足の強い67.90-95、6
8.25-30の上ヒゲまでは、現状届かず、更に上値追いは不透明。 下落を見るが、
現状の戻り安値となる66.85-90の維持なら強い形が想定されるが、66.65-70
の節目割れでは、 66.20-45の戻り安値、65.80-66.15の窓などがターゲッ
トとなるが、サポートからは、こういった維持では買いも、65.50-65を割れるなら止
める形。 また割れるケースでは、サポートの修正が行われると見るが、その場合65.
25-30、64.90-95、64.65-70、64.20-25などの戻り安値を睨んだ展開と
なるが、思い切るなら63.90-95の下ヒゲを割れるまでは、買い場探しとなる。 従っ
て戦略としては、まずは66.85-90と67.25-30のブレイクに注目して、 ホール
ドした方向の逆張りから、ブレイクの場合、上値は慎重に順張りを考えるが、ターゲッ
トは、67.50のサイコロジカル、67.90-68.30を超えないなら利食い優先。 一
方下値は、66.65-70で一旦止めるか、66.20-45、65.80-66.15まで買い
下がって、ストップは65.50-65割れとなる。(予想時レート:67.20 予想時間:
15:55)


通貨ペア:NZD円
(予想レンジ)53.00-55.00
短期戦略;Cautious  中長期戦略;Cautious

53.85-90の高値から反落が、53.35-40でホールドして、この高値を超えて、
上昇は54.50-55まで拡大となった。一旦日足ベースの54.85-90の戻り高値
を前に、上げ渋りとなっており、現状の戻り安値の54.15-20との次のブレイクを見
る形。 ブレイクの場合下値は、53.65-75-85がサポートで、買いが検討される
が、一旦53.35-40を割れるなら止める形から、再度52.80-53.00ゾーン、52.
50-55と買い下がって、ストップは52.20-25割れとなる。 上値は、慎重な順張
りから54.85-00、サイコロジカルな55円では利食い優先となる。 (予想時レート:
54.40 予想時間:17:45)


通貨ペア:カナダ円
(予想レンジ)77.00-79.00
短期戦略;Cautious  中長期戦略;Cautious

堅調から指摘した77.90-95や78.00-05の戻り高値を超えて、一時上昇は78.
20-25まで拡大となった。現状この位置がトピッシュで更に上値追いは不透明だが、
超えると78.65-70、79.35-45の日足の戻り高値がターゲットとなうが、一旦強
い80.35-40を超えるまでは、利食い優先となる。 一方下値は、77.70-80の
戻り安値維持では強くも、割れると77.35-50の戻り安値、77.20-25の節目な
どがターゲットとなるが、サポートからは、76.95-77.10の下ヒゲ圏割れがリスクで、
その場合76.75-80、76.45-50のサポートの最終などもターゲットとなる。 戦
略としては、まずは77.70-80と78.20-25のブレイクに注目して、ホールドした
方向の逆張りから、ブレイクの場合上値は、上値は慎重な順張りからターゲットは、7
8.65-70、サイコロジカルな79円での利食い優先から、売りは79.35-45がストッ
プとなる。 一方下値は、77.35-40、77.20-25まで買い下がりも、一旦76.9
5-77.10をストップとして、再度76.75-80、76.45-50と買いなおしから、ストッ
プは、76.05-20の戻り安値割れまたは、75.85-90割れとなる。(予想時レート:
77.80 予想時間 16:30)

通貨ペア:スイス円
(予想レンジ)85.25-86.30
短期戦略;Sell  中長期戦略;Sell on Rally

堅調な上昇から、85.50-55の高値を超えて、85.90-95まで上値拡大となった。
 現状は、サイコロジカルな86円がCapされており、更に上値追いは厳しいが、超え
て、86.25-30の日足の戻り高値を超えると、重要な87.05-10の上ヒゲがター
ゲットとなるが、一旦この上抜けが実現するまでは、利食いが安全そう。 一方下値
は、85.45-50の戻り安値維持では、強い形も割れると85.20-25、85.05-1
0の戻り安値などがターゲットとなるが、こういった位置の買いは84.75-80の戻り
安値割れがリスクで、 その場合84.55-70の窓、84.45-50、84.15-25の
戻り安値がターゲットとなるが、一旦不透明な上昇波動の下限となる83.85-84.0
0ゾーンを割れるなら買いは止める形となる。 従って戦略としては、まずは85.45
-50と85.90-00のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りから、ブレイク
の場合、上値は86.25-30が倍返しで、ターゲットは、87.05-10となる。 一方
下値は、85.05-25と買い下がって、ストップは84.75-80割れを一旦とするか、
思い切るなら84.55-70、84.45-50、84.15-35と買い下がりで、ストップは8
3.85-00ゾーン割れとなる。 (予想時レート:85.80 予想時間 16:15)


★当リポートはは投資判断および取引判断の参考となる情報提供のみを目的として作成したものです。実際の投資および取引に関する最終決定は、投資家・投機家ご自身の判断において行われるようお願い致します。なお、筆者としては万全を期しておりますが、最新・正確な情報を常に反映しているものではないことをご承知おき下さい。当リポートのご利用によるいかなる損害も一切補償いたしかねます。また、これらの提供する情報について、筆者の許可なく転用・販売を禁じます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.fx-kyc.com/mt/mt-tb.cgi/8680

About

2009年03月23日 18:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「2009年03月23日 Asian Time  FX Strategic Co-op」です。

次の投稿は「2009年03月24日 Asian Time  FX Strategic Co-op」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。